(最終更新日:2017-05-05 16:52:21)
  イトウ ヤスシ   YASUSHI ITO
  伊藤 康
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  小児科
   職種   講師
■ 著書
1. 部分執筆  Walker-Warburg症候群「小児科診療 小児の症候群」 2016/04
2. 部分執筆  思春期に発端者として診断しえたファブリー病の3例「ファブリー病症例集 Vol.2 早期診断・早期治療のために」 2015/12
3. 部分執筆  てんかん類似症候群 発作性運動誘発性ジスキネジア「臨床てんかん学」 2015/11
4. 部分執筆  てんかん類似症候群 発作性非運動誘発性ジスキネジア「臨床てんかん学」 2015/11
5. 部分執筆  発達の退行と血液検査でAST, LDHの軽度上昇を認めた3歳女児「続・イメージからせまる小児神経疾患50 -症例から学ぶ 診断・治療プロセス-」 2015/11
6. 部分執筆  ニーマン・ピック病C型の診断 小脳失調・ジストニア・嚥下障害・構音障害、その他の神経症状「ニーマン・ピック病C型の診断と治療」 2015/06
7. 部分執筆  ニーマン・ピック病C型の診断 核上性垂直性眼球運動障害「ニーマン・ピック病C型の診断と治療」 2015/06
8. 部分執筆  390章 慢性反復性誤嚥「ネルソン小児科学原著第19版」 2015/04
9. 部分執筆  【神経症候群 VI(第2版) -その他の神経疾患を含めて-】 XIV てんかん症候群 その他の重要な病態 グルコーストランスポーター1(GLUT-1)欠損症症候群「別冊 日本臨牀 新領域別症候群シリーズ No.31」 2014/12
10. 部分執筆  【神経症候群 IV(第2版)-その他の神経疾患を含めて- 】 先天異常/先天奇形 先天形態形成異常 Colpocephaly「別冊 日本臨牀 新領域別症候群シリーズ No.29」 2014/09
全件表示(30件)
■ 学術雑誌
1. 原著  Outcome of ketogenic diets in GLUT1 deficiency syndrome in Japan: A nationwide survey 2016/08
2. 原著  Fabry病における疼痛発作の実態調査 2015/12
3. 原著  Nationwide survey of glucose transporter-1 deficiency syndrome (GLUT-1DS) in Japan 2015/09
4. 原著  Study of epileptic drop attacks in symptomatic epilepsy of early childhood - Differences from those in myoclonic-astatic epilepsy 2015/01
5. 原著  New insights into the pathogenesis of spinal muscular atrophy 2011/04
6. 原著  A modified Atkins diet is promising as a treatment for glucose transporter type 1 deficiency syndrom. 2011/07
7. 原著  Clinical presentation, EEG studies, and novel mutations in two cases of GLUT1 deficiency syndrome in Japan 2005/06
8. 症例報告  Thalamic lesions in a long-surviving child with spinal muscular atrophy type I: MRI and EEG findings 2004/01
9. 症例報告  A 1-year-old infant with McArdle disease associated with hyper-creatine kinase-emia during febrile episodes 2003/09
10. 原著  てんかん発作が疑われた神経調節性失神8例の臨床的検討 2008/03
全件表示(67件)
■ 学会発表
1. ミキサー食による胃瘻栄養併用中にダンピング症候群を来した食道閉鎖症術後症例 (口頭発表,一般) 2016/10/27
2. 胎児期に頭囲拡大を指摘され無呼吸発作を契機に早期に診断し得た軟骨低形成症の1例 (ポスター,一般) 2016/07/17
3. 腹部の異常な動きを主訴としたチックの2例 (口頭発表,一般) 2016/07/09
4. 小児領域におけるFabry病の早期診断 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)) 2016/06/29
5. 室内で飼育されているヘビが感染源と考えられた生後2か月のサルモネラ腸炎例 (口頭発表,一般) 2016/06/11
6. SLC2A1遺伝子変異をもつ母親から出生したGLUT-1欠損症の姉妹に対する早期診断と治療 (ポスター,一般) 2016/06/03
7. 当科における代謝性神経疾患の診断と転帰について (ポスター,一般) 2016/06/03
8. 片頭痛および周期性嘔吐症に対して第一世代抗ヒスタミン薬が有用であった7例 (口頭発表,一般) 2016/01/26
9. 初期研修医のチーム医療への意識 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)) 2015/12/06
10. 思春期に診断しえたFabry 病の3例 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)) 2015/07/12
全件表示(191件)