(最終更新日:2017-11-22 16:45:06)
  ミネシマ ミチオ   MICHIO MINESHIMA
  峰島 三千男
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  臨床工学科
   職種   教授
■ 著書
1. 部分執筆  血液透析の原理と血液透析膜の種類・特徴「臨床工学技士のための透析医療」 2017/07
2. 部分執筆  血液透析濾過、原理と溶質除去特性「臨床工学技士のための透析医療」 2017/07
3. 部分執筆  ダイアライザの構造「透析ケア2017年夏季増刊 病態生理から合併症までまるっとわかる! 腎臓・透析療法・透析患者の体 イラスト図鑑」 2017/06
4. 部分執筆  Clinical effectiveness of Intermittent Infusion Hemodiafiltration using backfiltration of ultrapure dialysis fluid compared with Predilution On-line Hemodiafiltration, Scientific Aspects of Dialysis Therapy, JSDT/JSFA Anniversary Edition, Contributions to Nephrology Vol.189 2017
5. 部分執筆  Optimal design of the dialyzers, Scientific Aspects of Dialysis Therapy, JSDT/JSFA Anniversary Edition, Contributions to Nephrology Vol.189 2017
6. 部分執筆  血液浄化装置「臨床工学技士標準テキス」 2016/12
7. 編集・監修  「臨床工学技士標準テキスト」 2016/12
8. 部分執筆  透析療法におけるモニタリング技術の進歩「透析運動療法 健康長寿を実現するために」 2016/11
9. 部分執筆  VAの血流量-その測定法の種別と実測値「臨床透析 高齢腎不全患者のバスキュラーアクセスを科学する」 2016/06
10. 部分執筆  血液浄化器の性能「腎と透析診療指針2016」 2016/06
全件表示(75件)
■ 学術雑誌
1. 原著  37mmクオリティモニタを用いた膜濾過法におけるM-TGE液体培地とR2液体培地による透析関連液の生菌数測定の比較検討 2017/09
2. 原著  電解質分析装置を用いた透析液濃度確認法の検討 2017/09
3. 総説  透析間の血中濃度変化から算出する指標, 尿素産生速度(G)、蛋白異化率(PCR)、G/V 2017/07
4. 総説  特集 透析医療における情報技術の進歩・展開, Editoreal 2017/07
5. 総説  アフェレシス学会としての医療安全と教育への取り組み 2017/06
6. 総説  アフェレシス療法および急性血液浄化療法での誤穿刺事故防止に対する血液・血漿回路のニードルレスアクセスポートの採用についての提案 2017/06
7. 総説  委員会報告 血液透析装置に関する通信共通プロトコルVer. 4.0 2017/06
8. 総説  委員会報告 特別な機能をもつ血液透析器の特徴と評価法 2017/06
9. 総説  新たな技術(モニタリング),連続溶質除去量モニタで明らかになること 2017/06
10. 総説  ヘモダイアフィルタの特性 2017/05
全件表示(175件)
■ 学会発表
1. 当院の外来患者におけるVascular Access自己管理の意識調査とその解析結果について (口頭発表,一般) 2017/10/22
2. 高透析流量条件におけるPlasma Dia-Filtration (PDF)の溶質除去特性
~エバキュア2Aを用いた検討~ (口頭発表,一般) 2017/10/20
3. 透析患者のPAD管理と治療評価
~ABI、SPPを用いた早期発見への取り組みとアフェレシス治療の評価~ (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)) 2017/09/30
4. VA カテーテル使用時の VA 再循環発生に関する検討 (口頭発表,一般) 2017/09/23
5. アフェレシス治療における VA 再循環の発生頻度調査 (口頭発表,一般) 2017/09/23
6. 血液浄化療法でサイトカインは除去できるか?~各種modarityにおけるクリアランス/除去率の比較~ (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)) 2017/09/23
7. 腫瘍崩壊症候群により持続的血液透析を要した新生児急性リンパ性白血病の 1 例 (口頭発表,一般) 2017/09/23
