photo
    (最終更新日:2017-10-17 18:11:39)
  タイラ タカオミ   TAIRA Takaomi
  平 孝臣
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  脳神経外科
   職種   准教授
■ 著書
1. 部分執筆  10 聴力障害・難聴」「総合医学英語テキスト, ステップ1」 2016/07
2. 部分執筆  「ポケット版神経内科検査・処置マニュアル」 2016/04
3. 部分執筆  ジストニアの診断と治療「複合性局所疼痛症候群(CRPS)をもっと知ろう―病態・診断・治療から後遺障害診断まで」 2015/10
4. 部分執筆  腕神経叢引抜損傷の脳神経外科治療:適応と有効性「臨床に役立つ神経障害性痛の理解」 2015/05
5. 部分執筆  脊髄刺激療法「脊椎脊髄ジャーナルvol 1.27 no.4」 2014/04
6. 部分執筆  cバクロフェン髄注療法「ジストニアのすべて」 2013/05
7. 部分執筆  バクロフェン髄注治療「神経疾患最新の治療 2012-2014」 2012/03
8. 部分執筆  バクロフェン髄注治療「AnnualReview 神経 2012」 2012/01
9. 部分執筆  ジストニアの外科的治療「ジストニア2012」 2012
10. 部分執筆  バクロフェン髄腔内微量持続投与法「ジストニア2012」 2012
全件表示(81件)
■ 学術雑誌
1. その他  ジストニア,痙性斜頸 淡蒼球手術を中心に(会議録) 2203/04
2. 原著  Bilateral Stereotactic Thalamotomy for Bilateral Musician's Hand Dystonia 2016/08
3. 原著  Pallidotomy for Writer's Cramp after Failed Thalamotomy 2016/08
4. 原著  術後髄液漏れを防ぐための筋膜・皮下組織縫合の工夫 フィブリン糊製剤を使用しないで 2016/07
5. 症例報告  遅発性ジストニアに対する淡蒼球凝固術の有効性 2016/07
6. 原著  Bilateral Pallidotomy for Cervical Dystonia After Failed Selective Peripheral Denervation 2016/05
7. 原著  Cost--Effectiveness Analysis of Deep Brain Stimulation in Patients with Parkinson's Disease in Japan 2016/05
8. 原著  脊髄円錐部の後根侵入部におけるS1神経根とS2神経根の解剖学的同定 2016/05
9. その他  【神経生理学最前線】OCDにおける脳深部刺激(DBS)の効果 2016/03
10. その他  ジストニアの脳神経外科治療を進めえる場合 内服・ボツリヌス治療で効果が低い例に外科治療を勧める(Q&A) 2016/02
全件表示(690件)
■ 学会発表
1. ジストニア、てんかん、本態性振戦に対する集束超音波治療 (口頭発表,一般) 2017/10/14
2. 振戦に対するガンマナイフ視床凝固術 (口頭発表,一般) 2017/10/13
3. MRガイド下集束超音波治療後における視床VIM核のFA値の変化 1年後のFollow up (口頭発表,一般) 2017/07/04
4. Gamma Knife thalamotomy based on the strategy of stereotactic thermocoagulation. (ポスター,一般) 2017/05/28
5. 経頭蓋集束超音波 現在と未来 (口頭発表,一般) 2017/05/26
6. MRガイド下集束超音波治療後における視床VIM核のFA値の変化 1年後のFollow up (口頭発表,一般) 2017/04
7. 不随意運動に対する集束超音波 現在と未来 (口頭発表,一般) 2017/01/28
8. 脳深部刺激療法用ステレオフレーム併用型高精度穿頭位置ガイドデバイスの試作開発Prototype fabrication of stereo frame compatible cross laser guiding device for deep brain stimulation (口頭発表,一般) 2017/01/27
9. Magnetic Resonance (MR)Fusion Imaging for Targeting in Transcranial MR-Guided Focused Ultrasound (TcMRgFUS) Thalamotomy in Patients with Essential Tremor (口頭発表,一般) 2016/11/29
10. 集束超音波の有用例と非有用例、その工夫 (口頭発表,一般) 2016/09/29
全件表示(390件)
■ 資格・免許
1. 1982 医籍登録
2. 1988 英国医師免許
3. 1992 厚生省 外国医師臨床修練指導医
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2011/04~2013/03  ジストニアにおける大脳皮質基底核領域の包括的病態解明と脳深部刺激治療戦略 基盤C一般 
■ 現在の専門分野
脳神経外科学 
■ 所属学会
1. 国際定位機能神経外科学会
2. 2005~2009 ∟ 幹事
3. 2009~2013 ∟ 会長
4. 日本定位・機能神経外科学会
5. 2011/01~2012/01 ∟ 会長
6. 日本脳科学会
7. 2008~ ∟ 評議員
8. 日本脳神経外科コングレス
9. 2003/05~2005/05 ∟ 運営委員
10. 2007/05~2009/05 ∟ 運営委員
全件表示(12件)
■ 職歴
1. 2012/02~ 東京女子医科大学 脳神経外科 臨床教授
■ 科研費研究者番号
30167481