(最終更新日:2017-10-07 10:25:16)
  トクシゲ カツトシ   TOKUSHIGE Katsutoshi
  徳重 克年
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  消化器内科
   職種   教授・講座主任
■ 著書
1. 部分執筆  原発性硬化性胆管炎「Today's Therapry2017 今日の治療方針 私はこう治療している」 2017/01
2. 部分執筆  NAFLD・NASH「消化器研修ノート」 2016/05
3. 部分執筆  (V.肝・胆・膵疾患)5.非アルコール性脂肪性肝炎「日常診療に活かす 診療ガイドラインUP-TO-DATE 2016-2017」 2016/02
4. 部分執筆  (Ⅱ.肝臓)5.NAFLD研究と臨床の進歩「Annual Review消化器2016」 2016/01
5. 部分執筆  (第4章 腎不全総合対策 2.腎移植)4.肝炎ウイルス陽性患者の腎移植前後の管理に関して「最新透析医療:先端技術との融合」 2016/01
6. 部分執筆  第4章 脂肪肝・NASH 食べすぎ・飲みすぎが肝がんを招く「治療が大きく変わった! C型肝炎・B型肝炎・脂肪肝・肝硬変・肝がん」 2016/01
7. 全体執筆  「NAFLD/NASH 診療ガイドライン2014」 2014/04
8. 部分執筆  アルコール性肝障害とNAFLDにおける肝内および肝外発癌の比較「アルコールと医学生物学 Vol.32 アルコール性臓器障害研究の新展開」 2014/01
9. 部分執筆  I.基本編 9 NAFLD/NASHにおける性差「Hepatology Practice第2巻 NASH・アルコール性肝障害の診察を極める 基本から最前線まで」 2013/10
10. 部分執筆  Clinical Significance of Serum Orinthine Carbamoyltranse in Liver Diseases-Is the Radio of OCT/ALT a New Tumor Marker?, Hepatocellular Carcinoma-Basic Research 2012/02
全件表示(15件)
■ 学術雑誌
1. 総説  (連載 性差医学・医療の進歩と臨床展開) 2017/03
2. 症例報告  A case of gastrojejunocolic fistula with steatohepatitis. 2017/02 Link
3. 総説  Clinicophysiological outcomes after total pancreatectomy. 2016/12
4. 原著  Assessment of the Rate of Decrease ib Serum IgG4 Level of Autoimmune Pancreatitis Patients in Response to Initial Steroid Therapy as a Presictor of Subsequent Relapse 2016/10
5. 原著  Assessment of the Rate of Decrease in Serum IgG4 Level of Autoimmune Pancreatitis Patients in Response to Initial Steroid Therapy as a Predictor of Subsequent Relapse. 2016/10
6. 症例報告  Successful Treatment of Ascites using a Denver Peritoneovenous Shunt in a Patient with Paroxysmal Nocturnal Hemoglobinuria and Budd-Chiari syndrome 2016/10
7. 総説  (特集 腎と感染症)【腎移植患者の感染症】肝炎ウイルス 2016/10
8. 原著  Hepatocellular carcinoma in Japanese patients with nonalcoholic fatty liver disease and alcoholic liver disease : multicenter survey 2016/06
9. 原著  Tacrolimus for Remission Induction and Maintenance Therapy in Patients with Ulcerative Colitis: A Retrospective Evaluation Study. 2016/06
10. 症例報告  Pneumatosis intestinalis associated with juvenile dermatomyositis 2016/05
全件表示(68件)
■ 学会発表
1. 潰瘍性大腸炎に神経内分泌腫瘍の合併が疑われた1例 (口頭発表,一般) 2017/09/30
2. (シンポジウム10 アルコール性肝障害研究の最先端)アルコール性肝障害患者における肥満、サルコペニアの検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2017/09/08
3. 自己免疫性膵炎の膵外病変と悪性腫瘍の精査に関する検討 (口頭発表,一般) 2017/07/29
4. 炎症性腸疾患センターにおける潰瘍性大腸炎外科治療成績の変遷 (口頭発表,一般) 2017/07/20
5. IgG4関連疾患類似の臨床像を呈した形質細胞非浸潤性疾患の1例 (ポスター,一般) 2017/07/14
6. (ミニシンポジウム1 膵NETの診療ガイドラインの問題点と今後の展望)非機能性膵神経内分泌腫瘍に対する至適リンパ節郭清範囲の検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2017/07/14
7. (ワークショップ1 自己免疫性膵炎の病因・病態解明の最前線)細菌構成分子とアレルギーが自己免疫性膵炎の発症に及ぼす影響 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2017/07/14
8. 自己免疫性膵炎に合併した悪性腫瘍の病理組織学的検討 (口頭発表,一般) 2017/07/14
9. 当院における高齢発症潰瘍性大腸炎患者の検討 (口頭発表,一般) 2017/07/14
10. 膵癌リスクファクターを有する膵管内乳頭粘液腫瘍(IPMN)に関する検討 (ポスター,一般) 2017/07/14
全件表示(306件)
■ 学歴
1. 1992/10/16
(学位取得)
東京女子医科大学 博士(医学)