(最終更新日:2017-10-02 13:56:22)
  カトウ タツコ   Kato Tatsuko
  加藤 多津子
   所属   医学部 医学科  医療・病院管理学
   職種   准教授
■ 著書
1. 部分執筆  特集:病院の外来―増やすか減らすか
   ~私立医科大学病院である東京女子医科大学附属病院での外来のあり方について~「病院」 2002/05
2. 部分執筆  HBV特異的細胞免疫と肝細胞障害機序Pre-S2領域の標的抗原エピトープ「日本臨床 53巻増刊 分子肝炎ウイルス病学 下」 1995/10
3. 部分執筆  ウイルス性肝炎の発生機序-変異および免疫学的側面―B型肝炎の発生機序「炎症と免疫」 1995/02
4. 部分執筆  ウイルス性肝炎の発生機序-変異および免疫学的側面―B型肝炎の発生機序「炎症と免疫」 1995/02
5. 部分執筆  肝の生理「Clinical Engineering」 1994/11
6. 部分執筆  肝の生理「Clinical Engineering」 1994/11
7. 部分執筆  C型肝炎と合併疾患「カレント内科―C型肝炎」 1994
8. 部分執筆  原発性胆汁性肝硬変「消化器内科治療学の進歩」 1993
■ 学術雑誌
1. 原著  大学病院における転倒転落事故の状況と外傷発生の影響要因 ~報告されたインシデントレポートの分析から~ 2013/11
2. 原著  東京女子医大病院糖尿病センターにおける地域連携の試み 2011
3. 原著  電子カルテ導入の効果と問題点―外来待ち時間が短縮しない原因分析 2010
4. 総説  地域連携室の役割 2008
5. 原著  外来診療における「返書管理システム」評価 2006
6. 原著  新宿管内における紹介患者動向調査 2004
7. 原著  私の病院の取り組み 返書管理のシステム化(個人の努力からの脱却) 2003
8. 原著  Pathogenesis of diquat-induced liver necrosis in selenium-deficient rats: assessment of the roles of lipid peroxidation and selenoprotein P. 1995/02
9. 症例報告  シェーグレン症候群に合併した膵炎に対しステロイド療法が奏功した1例 1995/02
10. 症例報告  Sister Mary Joseph’s Nodule の一例 1995
全件表示(21件)
■ 学会発表
1. 災害に備えた医薬品備蓄に関する医師・薬剤師・介護職の意識調査 (口頭発表,一般) 2017/09/17
2. 女性医師のキャリア展開に関する検討–女性医師再研修部門登録事例の解析(2) (ポスター,一般) 2017/08/18
3. 診療関連死発生時における医療者の対応意識(アンケート調査第2報) (ポスター,一般) 2015/11/06
4. 職種間における診療関連死と医療事故調に関する意識差の検討 (口頭発表,一般) 2014/09/13
5. 大学病院における睡眠導入剤の処方傾向 (口頭発表,一般) 2012/10/18
6. 大学病院における転倒転落事故の背景要因 (ポスター,一般) 2012/10/13
7. 災害拠点病院による東日本大震災への支援状況と備蓄在庫の現状 (口頭発表,一般) 2012/10/12
8. 事故当事者サポートをテーマとした院内講習会受講者の意識 (口頭発表,一般) 2011/08
9. 診療関連死発生時におけるリスクマネージャーの対応意識と職業性ストレスの影響 (口頭発表,一般) 2010/10
10. 本学における中長期経営改革プロジェクト(マスタープラン21プロジェクト)第1期の成果について (口頭発表,一般) 2010/10
全件表示(62件)
■ 主要学科目
医療・病院管理学
■ 資格・免許
1. 1982/06/03 医師免許
■ 所属学会
1. 1982/04~ 日本内科学会
2. 1982/06~ 日本消化器病学会
3. 1998 日本医療・病院管理学会
4. ∟ 評議員
5. 医療マネジメント学会
6. 日本肝臓学会
■ 学歴
1. 1976/04~1982/03 東京女子医科大学 医学部 医学学士
2. 1982/04~1993/02 東京女子医科大学 医学部 医学博士
3. 1998/04~2000/03 慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 経営管理学修士
■ 職歴
1. 2011/04~2012/03 東京女子医科大学 事務局 事務局次長
2. 2012/04~ 東京女子医科大学 事務局 事務局長