(最終更新日:2017-12-15 12:50:07)
  タカナシ ジユンイチ   TAKANASHI JUN-ICHI
  髙梨 潤一
   所属   医学部 医学科(附属八千代医療センター)  八千代医療センター 小児科
   職種   教授
■ 著書
1. 部分執筆  Neuroimaging on Pediatric Encephalopathy in Japan, Acute Encephalopathy and Encephalitis in Infancy and Its related Disorders 2018
2. 部分執筆  急性脳症「小児神経専門医テキスト」 2017/06
3. 部分執筆  急性脳症「すぐわかる 小児の画像診断」 2017/03
4. 部分執筆  ウイルス性脳炎「小児疾患診療のための病態生理3-改訂第5版-」 2016/11
5. 部分執筆  急性脳症の画像診断、けいれん重積型(二相性)急性脳症(AESD)の診断と治療、可逆性脳梁膨大部病変を有する軽症脳炎・脳症(MERS)の診断と治療、腸管出血性大腸菌(EHEC)感染症に併発する脳症の診断と治療「小児急性脳症診療ガイドライン2016」 2016/07
6. 部分執筆  小児神経疾患におけるMR spectroscopy (MRS) の臨床応用「続・イメージからせまる小児神経疾患」 2015/11
7. 部分執筆  脳症「疾患から見る画像診断の進め方・読み方」 2015/04
8. 部分執筆  可逆性脳梁膨大部病変を有する軽症脳炎・脳症「神経症候群(第2版)V 日本臨床 新領域別症候群シリーズ No. 30」 2014/11
■ 学術雑誌
1. 症例報告  Excitotoxicity in encephalopathy associated with STEC O-157 infection 2018
2. 症例報告  片側大脳皮質脳炎を生じた抗MOG 抗体陽性多相性散在性脳脊髄炎の1 例 2017/11
3. 原著  Comprehensive investigation of CASK mutations and other genetic etiologies in 41 patients with intellectual disability and microcephaly with pontine and cerebellar hypoplasia (MICPCH). 2017/08
4. 総説  ここがポイント―小児診療ガイドラインの使い方 小児急性脳症診療ガイドライン2016 2017/06
5. 症例報告  脳梁膨大部病変をMR spectroscopyで経時的に観察し得た可逆性脳梁膨大部病変を有する軽症脳症(MERS)の2例 2017/06
6. 原著  A new infectious encephalopathy syndrome, clinically mild encephalopathy associated with excitotoxicity (MEEX) 2017
7. 症例報告  A novel DARS2 mutation in a Japanese patient with leukoencephalopathy with brainstem and spinal cord involvement but no lactate elevation 2017
8. 原著  Clinically mild infantile encephalopathy associated with excitotoxicity 2017
9. 原著  Identification of novel SNORD118 mutations in seven patients with leukoencephalopathy with brain calcifications and cysts 2017
10. 症例報告  The first report of Japanese patients with asparagine synthetase deficiency 2017
全件表示(46件)
■ 学会発表
1. 小児けいれん性疾患と八千代医療センターにおける医療連携 (口頭発表,特別・招待講演等) 2017/12/07
2. 小児救急における神経画像診断 (口頭発表,特別・招待講演等) 2017/10/27
3. 興奮毒性型急性脳症 up to date (口頭発表,特別・招待講演等) 2017/08/07
4. Acute encephalopathy with biphasic seizures and late reduced diffusion (AESD) の画像診断 (口頭発表,特別・招待講演等) 2017/07/06
5. 急速に脳浮腫が進行し、予後不良な経過をたどったけいれん重積型(二相性)急性脳症 (口頭発表,一般) 2017/06/16
6. 頭部外傷によりbright tree appearanceを呈した症例の検討 (口頭発表,一般) 2017/06/16
7. Up to date neuroimaging in leukoencephalopathy (口頭発表,特別・招待講演等) 2017/06/14
8. 小児急性脳症の臨床・画像・診療ガイドライン (口頭発表,特別・招待講演等) 2017/05/20
9. A case of FOXP1 mutation with white matter abnormalities (ポスター,一般) 2017/05/12
10. High b value DWI for the detection of bright tree appearance in AESD (ポスター,一般) 2017/05/12
全件表示(74件)
■ 資格・免許
1. 小児科専門医
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2014/04~2017/03  遺伝性髄鞘形成不全の病態に基づく革新的な治療法の開発のための研究 国立研究開発法人日本医療研究開発機構研究費 
2. 2015/04~2018/03  遺伝性白質疾患の診断・治療・研究システムの構築 難治性疾患克服事業 (H27-難治等(難)-一般-020 
3. 2015/04~2018/03  急性脳症の包括的遺伝子解析を通じた多様性と共通性の解明 基盤研究B 
4. 2015/04~2018/03  小児の急性脳症・けいれん重積状態の診療指針の確立 難治性疾患克服事業 H27-難治等(難)-一般-028 
5. 2016/04~2019/03  超高磁場MR装置を用いたグルタミン酸興奮毒性の病態解明 基盤 
6. 2013/04~2015/03  急性脳症の包括的遺伝子解析を通じた多様性と共通性の解明 基盤研究B 
7. 2013/04~2016/03  超高磁場MR装置を用いた神経疾患モデルマウス脳機能の解明 基盤研究C 
8. 2013/04~2015/03  脳MRIを用いた脳形成異常診断法の検討 精神・神経疾患研究委託費 
9. 2014/04~2016/03  遺伝性髄鞘形成不全の病態に基づく革新的な治療法の開発のための研究 厚生労働科学研究委託費 
■ 所属学会
1. 2007/04~ 日本小児科学会
2. ∟ 代議員
3. 2011/05~ 日本小児神経学会
4. ∟ Brain & Development 編集委員
5. ∟ 専門医委員
6. ∟ 評議員
7. ∟ 用語委員長
8. 欧州神経放射線学会
9. 国際磁気共鳴医学会
10. 日本磁気共鳴医学会
全件表示(16件)
■ 科研費研究者番号
00302555