(最終更新日:2017-10-14 07:56:19)
  ミタニ シヨウヘイ   MITANI Shohei
  三谷 昌平
   所属   医学部 医学科  第二生理学
   職種   教授・講座主任
■ 著書
1. 部分執筆  Developmental Genetics of Caenorhabditis elegans., Brenner's Encyclopedia of Genetics 2nd edition 2013/04
2. 部分執筆  生物機能モデルと新しいリソース・リサーチツール「第3節 哺乳類以外のモデル動物 第4項 線虫」 2011/02
3. 部分執筆  WormBase 線虫のゲノム統合データベース「細胞工学別刷 バイオリソース&データベース活用術」 2009/07
4. 部分執筆  線虫 機能ゲノミクスのためのモデル生物「細胞工学別冊 バイオリソース&データベース活用術」 2009/07
5. 部分執筆  モデル生物を利用した遺伝子機能解析 線虫「実験医学別冊 ゲノム研究実験ハンドブック」 2004/10
6. 部分執筆  線虫ゲノムの遺伝子構成「ポストシークエンスのゲノム科学4 ゲノムから個体へ 生命システムの理解に向けて」 2001/06
■ 学術雑誌
1. 総説  Comprehensive functional genomics using Caenorhabditis elegans as a model organism. 2017/10
2. 総説  ラットの坐骨神経と下肢骨格筋を用いた容積導体と神経―骨格筋間の信号伝達機構を学ぶ実習 2017/08 Link
3. 原著  Cysteine protease cathepsin B mediates radiation-induced bystander effects. 2017/07
4. 原著  Coupled Caspase and N-End Rule Ligase Activities Allow Recognition and Degradation of Pluripotency Factor LIN-28 during Non-Apoptotic Development. 2017/06
5. 原著  GOP-1 promotes apoptotic cell degradation by activating the small GTPase Rab2 in C. elegans. 2017/06
6. 原著  Distinct roles of the two VPS33 proteins in the endolysosomal system in Caenorhabditis elegans. 2016/11
7. 原著  Chondroitin 4-O-Sulfotransferase Is Indispensable for Sulfation of Chondroitin and Plays an Important Role in Maintaining Normal Life Span and Oxidative Stress Responses in Nematodes. 2016/10
8. 原著  Caenorhabditis elegans homologue of Prox1/Prospero is expressed in the glia and is required for sensory behavior and cold tolerance. 2016/09
9. 原著  Engineering new balancer chromosomes in C. elegans via CRISPR/Cas9 2016/09
10. 原著  Inhibition of the integrin signal constitutes a mouse iPS cell niche 2016/09
全件表示(134件)
■ 学会発表
1. A novel mutation in the IPF-1/PDX-1 gene identified in a Japanese family with MODY. (ポスター,一般) 2017/09/13
2. Transcription factor lin-32 is essential for synaptogenesis of AIB interneuron, sustained muscle contraction and aversive switch in response to the stimulus strength (ポスター,一般) 2016/07/29
3. Genetic engineering of chromosomal balancer toolkit for gene-clusters mediated by CRISPR/Cas9 in Caenorhabditis elegans (ポスター,一般) 2016/06/25
4. Genetic engineering of new balancers using by CRISPR/Cas9 genome-editing system in C. elegans (ポスター,一般) 2015/06/24
5. Analysis of novel functions of an atonal homolog in aversive behavior and gap junction formation (ポスター,一般) 2015/03/23
6. NBRP「線虫」:遺伝子機能解析のための欠失変異体の収集・保存・提供 (ポスター) 2014/11
7. NBRP「線虫」:遺伝子機能解析のための欠失変異体の収集・保存・提供 (ポスター) 2014/05
8. NBRP「線虫」:遺伝子機能解析のための欠失変異体の収集・保存・提供 (ポスター) 2013/12
9. RNA品質管理と小胞体品質管理を結ぶインターフェイスの解析 (口頭発表,特別・招待講演等) 2013/06/01
10. Combination of optogenetics and reverse genetics: novel behavior screening for regulators of neural differentiation. (ポスター,一般) 2013/06
全件表示(104件)
■ 主要学科目
生理学
■ 資格・免許
1. 1984/05/24 医籍登録
■ 職務上の実績
●実務の経験を有する者についての特記事項
1. 1991/04/01~ 基礎医学教育(生理学、分子遺伝学)
●その他職務上特記すべき事項
1. 2002/07/01~ 文部科学省ナショナルバイオリソースプロジェクト中核機関研究代表者
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2007/04~  ナショナルバイオリソースプロジェクト実験動物「線虫」 その他の補助金・助成金 
2. 2009/07~2010/06  統合医科学研究所設立へ向けてのゲノム医科学研究者支援プロジェクト その他の補助金・助成金 
■ 委員会・協会等
1. 2003/04/01~ 国立遺伝学研究所生物遺伝資源委員会 委員
2. 2011/04/01~ 医療系大学間共用試験実施評価機構CBT実施小委員会 委員
■ 現在の専門分野
生理学一般, 神経化学・神経薬理学, 神経科学一般, 基礎ゲノム科学 
■ 所属学会
1. 1984/04~ 日本生理学会
2. 1985/04~ 日本神経科学学会
3. 1991/04~ 日本分子生物学会
4. 2007/04 日本細胞生物学会
5. 2011/12~ 日本医学教育学会
■ 学歴
1. 1978/04~1984/03 東京大学 医学部医学科 医学士
2. 1984/04~1988/03 東京大学 医学研究科 医学博士
■ 職歴
1. 1991/04~1997/05 東京女子医科大学医学部 専任講師
2. 1997/06~2007/03 東京女子医科大学医学部 助教授・准教授
3. 2007/04~ 東京女子医科大学医学部 教授
4. 2010/04~ 東京女子医科大学統合医科学研究所 所長