(最終更新日:2017-07-05 11:15:51)
  ヒラマツ タケシ   HIRAMATSU Takeshi
  平松 健司
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  心臓血管外科
   職種   講師
■ 著書
1. 部分執筆  先天性心疾患の病態・術式・管理のポイント
1)心房中隔欠損閉鎖術
2)心室中隔欠損閉鎖術
3)房室中隔欠損症(心内膜床欠損症)の手術
4)動脈管開存症の手術「病態と術式がわかる 疾患別ナースのための心臓大血管手術 周術期管理のポイント」 2012/04
■ 学術雑誌
1. 原著  Long-term follow-up of Fontan completion in adults and adolescents. 2017/06
2. 原著  Long-Term Outcome of Arterial Switch Operation Conversion After Failed Senning/Mustard Procedure. 2016/11
3. 原著  Surgical repair of a truncus arteriosus with unilateral absence of the right proximal pulmonary artery. 2016/11
4. 原著  Arterial Switch Operation With and Without Coronary Relocation for Intramural Coronary Arteries. 2016/10
5. 原著  Fontan circulation over 30 years. What should we learn from those patients? 2016/08 Link
6. 原著  Long-Term Follow-Up of the Conal Flap Method for Tricuspid Malinsertion in Transposition of the Great Arteries With Ventricular Septal Defect and Pulmonary Stenosis. 2016/07
7. 原著  15歳以下の孤立性僧帽弁疾患における僧帽弁手術の遠隔期成績 2016/04
8. 総説  女性外科医における「短時間勤務制度」の有用性と問題点 2015/05
9. 総説  【成人の先天性心疾患の現状を識る-診療体制から治療まで-】 治す 成人先天性心疾患の再手術の問題点と術前、周術期に循環器内科医のやっておくべきこと 2013/09
10. 原著  Long-term prognosis of double-switch operation for congenitally corrected transposition of the great arteries 2012/05
全件表示(36件)
■ 学会発表
1. 姑息手術を要するEbstein奇形の外科治療戦略 (口頭発表,一般) 2016/07/08
2. 成人先天性心疾患に対する外科治療の現状と課題 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2016/04/15
3. LONG-TERM OUTCOME OF CABG FOR KAWASAKI DISEASE PATIENTS WITH CORONARY ARTERY LESIONS (口頭発表,一般) 2016/04/08
4. LONG-TERM RESULTS OF ONE AND A HALF VENTRICLE REPAIR FOR PATIENTS WITH HYPOPLASTIC RV (口頭発表,一般) 2016/04/08
5. 先天性右房憩室に対する外科治療経験 (口頭発表,一般) 2016/03/12
6. Jetene術後の長期遠隔成績 (口頭発表,一般) 2016/02/16
7. Long-Term Outcome of Arterial Switch Operation Conversion After Failed Senning/Mustard Procedure (口頭発表,一般) 2016/01/25
8. Jatene術後、Freestyle 弁による AVR 術後の生体弁機能不全に対する再手術の1例 (口頭発表,一般) 2016/01/17
9. ACHD 術後遠隔期における大動脈弁手術 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2016/01/16
10. 修正大血管転位症に対する三尖弁置換術の中期遠隔期の成績 (口頭発表,一般) 2016/01/16
全件表示(129件)
■ 学歴
1. 1991/05/17
(学位取得)
東京女子医科大学 博士(医学)
2. 千葉大学 医学部 学士(医学)