8. 形態評価:術前マッピングの重要性 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)) 2017/09/17
9. HDF療法の今後の方向性 -on-line HDF、I-HDFを中心に- (口頭発表) 2017/07/09
10. アフェレシスの基礎原理(膜分離・吸着) (口頭発表,基調) 2017/06/30
全件表示(488件)
■ 主要学科目
医用機器と人工臓器
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2012/04~2016/03  在宅睡眠時ナビゲーション透析システムの開発 基盤研究(C) 
2. 2015/04~  タンパク分画用低ファウリング膜の開発と応用 基盤研究(B) 
3. 1985/04~1986/03  急性腎不全患者に対する長時間血液濾過システムの開発 奨励研究(A) 
4. 1988/04~1989/03  血液透析器における血漿蛋白成分のファウリング特性 奨励研究(A) 
5. 1990/04~1991/03  次世代型人工腎システムの開発 その他の補助金・助成金 
6. 1991/04~1992/03  装着型人工腎のイオン透過性 奨励研究(A) 
7. 1994/04~1996/03  Push/Pull血液透析濾過器における輸送現象の解明 一般研究(C) 
8. 1995/04~1998/03  高効率型在宅腹膜透析システムの開発 基盤研究(A) 
9. 1996/04~1997/03  透析液再生型腹膜透析システムの開発 その他の補助金・助成金 
10. 1998/04~1999/03  在宅腎不全治療としての透析液再生型腹膜透析システムの開発 その他の補助金・助成金 
全件表示(17件)
■ 委員会・協会等
1. 1989/01/01~1990/07/31 厚生労働省監修「ME機器保守管理マニュアル」編集委員会 委員
2. 1989/04/01~ 日本規格協会(JIS)生体工学標準化委員会
3. 1991/09/01~1992/03/31 科学技術庁「我が国における技術発展の方向に関する調査」プロジェクト研究委員会 委員
4. 1992/04/01~1992/09/30 日中血液浄化技術交流会1992 組織委員会 委員
5. 1997/06/01~ 「臨牀透析」編集委員会 委員
6. 1997/11/01~ 医療用具修理業責任技術者専門講習委員会 委員
7. 1999/10/01~ 臨床ME専門認定士合同認定委員会 委員
8. 2001/04/01~ 学研秀潤社クリニカルエンジニアリング 編集主幹
9. 2002/10/01~ Therapeutic Apheresis and Dialysis Editoreal Board Member
10. 2003/04/01~ 日本工業規格(JIS)原案作成委員会 委員
全件表示(19件)
■ 現在の専門分野
医用生体工学・生体材料学, 生物機能・バイオプロセス (キーワード:人工臓器、血液浄化、臨床工学) 
■ 受賞学術賞
1. 1986/05 Fellowship Award
2. 1986/09 Young Investigator's Award
3. 1989/10 Invited Lecture
4. 1995/11 ISAO-AKZO NOBEL RESEARCH AWARD
5. 1996/10 JSAO-GRANT-MERA
6. 1999/10 論文賞
7. 2003/06 著述特別賞
8. 2003/10 井上学術奨励賞
■ 取得特許
1. Peritoneal Dialyzer and Method of Peritoneal Dialysis(US7,722,561 B2)
■ 所属学会
1. 1983/04~ 日本医療機器学会
2. 1996/01~2015/12 ∟ 評議員
3. 1983/04~ 日本透析医学会
4. 2012/06~ ∟ 理事
5. 1989/01~ 日本医工学治療学会
6. 2002/04~ ∟ 理事
7. 1978/04~ 日本人工臓器学会
8. 1985/05~ ∟ 評議員
9. 1983/04 日本生体医工学会
10. 2007/04~ ∟ 代議員
全件表示(14件)
■ 学歴
1. 1977/04~1983/03 早稲田大学 工学研究科 工学博士
2. 1996/10/01
(学位取得)
東京女子医科大学 医学博士
■ 職歴
1. 1983/04~1999/10 東京女子医科大学 腎臓病総合医療センター 助手・講師
2. 1999/11~2004/06 東京女子医科大学 腎臓病総合医療センター 助教授
3. 2004/07~ 東京女子医科大学 臨床工学科 教授
■ 科研費研究者番号
50166097