(最終更新日:2017-07-09 01:49:32)
  タナカ エイイチ   
  田中 榮一
   所属   医学部 医学科(附属膠原病リウマチ痛風センター)  膠原病リウマチ痛風センター
   職種   講師
■ 著書
1. 全体執筆  薬物療法 免疫抑制薬「整形外科Knack & Pitfalls リウマチ診療の要点と盲点」 2010
■ 学術雑誌
1. 原著  The minimally important difference for the Japanese version of the health assessment questionnaire in patients with rheumatoid arthritis in daily practice. 2017/05
2. 原著  Characteristics and risk factors of lymphoproliferative disorders among patients with rheumatoid arthritis concurrently treated with methotrexate: a nested case-control study of the IORRA cohort. 2017/04
3. 原著  Continual Maintenance of Remission Defined by the ACR/EULAR Criteria in Daily Practice Leads to Better Functional Outcomes in Patients with Rheumatoid Arthritis. 2017/02
4. 原著  The minimally important difference for the Japanese version of the health assessment questionnaire in patients with rheumatoid arthritis in daily practice. 2016/10
5. 原著  Pharmacoeconomic analysis of biological disease modifying antirheumatic drugs in patients with rheumatoid arthritis based on real-world data from the IORRA observational cohort study in Japan. 2016/07
6. 原著  Clinical Characteristics and Cytokine Profiles of Organizing Pneumonia in Patients with Rheumatoid Arthritis Treated with or without Biologics. 2016/04
7. 原著  Can rheumatoid arthritis (RA) registries provide contextual safety data for modern RA clinical trials? The case for mortality and cardiovascular disease. 2016/02
8. 原著  Comparison of adding tocilizumab to methotrexate with switching to tocilizumab in patients with rheumatoid arthritis with inadequate response to methotrexate: 52-week results from a prospective, randomised, controlled study (SURPRISE study). 2016/01
9. 原著  Profiles of EQ-5D utility scores in the daily practice of Japanese patients with rheumatoid arthritis; Analysis of the IORRA database. 2016
10. 原著  エタネルセプトとメトトレキサート併用の功罪 2016
全件表示(57件)
■ 学会発表
1. 多発血管炎性肉芽腫症の1例 (口頭発表,一般) 2017/06/17
2. IORRAコホートを用いた発症早期関節リウマチ患者におけるHAQ寛解達成の年代別推移の検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2017/04/21
3. 関節リウマチ患者の生命予後は改善したか (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2017/04/21
4. IORRAコホートを用いた生活保護受給者の関節リウマチ治療の現状に関する検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2017/04
5. IORRAコホートを用いた日本人RA患者における飲酒量とRA疾患活動性の関連性の検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2017/04
6. メトトレキサート(MTX)単剤で寛解達成した関節リウマチ(RA)患者における、MTX服用量と臨床的変数との関連:IORRAコホートを用いた検討 (ポスター,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2017/04
7. 生物学的製剤時代における関節リウマチの帯状疱疹リスクの検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2017/04
8. 日本人関節リウマチ患者における悪性腫瘍罹患の経時的推移~IORRAコホート2000-2013を用いた検討~ (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2017/04
9. 日本人関節リウマチ患者における生物学的製剤使用と骨粗鬆症性非椎体骨折リスクの関連:IORRAコホートにおける検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2017/04
10. Influence of comorbidity in the prognosis of rheumatoid arthritis. (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2016/04/22
全件表示(106件)