(最終更新日:2017-10-02 14:34:12)
  セキネ ヤスオ   SEKINE YASUO
  関根 康雄
   所属   医学部 医学科(附属八千代医療センター)  八千代医療センター 呼吸器外科
   職種   教授
■ 学術雑誌
1. 原著  Severity of chronic obstructive pulmonary disease and its relationship to lung cancer prognosis after surgical resection 2013
2. 原著  Nuclear Survivin in pN2 Non-small Cell Lung Cancer : Prognostic and Clinical Implications 2009
3. その他  肺動脈形成のコツ まい・てくにっく 2009
4. 総説  Good症候群(胸腺腫と免疫不全症) 2009
5. 症例報告  Mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma of the left mainstem bronchus 2011
6. 原著  Innovative technique of transbronchial radiofrequency ablation for intrapulmonary tumors A preliminary study in a rabbit model 2011
7. 原著  Risk of acute exacerbation of interstitial pneumonia after pulmonary resection for lung cancer in patients with idiopathic pulmonary fibrosis based on preoperative high-resolution computed tomography 2011
8. 症例報告  Permanent Cerebral Bypass Approach for Lung Cancer Resection with Aortic Arch Invasion 2011
9. 総説  肺線維症と酸素投与 特集:麻酔科臨床EBMを巡る問題点 2011
10. その他  1枚のシェーマ 局所進行肺癌に対する左上葉およびS6区域切除、肺動脈・気管支形成術 2011
全件表示(46件)
■ 学会発表
1. Role of transbronchial needle aspiration (TBNA) during endobronchial ultrasonography with guide-sheath (EBUS-GS) for peripheral pulmonary lesion (PPL) suspected of lung cancer (口頭発表,一般) 2015/10
2. 肺癌を疑う末梢肺病変(PPL)に対するEBUS-GS併用、経気管支吸引針生検(TBNA)の検討 (口頭発表,一般) 2015/06/11
3. Can the vertebral artery be sacrificed? Technical aspects of subclavian artery reconstruction for T4 lung cancer (ポスター,一般) 2015/06
4. Novel approach for precise lung segmentectomy / subsegmentectomy by using an infrared thoracoscopy with transbronchial instillation of indocianine green (口頭発表,一般) 2015/06
5. Can the vertebral artery be sacrificed? Technical aspects of subclavian artery reconstruction for T4 lung cancer (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2015/05
6. 末梢肺病変(PPL)に対するEBUS-GS併用TBNAの有効性と安全性の検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2015/04/17
7. Video ICG-guided segmentectomy (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)) 2015/04
8. The study of rapid on-site evaluation (ROSE) during endobronchial ultrasound-guided transbronchial needle aspiration (EBUS-TBNA) (ポスター,一般) 2014/11
9. EBUS-TBNA時の迅速細胞診(ROSE)の検討 (口頭発表,一般) 2014/09/13
10. Preoperative exercise test is more predictive for postopearative complications than pulmonary function test for lung cancer (口頭発表,一般) 2014/09
全件表示(53件)
■ 資格・免許
1. 1987/05/15 日本国医師免許証
2. 1993/09 日本胸部外科学会認定医
