(最終更新日:2017-12-04 16:04:52)
  ツチヤ ケン   TSUCHIYA Ken
  土谷 健
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  血液浄化療法科
   職種   教授
■ 著書
1. 部分執筆  【創造する透析医療-新たなmodalityへの期待と課題】 Intermittent Infusion Hemodiafiltration(I-HDF;間歇補充型血液濾過透析)による透析合併症軽減への期待「臨床透析」 2017/06
2. その他  各論 I.腎機能障害時の薬物投与法「薬剤性腎障害(DKI)診療Q&A-DKI診療ガイドラインを実践するためにー」 2017/02
3. 部分執筆  腎予後から考えるメタボリックシンドローム(MetS)診断基準「日本内科学会雑誌」 2017/02
4. 部分執筆  第2章副甲状腺機能亢進症 3.副甲状腺機能亢進症の臨床 3)骨所見:SHPTの骨組織の特徴とPTx後の変化「副甲状腺機能亢進症の外科」 2016/10
5. 部分執筆  3症状と合併症「これだけは知っておきたい 多発性嚢胞腎(PKD)~事例でみる治療のポイント~」 2015/10
6. 部分執筆  ⅢADPKD:治療 7透析療法「多発性嚢胞腎~進化する治療最前線~」 2015/08
7. 部分執筆  ⅢADPKD:治療 8腎移植「多発性嚢胞腎~進化する治療最前線~」 2015/08
8. 部分執筆  Ⅱ高齢血液透析患者のEBMとADLによる管理目標と注意点 4脂質「高齢血液透析患者の治療とケアのガイドブック」 2015/06
9. その他  エビデンスに基づく多発性嚢胞腎(PDK)診療ガイドライン「日本腎臓学会雑誌56:1105-1288」 2014/11
10. 部分執筆  腎移植 移植後の血圧管理「臨床に直結する腎疾患治療のエビデンス」 2012/10
全件表示(13件)
■ 学術雑誌
1. 原著  Managemento of Osteoporosis in Chronic Kidney Disease 2017/10
2. 原著  37mmクオリティモニタを用いた膜濾過法におけるM-TGE液体培地とR2液体培地による透析関連液の生菌数測定の比較検討 2017/09
3. 原著  Frailty and mortality among dialysis patients 2017/09
4. 原著  電解質分析装置を用いた透析液濃度確認法の検討 2017/09
5. 原著  Comparison of oral steroids with tonsillectomy plus steroid pulse therapy in patients with IgA nephropathy. 2017/08
6. 原著  血液透析患者における新たな血管石灰化因子に関する研究 2017/08
7. 総説  【腎泌尿器疾患の画像診断の進歩】バスキュラーアクセスに対するエコー 2017/07
8. 総説  バスキュラーアクセスに対するエコー 2017/07
9. 総説  フェブキソスタットが血液透析患者の血管内皮機能に与える影響 2017/07
10. 原著  Efficacy of Substance Removal by Immunoadsorption With a Selective Plasma Separator. 2017/06
全件表示(198件)
■ 学会発表
1. ステロイド療法とシクロスポリンで寛解が得られたIgA-PGNMIDの一例 (口頭発表,一般) 2018/10/28
2. Serum Sclerostin Level Is an Independent Predictor of Short-Term Mortality in Maintenance Hemodialysis Patients (ポスター,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2017/11/04
3. 透析患者にXp11.2転座型腎細胞癌を発症した一例 (口頭発表,一般) 2017/10/29
4. 二重濾過血漿分離交換(DFPP)の血漿処理量を工夫した高度肥満の一例 (ポスター,一般) 2017/10/29
5. 尿中アクアポリンからトルバプタンの治療反応性を考える (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2017/10/28
6. 片側優位に著しく腫大した常染色体優性多発性嚢胞腎(ADPKD)に対して片腎摘出術を行った一例O (口頭発表,一般) 2017/10/28
7. 当院の外来患者におけるVascular Access自己管理の意識調査とその解析結果について (口頭発表,一般) 2017/10/22
8. 高透析流量条件におけるPlasma Dia-Filtration (PDF)の溶質除去特性
~エバキュア2Aを用いた検討~ (口頭発表,一般) 2017/10/20
9. 透析患者のPAD管理と治療評価
~ABI、SPPを用いた早期発見への取り組みとアフェレシス治療の評価~ (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)) 2017/09/30
10. VA カテーテル使用時の VA 再循環発生に関する検討 (口頭発表,一般) 2017/09/23
全件表示(396件)
■ 学歴
1. 1975/04~1982/03 新潟大学 医学部
2. 1982/04~1989/07 東京女子医科大学 医学部 医学博士