(最終更新日:2017-09-13 16:43:43)
  ヤマナカ ヒサシ   
  山中 寿
   所属   医学部 医学科(附属膠原病リウマチ痛風センター)  膠原病リウマチ痛風センター
   職種   教授
■ 著書
1. 部分執筆  結晶誘発性関節炎(痛風と儀痛風)「内科学」 2017/06
2. 部分執筆  関節リウマチ「痛い!首腰ひざのいい病院2017」 2016/10
3. 部分執筆  偽痛風「今日の整形外科 治療指針」 2016/05
4. 部分執筆  高尿酸血症「今日の整形外科 治療指針」 2016/05
5. 部分執筆  痛風「今日の整形外科 治療指針」 2016/05
6. 部分執筆  関節リウマチ診療ガイドラインJCR2014「Current Therapy」 2015/08
7. 部分執筆  エタネルセプト治療中の関節リウマチ患者に生じた薬剤性ループスの一例「関東リウマチ 興味ある症例とその問題点 第48集」 2015/05
8. 部分執筆  高尿酸血症・痛風治療薬「Poket Drugs」 2015/01
9. 部分執筆  関節リウマチ診療ガイドライン2014の我が国における意義とその重要性「Rheumatology Clinical Research」 2015
10. 全体執筆  「関節リウマチのことがよくわかる本」 2015
全件表示(42件)
■ 学術雑誌
1. 総説  乳酸菌が尿酸値を下げる?ヨーグルトを用いた血清尿酸値低下への試み 2017/06
2. 原著  The minimally important difference for the Japanese version of the health assessment questionnaire in patients with rheumatoid arthritis in daily practice. 2017/05
3. 原著  Characteristics and risk factors of lymphoproliferative disorders among patients with rheumatoid arthritis concurrently treated with methotrexate: a nested case-control study of the IORRA cohort. 2017/04
4. 原著  Design characteristics of the Corrona Japan rheumatoid arthritis registry. 2017/04
5. 原著  将来の医療におけるバイオシミラーの意義 2017/04
6. 原著  Effectiveness and safety of tocilizumab in achieving clinical and functional remission, and sustaining efficacy in biologics-naive patients with rheumatoid arthritis: The FIRST Bio study. 2017/03
7. 原著  Low disease activity for up 3 years after adalimumab discontinuation in patients with early rheumatoid arthritis 2year results of the HOPEFUL 3 study. 2017/03
8. 原著  Clinical benefit of 1-year certolizumab pegol (CZP) add-on therapy to methotrexate treatment in patients with early rheumatoid arthritis was observed following CZP discontinuation: 2-year results of the C-OPERA study, a phase III randomised trial. 2017/02
9. 原著  Continual Maintenance of Remission Defined by the ACR/EULAR Criteria in Daily Practice Leads to Better Functional Outcomes in Patients with Rheumatoid Arthritis. 2017/02
10. 原著  Survey of attitudes of non-pediatric rheumatologists among councilors of the Japan College of Rheumatology regarding transitional care. 2017/02
全件表示(382件)
■ 学会発表
1. 痛風患者の足趾超音波検査における尿酸ナトリウム塩結晶沈着についての検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2017/04/22
2. IORRAコホートを用いた発症早期関節リウマチ患者におけるHAQ寛解達成の年代別推移の検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2017/04/21
3. 関節リウマチ患者の生命予後は改善したか (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2017/04/21
4. 全身性強皮症患者(SSc)におけるSirtuin (SIRT)1遺伝子 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2017/04/21
5. 当院における強皮症合併肺動脈性肺高血圧症(SSc-PAH)の臨床像 (ポスター,一般) 2017/04/21
6. 日本人全身性強皮症患者での爪上皮毛細血管異常の検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2017/04/21
7. A3アデノシン受容体アゴニストはヒト破骨細胞形成を抑制する (ポスター,一般) 2017/04
8. Design characteristics of the CORRONA Japan-Rheumatoid Aethritis Registry (ポスター) 2017/04
9. Insulin-like growth factor-brinding protein2(IGFBP2)と全身性エリテマトーデス(SLE)との関連についての検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2017/04
10. IORRAコホートを用いた生活保護受給者の関節リウマチ治療の現状に関する検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2017/04
全件表示(498件)
■ 学歴
1. 1974/04~1980/03 三重大学 医学部
2. 東京女子医科大学 医学博士