(最終更新日:2017-08-04 10:34:56)
  ツカハラ タカヒロ   
  塚原 高広
   所属   医学部 医学科  国際環境・熱帯医学
   職種   講師
■ 著書
1. 部分執筆  ひとり学際研究のすすめ 霊長類学から医学へ「100万人のフィールドワーカーシリーズ フィールドの見方」 2015/06
2. 部分執筆  捕食者 - ライオンがチンパンジーを食う「マハレのチンパンジー パンスロポロジーの37年」 2002/11
3. 部分執筆  グルーミングの経済学「サルの文化誌」 1991/02
■ 学術雑誌
1. 原著  Little Polymorphism at the K13 Propeller Locus in Worldwide Plasmodium falciparum Populations Prior to the Introduction of Artemisinin Combination Therapies 2016/06
2. 原著  The choice of healthcare providers for febrile children after introducing non-professional health workers in a malaria endemic area in Papua New Guinea 2015/12
3. 症例報告  上部消化管内視鏡検査で偶然発見されたBolbosoma属鉤頭虫感染の1例 2013/12
4. 原著  Large-scale survey for novel genotypes of Plasmodium falciparum chloroquine-resistance gene pfcrt 2012/03
5. 原著  Factors associated with prescribers' use of malaria rapid diagnostic tests and adherence to test results in Areas of unstable malaria transmission in Madagascar 2011
6. 原著  High prevalence of sulfadoxine/pyrimethamine resistance alleles in Plasmodium falciparum parasites from Bangladesh 2010
7. 原著  Glucose-6-Phosphate dehydrogenase (G6PD) variants in east sepik province of Papua New Guinea: G6PD Jammu, G6PD Vanua Lava and a novel variant (G6PD Dagua) 2008
8. 原著  Phylogeography and dispersion pattern of Anopheles farauti senso stricto mosquitoes in Melanesia 2008
9. 原著  Reconstructing the origin of the Lapita Cultural Complex: mtDNA analyses of East Sepik Province, PNG 2008
10. 原著  Austronesian origin of the 27-bp deletion of the erythrocyte band 3 gene in East Sepik, Papua New Guinea inferred from mtDNA analysis 2006
■ 学会発表
1. Examining health worker's adherence to prescribing Artemveter-Lumefantrine following a new national malaria treatment protocol in Papua New Guinea (ポスター,一般) 2016/09/20
2. The utilization of health services for children after introduction of new malaria treatment protocol in rural Papua New Guinea (ポスター,一般) 2016/09/20
3. オセアニア地域におけるマラリアとその対策 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)) 2016/03/19
4. パプアニューギニア村落における小児の病気に対する治療:どのような治療がなぜ利用されるのか? (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)) 2015/12/19
5. パプアニューギニア村落部における小児のマラリアに対する保護者の治療選択 (口頭発表,一般) 2014/09/06
6. マイクロサテライトを用いた熱帯熱マラリア原虫集団の近交係数の推定 (口頭発表,一般) 2014/03/27
7. マラリア原虫におけるサルファ剤耐性とオルガネラゲノムコピー数増加との関連性 (口頭発表,一般) 2014/03/27
8. パプアニューギニア東セピック州都市部における5歳未満児の発症時受療時の経験に関する医療従事者と母親のミクストメソッドによる比較研究 (口頭発表,一般) 2013/11
9. マダガスカルの医療者における抗マラリア薬の処方行動:検査陰性でも処方する理由に関する質的研究 (口頭発表,一般) 2013/11
10. 自治体病院看護師の勤務継続に関連する要因の検討 (ポスター,一般) 2013/09
全件表示(24件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2015/04~  水没危機にあるオセアニア島嶼の全島民移住における社会・生態・健康の研究 基盤研究(B) 
2. 2013/04~2017/03  開発途上国における住民の治療選択行動に関する実証分析-疫学経済学からのアプローチ 基盤研究(B)