(最終更新日:2017-11-22 09:18:09)
  シガ ツヨシ   Tsuyoshi Shiga
  志賀 剛
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  循環器内科
   職種   准教授
■ 著書
1. 部分執筆  第1章 医師が教える よくある疾患に対する薬の使い分け
2.不整脈「エキスパートが教える 薬の使い方×エビデンスの調べ方」 2017/01
2. 部分執筆  第1章 総論 -心室頻拍の診断・治療について知る-
D-1 薬物療法
第2章 各論 -臨床心室頻拍診療学:個々の心室頻拍の詳細 D.瘢痕部関連頻拍
症例3 不整脈原性右室心筋症に対する抗不整脈薬治療「心室頻拍のすべて」 2016/11
3. 部分執筆  メンタルケア:具体的事例とコンサルトのタイミング「ペースメーカ・ICD・CRT/CRT-D トラブルシューティングからメンタルケアまで」 2012/03
4. 部分執筆  術後早期の合併症・トラブルと対策 感染「ペースメーカ・ICD・CRT/CRT-D トラブルシューティングからメンタルケアまで」 2012/03
5. 部分執筆  心臓再同期療法・植込み型除細動器「心不全ケア教本」 2012/03
6. 部分執筆  非虚血性拡張型心筋症を有する植込み型除細動器患者での腎機能障害が適切作動に及ぼす影響「厚生労働省科学研究費補助金 難治性疾患克服研究事業 突発性心筋症に関する調査研究 平成23年度総括研究報告書」 2012/03
7. 部分執筆  心不全に伴う心室不整脈の薬物療法「心不全に伴う不整脈の治療戦略」 2011/12
8. その他  アミオダロンの位置づけと用量調節の意義.「不整脈治療」 2010
9. その他  アミオダロン臨床使用と注意点
不整脈にアミオダロンをどう使うかー新たなエビデンスを加えてー「循環器薬物治療実践シリーズⅠ」 2010
10. 部分執筆  レートコントロールかリズムコントロールか「最新医学 別冊 心房細動」 2010
全件表示(27件)
■ 学術雑誌
1. 原著  突然死ハイリスク心不全例における左室収縮能の改善と心室不整脈 2017/08
2. 原著  Effectiveness and safety of dabigatran versus warfarin in real-world Japanese patients with atrial fibrillation: A single-center observational study 2017/04 Link
3. 総説  【心不全 実地医家のための診断と治療のエッセンス】
●治療/知っておくべき心不全の最新治療 
心不全における不整脈の治療戦略─薬物療法と非薬物療法─ 2017/01
4. 原著  Brain Natriuretic Peptide Is a Powerful Predictor of Outcome in Stroke Patients with Atrial Fibrillation 2017
5. 総説  <アミオダロンの役割と今後の展望> 心筋症とアミオダロン ─その役割と今後の課題─ 2016/12 Link
6. 原著  Adherence to medication and characteristics of Japanese patients with non-valvular atrial fibrillation. 2016/12 Link
7. 原著  Avoidance behavior associated with depressive symptoms in patients with plantable cardioverter defibrillators 2016/11
8. 原著  Depression and Outcomes in Japanese Outpatients With Cardiovascular Disease - A Prospective Observational Study - 2016/11 Link
9. 症例報告  Isolated cardiac sarcoidosis diagnosed by electroanatomic voltage mapping-guided endomyocardial biopsy combined with magnetic resonance imaging and positron emission tomography 2016/10 Link
10. 原著  早期に出現するP波・QRS 2016/10
全件表示(180件)
■ 学会発表
1. The impact of Brain atrophy in the patient with young patients with severe heart failure (口頭発表,一般) 2017/10/12 Link