3. 1996/09 Evaluating Examination of Medical Council of Canada合格
4. 1998/12 日本外科学会認定医
5. 2000/01 The Certificate of Postgraduate Medical Education by the College of Physicians and Surgeons of Ontario, Canada
6. 2001/01 日本呼吸器内視鏡学会認定医
7. 2002/07 日本胸部外科学会指導医(呼吸器専攻)
8. 2002/09 日本医師会認定産業医
9. 2003/12 呼吸器外科専門医 呼吸器外科専門医認定機構
10. 2006/11 日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
全件表示(15件)
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 2008/04~ 千葉県国民健康保険診療報酬審査委員会委員
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1998/04~2001/03  広汎気管狭窄性病変に対する人工気管および冷凍保存期間移植による補填法の開発 機関内共同研究 (キーワード:気道狭窄 人工気管)
2. 2000/04~2003/03  肺移植における免疫寛容の誘導と機構解析 -T細胞抑制性接着分子CTLA-4の発現とその役割- 機関内共同研究 (キーワード:肺移植 免疫寛容)
3. 2000/04~2003/03  半導体レーザー(Indigo 830)を用いた経気道的肺容量減少術の開発 -肺気腫に対する経気管支鏡的治療の試み- 機関内共同研究 (キーワード:肺気腫 半導体レーザー 肺容量減少)
4. 2002/04~2005/03  心停止後ドナーからの肺移植の可能性 -心停止時における液体換気の効果 機関内共同研究 (キーワード:肺移植 臓器保存)
5. 2003/04~2006/03  肺移植におけるV型コラーゲンによる経口寛容の誘導と機構解析 機関内共同研究 (キーワード:肺移植 免疫寛容)
6. 2007/04~2009/03  EBUS-TBNAによる生検組織の分子生物学的解析に基づく個別化治療法の開発 機関内共同研究 (キーワード:肺癌 内視鏡)
7. 2007/04~2010/03  V型コラーゲンによる制御性T細胞の誘導と免疫抑制剤併用による免疫抑制療法の確立 機関内共同研究 (キーワード:肺移植 免疫寛容)
8. 2011/04~2014/03  COPDからの肺がん早期発見の試みと発症メカニズムの解析 機関内共同研究 (キーワード:COPD、肺癌、発症機序)
9. 2014/04~2017/03  COPD合併肺癌発症機序解明のための癌幹細胞およびDriver geneの探索 機関内共同研究 (キーワード:肺癌、COPD,癌幹細胞,Driver gene, 遺伝子)
■ 講師・講演
1. 2012/02 COPD患者に対する肺癌早期発見のためのCT検査の有用性に関する検討 –CLASSIC trial中間報告-(千葉)
2. 2012/03 肺がん検診を生かしたCOPDの診断(千葉)
3. 2012/05 肺がん検診を生かしたCOPDの早期診断(東京)
4. 2012/06 COPDから肺がんへ –肺がん治療のためのCOPD早期発見の重要性-(札幌)
5. 2012/07 Pathogenic pathways from COPD to Lung cancer -COPD detection by using community based lung cancer screening-(Tokyo)
6. 2012/08 「肺癌手術と呼吸機能」 臨床呼吸機能応用コース(金沢)
7. 2013/03 地域活動報告 全国初の試み 肺がん検診をいかしたCOPDの早期診断(東京)
8. 2013/04 身近な肺の病気のお話 肺がん(千葉)
9. 2013/04 肺がん検診(東京)
10. 2013/05 COPDからの肺癌発症メカニズムと肺癌検診を通したCOPD発見の試み(宇都宮)
全件表示(19件)
■ 受賞学術賞
1. 1994 日本外科系連合学会賞
2. 1998/10 第81回日本臨床呼吸生理研究会研究会賞
3. 2004/10 Young Investigator Award at Chest 2004 (American College of Chest Physicians, 2004)
■ 所属学会
1. 1987/04~ 日本外科学会
2. 1987/05~ 日本胸部外科学会
3. 1987/05~ 日本呼吸器外科学会
4. 2012/04~ ∟ 評議員
5. 1987/05~ 日本呼吸器内視鏡学会
6. 2009/04~ ∟ 評議員
7. 1987/05~ 日本肺癌学会
8. 2012/04 ∟ 評議員
9. 1990/04~ 日本移植学会
10. 2007/04~ ∟ 評議員
全件表示(18件)
■ 学歴
1. 1981/04~1987/03 千葉大学 医学部 医学博士
■ 職歴
1. 1999/04~2006/03 千葉大学大学院医学研究院 胸部外科学 助教
2. 2006/04~2008/03 千葉大学大学院医学研究院 胸部外科学 講師
3. 2008/04~2011/03 東京女子医科大学八千代医療センター 呼吸器外科 助教授・准教授
4. 2013/04~ 高知大学医学部 胸部外科 非常勤講師(胸部外科
5. 2014/04~ 千葉大学大学院医学研究院 呼吸器病態外科学 非常勤講師
■ 科研費研究者番号
70312957