(最終更新日:2017-10-18 10:37:12)
  コンドウ ツネノリ   KONDO Tsunenori
  近藤 恒徳
   所属   医学部 医学科(東医療センター)  東医療センター 泌尿器科
   職種   教授
■ 著書
1. 部分執筆  下大静脈腫瘍栓を伴う腎癌の術後管理「ICUとCCU」 2016/12
2. 部分執筆  長期投与を目指したAEマネージメント-ソラフェニブ-「Year Book of RCC 2015」 2015/12
3. 部分執筆  下大静脈塞栓の手術「泌尿器科手術における血管外科」 2015/04
4. 部分執筆  血管を扱うための器具と使用方法 腹腔鏡・後腹膜腔鏡手術「泌尿器科手術における血管外科」 2015/04
5. 部分執筆  血管外科の基本手技 主要血管と手技 大動脈「泌尿器科手術における血管外科」 2015/04
6. 部分執筆  小径腎癌に対する手術的治療「2015年日本泌尿器科学会卒後教育テキスト」 2015/04
7. 部分執筆  上部尿路腫瘍に対する腎尿管全摘術におけるリンパ節郭清の意義は?「EBM泌尿器疾患の治療 2015-2016edition」 2015/04
8. 部分執筆  腎部分切除術 腹腔鏡手術・後腹膜鏡手術「泌尿器科手術における血管外科」 2015/04
9. 部分執筆  The role of lymphadenectomy in the management of urothelial carcinoma of the upper urinary tract., Upper Tract Urothelial Carcinoma 2015
10. 部分執筆  The role of lymphadenectomy in the management of urothelial carcinoma of the upper urinary tract., Upper Tract Urothelial Carcinoma 2014/05
全件表示(41件)
■ 学術雑誌
1. 総説  腎細胞癌病理分類の変遷とWHO2016の改訂点 2017/12
2. 総説  泌尿器癌に対する病理学的治療効果判定 2017/11
3. 症例報告  A case of metastatic Xp11.2 translocation renal cell carcinoma successfully managed by cytoreductive nephrectomy followed by axitinib therapy. 2017/05
4. 原著  Evaluation of renal cell carcinoma histological subtype and fuhrman grade using (18)F-fluorodeoxyglucose-positron emission tomography/computed tomography. 2017/05
5. 原著  Limited benefit of targeted molecular therapy for inferior vena cava thrombus associated with renal cell carcinoma. 2017/04 Link
6. 原著  上皮尿路癌に対する開腹手術によるリンパ節郭清の成績とその意義 2017/04
7. 原著  Evaluation of tumor burden after sequential molecular-targeted therapy in patients with metastatic renal cell carcinoma. 2017/03
8. 原著  Prognostic Value of Metabolic Tumor Volume and Total Lesion Glycolysis on Preoperative 18F-FDG PET/CT in Patients With Renal Cell Carcinoma. 2017/01
9. 原著  下大静脈塞栓を伴う腎細胞癌に対する根治的腎摘除術 2016/12
10. 原著  A propensity score-matched comparison of surgical precision obtained by using volumetric analysis between robot-assisted laparoscopic and open partial nephrectomy for T1 renal cell
carcinoma: a retrospective non-randomized observational study of initial outcomes. 2016/10
全件表示(150件)
■ 学会発表
1. 腎細胞癌の病理:WHO2016 (臓器別シンポジウム12 : 「それぞれの癌」:診断・治療の現状と展望 -腎癌-) (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)) 2017/10/21
2. Xp転座型腎細胞癌9 例の臨床病理学的検討 (ポスター,一般) 2017/09/28
3. Ra-223投与に伴う骨転移巣の画像変化の検討 (口頭発表,一般) 2017/09/17
4. T1b症例におけるロボット支援腎部分切除術(RAPN)と開腹腎部分切除術(OPN)の比較検討 (口頭発表,一般) 2017/09/17
5. ロボット支援腎部分切除術の腫瘍の位置による手術時間の検討 (口頭発表,一般) 2017/09/17
6. 経腹アプローチによるロボット支援腎部分切除術の腫瘍位置による術直後腎機能の比較検討 (口頭発表,一般) 2017/09/17
7. 高難度への適応拡大とそのポイント (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2017/09/17
8. 腎部分切除術での術式、阻血方法の違いによる急性腎障害の発症頻度の比較検討 (口頭発表,一般) 2017/09/17
9. 本邦における転移性腎癌治療の現状 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネルディスカッション等) 2017/09/17
10. 慢性腎臓病患者と非慢性腎臓病患者の腎細胞癌に対するロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術後の腎機能の推移の比較検討 (口頭発表,一般) 2017/09/17
全件表示(671件)
■ 社会における活動
1. 2012/05 Case conference with Dr Kuczyk  Chairman
2. 2012/11 RCC Advisory Board Meeting with Dr. Escudier  Chairman
3. 2012/11 Tokyo RCC Conference 2012  Chairman
4. 2013/02 第611回日本泌尿器科学会東京地方会 <臨床症例 3> 座長
5. 2013/03 CORE@Webcast 2013  Chairman
6. 2013/07 第44回腎癌研究会 Poster Session3「アキシチニブ、クライオ」 座長
7. 2013/11 第26回日本内視鏡外科学会総会 要望演題50 泌尿器科における困難症例対策や合併症軽減の工夫1 司会
8. 2014/07 45th Congress of Japanese Society of Renal Cancer and 1st East Asia Kidney Cancer Symposium  Oral Session4  Chairman
9. 2014/07 RCC Meet the Specialist in TOKYO Chairman
10. 2014/10 新宿泌尿器病理研究会 症例報告 座長
全件表示(22件)
■ 学歴
1. 1984/04~1990/03 北海道大学 医学部
2. 東京女子医科大学 医学研究科 医学博士