2. Mycobacterium chelonaeにより繰り返すペースメーカー感染の加療中に血小板減少症を併発した1例 (ポスター,一般) 2017/09/29
3. Short-term prevalence of fatal ventricular arrhythmic events in patients with newly diagnosed reduced left ventricular ejection fraction (ポスター,一般) 2017/08/29
4. The incidence and clinical significance of 18F-fluorodeoxyglucose re-uptake on cardiac positron emission tomography in patient with cardiac sarcoidosis after receiving corticosteroid therapy (口頭発表,一般) 2017/08/29
5. Detection of undiagnosed cardiac sarcoidosis by FDG-PET and SPECT among patients with Atrioventricular Block routinely followed in a pacemaker outpatient clinic (ポスター,一般) 2017/08/28
6. 心房細動患者における抗凝固薬のアドヒアランスと継続 (口頭発表) 2017/06/18
7. 短期間で僧房弁に腫瘤を形成し、摘出術に成功した脳梗塞既往がある透析患者の一例 (口頭発表,一般) 2017/06/10
8. 成人成長ホルモン分泌不全に続発した門脈肺高血圧症の一例 (口頭発表,一般) 2017/06/03
9. 透析症例における心臓超音波検査による検査の精度と臨床的意義 (口頭発表,一般) 2017/06/03
10. 透析症例における肺高血圧の頻度と因子についての検討 (口頭発表,一般) 2017/06/03
全件表示(336件)
■ 社会における活動
1. 2011/07 (座長)致死性心室性不整脈の治療(BRUGADA症候群を含む)/不整脈薬物療法のup to date
2. 2011/09 (座長)Heart Failure Devices 2/4th Asia Pacific Heart Rhythm Society Scientific Session
3. 2011/11 (コメンテーター)心室期外収縮の薬物治療(短形性非持続性心室頻拍を含む)/不整脈薬物療法のup to date
4. 2012/02 (座長)不整脈の性差/第5回日本性差医学・医療学会学術集会
5. 2012/03 (座長)Ventricular Arrhythmia/第76回日本循環器学会学術集会
6. 2012/03 (座長)薬剤:ダビガトラン/第76回日本循環器学会学術集会
7. 2012/06 (座長)循環器用薬/第29回日本TDM学会・学術大会
8. 2012/07 (座長)第8回循環器専門医を志す研修医のための卒後セミナー
9. 2012/07 (座長)不整脈と薬物治療/第27回日本不整脈学会学術大会
10. 2012/10 (座長)臨床薬理/第29回日本心電学会学術集会
全件表示(28件)
■ 講師・講演
1. 2011/06 ACTIVE-Ⅰから考える各病態とARBの役割/BEAT Forum
2. 2011/06 薬物動態を踏まえた循環器薬の使い方/循環器研究会
3. 2012/01 重症心不全治療の今後の展開と課題/レニンアンジオテンシン系最前線(東京都)
4. 2012/02 循環器疾患とうつ・不安/循環器疾患と心身医学セミナー(東京都)
5. 2012/08 心房細動患者における抗凝固療法を見直す/ワーファリンセミナー(東京都)
6. 2012/09 薬剤性QT延長とは/レクサプロ発売1周年記念講演会(東京都)
7. 2012/11 非弁膜症心房細動に対する薬物治療:ガイドラインの動きと臨床の実際/第9回心房細動を考える会(仙台市)
8. 2013/02 心房細動治療における薬物療法と非薬物療法の連携/心房細動円卓会議(東京)
9. 2013/02 薬剤性QT延長とは/レクサプロ プレミアムセミナー(東京)
10. 2013/03 AFレジストリーについて/不整脈ハイブリッド治療研究会 第5回学術集会(東京都)
全件表示(34件)
■ 受賞学術賞
1. 2010 Clinical Research Award(CRA) 優秀賞
2. 2010 Research Encouragement Award
3. 2011 Clinical Pharmacology Research Award
4. 2014 Research Paper Award
■ 学歴
1. 1990/04~1993/03 自治医科大学(JMU) 医学研究科 博士(医学)