(最終更新日:2017-11-09 11:20:47)
  キムラ ヨウコ   Yoko Kimura
  木村 容子
   所属   医学部 医学科(附属東洋医学研究所)  東洋医学研究所
   職種   准教授
■ 著書
1. 編集・監修  「趣味どきっ!あったかボディーでリラックス~カラダを整える温活術~」 2016/12
2. 編集・監修  「ココロとカラダの不調を改善するやさしい東洋医学」 2016/08
3. 全体執筆  「ストレス不調を自分でスッキリ解消する本」 2014
4. 全体執筆  「カラダとココロの「プチ不調」に気づいたら」 2014
5. 部分執筆  第9章33 手足のほてり「あなたも名医!漢方を使いこなそう」 2012
6. 全体執筆  「女50歳からの「変調」を感じたら読む本」 2011
7. 部分執筆  看護大事典「看護大事典第2版」 2010
8. 全体執筆  「女35歳からの「キレイ」と「元気」の漢方医学」 2010
9. 全体執筆  「女40歳からの「不調」を感じたら読む本」 2010
10. 全体執筆  「漢方の知恵でポジティブ・エイジング」 2008
全件表示(11件)
■ 学術雑誌
1. 症例報告  黄連解毒湯により眼瞼痙攣が消失した一症例 2017/01
2. その他  呉茱萸湯で効果不十分な月経関連片頭痛患者に五苓散を月経周期に合わせて投与した症例の検討 2017/01
3. 症例報告  ストレスが関与した慢性咳嗽に八味地黄丸が有効であった2症例 2016/10
4. 症例報告  胃酸分泌抑制薬内服下にて胃もたれ、食欲不振を認めた血液透析患者に六君子湯が著効した2症例 2016/10
5. 症例報告  特集 こんな時は漢方でしょう!
[私のイチオシ処方]
女性の不定愁訴
冷える時 2016/03
6. その他  当研究所における多職種連携強化に向けた鍼灸師の取り組み 2016/01
7. 原著  Differentiation of two Kampo formulae,yokukansankachimpihange and chotosan,for treatment of headache using a predictive model derived from a patient-based questionnaire database 2016
8. 原著  I dentification of indicators of efficacy of the Kampo formulation unkeito for cold syndrome,using a patient-based questionnaire database 2016
9. その他  使用期限切れ円皮鍼の破損に関する注意 2016
10. 症例報告  当帰湯で皮膚瘙痒症が改善した1症例 2016
全件表示(54件)
■ 学会発表
1. ストレスが原因と考えられる慢性咳嗽に八味地黄丸が有効であった2症例 (口頭発表,一般) 2017/10/29
2. 漢方治療と生活環境改善により軽快した難治性アトピー性皮膚炎の1例 (口頭発表,一般) 2017/10/29
3. 眼瞼痙攣・顔面のしびれに八味地黄丸が有効であった64歳女性例 (口頭発表,一般) 2017/10/29
4. 胸郭出口症候群に対して当帰芍薬散が有効であった1例 (口頭発表,一般) 2017/10/29
5. 桂枝茯苓丸が奏効した慢性下痢の1例 (口頭発表,一般) 2017/10/29
6. 超高齢者の便秘に対して、附子仁丸の減量により改善を認めた1症例 (口頭発表,一般) 2017/10/29
7. 漢方医学に基づく病態把握が治療の要となった臨床経験 (口頭発表,特別・招待講演等) 2017/08/20
8. 逆流性食道炎による口腔内ヒリヒリ感に清熱補血湯が有効であった72才女性例 (口頭発表,一般) 2017/06/04
9. 女性と漢方 (口頭発表,特別・招待講演等) 2017/06/04
10. 半夏厚朴とその類方で冷えが改善した3症例 (ポスター,一般) 2017/06/04
全件表示(78件)