(最終更新日:2017-07-11 15:24:17)
  ヤマグチ ナオヒト   
  山口 直人
   所属   医学部 医学科  衛生学公衆衛生学(二)
   職種   教授・講座主任
■ 著書
1. 部分執筆  「感染症診療ガイドライン総まとめ Mindsとは何」 2010
2. 部分執筆  「診療情報学 診療ガイドラインと診療情報」 2010
■ 学術雑誌
1. 原著  Long-term recall accuracy for mobile phone calls in young Japanese people: A follow-up validation study using software-modified phones. 2016/12
2. 総説  【脳腫瘍学-基礎研究と臨床研究の進歩-】 脳腫瘍の疫学と危険因子 脳腫瘍の危険因子 携帯電話利用と脳腫瘍の疫学 2016/09
3. 原著  Time trend in incidence of malignant neoplasms of the central nervous system in relation to mobile phone use among young people in Japan. 2016/07
4. 原著  Social Capital and Self-rated Health among Japanese-Peruvians 2015/12
5. 原著  Recall accuracy of mobile phone calls among Japanese young people 2015/03
6. 原著  診断精度研究のバイアスリスク評価ツールQUADAS-2:a Revised Tool for the Quality Assessment of Diagnostic Accuracy Studies 2 の活用 2014/11
7. 原著  Changes in COPD mortality rate after amendments to the Preventive Vaccination Law in Japan 2013/02
8. 原著  Validity of self-reported Date on the Dominant Ear Used in the Epidemiology of Mobile Phone Use and Brain Tumors 2012/07
9. 原著  Multicenter randomized clinical trial of retinal photocoagulation for preproliferative diabetic retinopathy 2012
10. 原著  日本の科学的根拠に基づく診療ガイドライン作成の現況 2012
全件表示(23件)
■ 学会発表
1. Quantifying Nonparticipation Selection Bias in the MOBI-Kids Study  2017/09
2. The Issue of Using Clinical Practice Guidelines as Evidence in Medical Malpractice Lawsuits in Japan.  2016/10
3. 科学的根拠に基づく復職ガイダンス作成の試み  2016/05
4. がん患者の休務・復職の実態調査と短時間勤務制度の有効性 がん患者1278名の休務・復職データから見えてきたもの  2015/05
5. ヒトパピローマウィルス(HPV)ワクチンの接種率向上を目指した全国実績調査と接種率に関する因子の検討 (ポスター,一般) 2015/04/11
6. Trend analysis of primary brain tumors and electromagnetic fields among young people in Japan (口頭発表,一般) 2015/01/23
7. HER2 type乳癌の臨床病理学的特徴とバイオマーカー発現との対比  2014/07
8. DCISにおける分子発現プロファイルの検討  2013/06
9. ヒトパピローマウィルス(HPV) ワクチン接種率に関連する因子:新潟県27市町村の分析より (ポスター,一般) 2013/05/12
10. 携帯電話の通話に使用した耳側を尋ねる質問紙調査の妥当性 (ポスター,一般) 2013/01
全件表示(24件)