(最終更新日:2017-10-02 17:37:53)
  スギハラ シゲタカ   SUGIHARA Shigetaka
  杉原 茂孝
   所属   医学部 医学科(東医療センター)  東医療センター 小児科
   職種   教授
■ 著書
1. 部分執筆  成長ホルモン分泌不全性低身長症、小児糖尿病、小児肥満症「家庭の医学」 2016/08
2. 部分執筆  第10章 糖代謝異常症 A. 膵臓の発生・分化・生理学
第11章肥満、メタボリックシンドロームと脂質異常症 A. 肥満の生理学「小児内分泌学」 2016/08
3. 部分執筆  母乳育児がよいと聞いたのですがそのメリットは?「妊婦の糖代謝異常「診療・管理マニュアル」」 2015/12
4. 翻訳  26部内分泌系,4節,571章Cushing症候群,572章原発性アルドステロン症,573章副腎皮質腫瘍,574章褐色細胞腫,575章副腎腫瘤,576章性腺の発達と機能,575章精巣の機能低下,578章精巣腫瘍起因するゴナドトロピン非依存性思春期早発症,579章女性化乳房,580章卵巣の形成不全「ネルソン小児科学原著第19版」 2015/04
5. 編集・監修  9部 救急疾患、26部 内分泌系「ネルソン小児科学原著第19版」 2015/04
6. 部分執筆  Part2 さまざまな症状や検査異常への対応と診断、治療
19 高血糖「ビギナーのための小児内分泌診療ガイド」 2014/03
7. 部分執筆  インスリンと糖代謝「ビギナーのための小児内分泌診療ガイド」 2014
8. 部分執筆  小児1型糖尿病「糖尿病研修ノート改訂第2版」 2014
9. 部分執筆  8-B 内分泌疾患「臨床病態学 小児編」 2013/01
10. 部分執筆  Ⅱ-2 糖尿病 耐糖能異常「小児生活習慣病ハンドブック」 2012/08
全件表示(21件)
■ 学術雑誌
1. 原著  Auxological and Biochemical Continuum of Short Children Born Small for Gestational Age(SGA) during Growth Hormone(GH) treatment 2017/05
2. 総説  Ⅲ.専門領域とステロイド 内分泌疾患 2017/04
3. その他  Incidence and Prevalence of Childhood-onset Type 1 Diabetes in Japan 2016/12
4. その他  FUT2 non-secretor status is associated with Type 1 diabetes susceptibility in Japanese children 2016/11
5. その他  the Human Homolog of an Autoimmune Diabetic Gene in Nonobese Diabetic Mice, is Mutated in Familial and Sporadic Cases of Type 1 Diabetes 2016/10
6. その他  on beharf of The Japanese Study Group of Insulin Therapy for Childhood and Adolescent Diabetes. lmprovement in glycemic control through changes in insulin regimens: findings from a Japanese cohort of children and adolescents with type l diabetes. 2016/07
7. その他  Variants associated with autoimmune Type 1 diabetes in Japanese children: Implications for age-specific effects of cis-regulatory haplotypes at 17q12-q21. 2016/06
8. その他  小児慢性特定疾患治療研究事業に登録された糖尿病症例の疫学的解析 2016/03
9. その他  小児慢性特定疾患治療研究事業に登録された糖尿病症例の疫学的解析
厚生労働科学研究費補助金 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策政策研究事業 1型糖尿病の疫学と生活実態に関する調査研究 2016/03
10. その他  小児慢性特定疾患治療研究事業に登録された糖尿病症例の疫学的解析
厚生労働科学研究費補助金 循環器疾患・糖尿病等生活習慣病対策政策研究事業 1型糖尿病の疫学と生活実態に関する調査研究 2016/03
全件表示(71件)
■ 学会発表
1. Impact of change in leptin/adiponectin and MAD-LDL in childhood obesity associated with eosinophilic inflammation of the airway and whole body (ポスター,一般) 2016/11/18
2. Lower adiponection,higher ALT level,lower AST/ALT ratio,and higher VAT value may suggest a risk for the onset of type2 diabetes in obese children (ポスター,一般) 2016/11/18
3. 小児における肥満と好酸球性炎症の関係 (ポスター,一般) 2016/10/08
4. 小児肥満における2型糖尿病への進展因子の解析 (ポスター,一般) 2016/10/08
5. 小児の肥満と気管支喘息リスク因子の関連について (口頭発表,一般) 2016/10/07
6. 小児肥満、2型糖尿病患者の脂肪蓄積特性の相違と2型糖尿病への進展因子の解析 (ポスター,一般) 2016/10/07
7. 心移植5年後に移植後リンパ増殖性疾患を発症した14歳男子の心理的問題について (口頭発表,一般) 2016/08/27
8. Relation between obesity and eosinophil inflammation of airway in children (口頭発表,一般) 2016/05/13
9. アデノウイルス咽頭扁桃炎の迅速検査による後方視的検討 (ポスター) 2016/04/15
10. Incidence and Prevalence of Childhood-onset Type 1 Diabetes in Japan (口頭発表,一般) 2015/12/05
全件表示(104件)
■ 学歴
1. 千葉大学 医学部 医学博士学位 [大阪大学]