(最終更新日:2017-11-01 17:03:19)
  ナカオカ タカシ   NAKAOKA TAKASHI
  中岡 隆志
   所属   医学部 医学科(東医療センター)  東医療センター 内科
   職種   准教授
■ 学術雑誌
1. 原著  Clinical application of effective atomic number for classifying non-calcified coronary plaques by dual-energy computed tomography. 2017/06
2. 原著  Positive association between physical activity and PER3 expression in older adults. 2017/01
3. 原著  Depression and Altitude: Cross-Sectional Community-Based Study Among Elderly High-Altitude Residents in the Himalayan Regions. 2016/03
4. 総説  時計遺伝子とサーカディアンリズム 2015/09
5. 症例報告  Vasodilatation of multiple cerebral arteries in early stage of stroke-like episode with MELAS 2015/02
6. 原著  Analysis of coronary arterial calcification components with coronary CT angiography using single-source dual-energy CT with fast tube voltage switching 2015
7. 総説  【Multislice CT 2014 BOOK】 Dual Energy CTの臨床応用 Dual-energy CTの冠動脈CTへの臨床応用 2014/09
8. 総説  生体のサーカディアンリズムとその意義 2013/04
9. 総説  key word ―血管石灰化― 2012/08
10. 総説  体内リズムを治す 2012/08
全件表示(66件)
■ 学会発表
1. 高齢者における身体活動量ならびに体力と時計遺伝子発現の関連 (ポスター,一般) 2017/09/18
2. 洞不全症候群を合併した Pure Autonomic Failureの検討 (口頭発表,一般) 2017/09/01
3. Application of Effective Atomic Number for the Classification of Non-calcified Coronary Plaques by Dual-energy CT (ポスター,一般) 2017/08/07
4. 難治性非24時間睡眠覚醒リズム障害症例に末梢時計リズムとメラトニンリズム、Motion Watch による照度、活動度を計測した1例 (ポスター,一般) 2017/06/29
5. ヒトの朝食・夕食時における食後糖代謝ならびに食欲関連ホルモンの比較 (ポスター,一般) 2017/05
6. Dual-energyCTによる実効原子番号とCT値による非石灰化冠動脈プラークの鑑別能の比較 (口頭発表,一般) 2017/01/20
7. たこつぼ型心筋症におけるストレス下での自律神経反応 (口頭発表,一般) 2016/11/11
8. Usefulness of effective atomic number over computed tomography number in differentiation of non-calcified plaque compositions in coronary dual-energy computed tomography (ポスター,一般) 2016/08/30
9. Effective Atomic Number in Differentiation of Coronary Non-calcified Plaque (口頭発表,一般) 2016/03/19
10. Differentiation of lipid-rich plaques from fibrous plaques using effective atomic number by ECG-gated single-source dual-energy coronary CT with fast kVp switching. (ポスター,一般) 2015/11
全件表示(27件)
■ 資格・免許
1. 1990 内科認定医
2. 2001 循環器専門医
3. 2017 「植込み型除細動器/ペーシングによる心不全治療」研修終了
■ 社会における活動
1. 2011/03~2011/03 「心肺蘇生法を学びましょう」~ 突然死から身を守るために~
2. 2017/01~2017/01 「イキイキ100まで健康寿命」 ~ 高齢期にどうすれば健康的な生活を維持できるか ~
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1997/04~1998/06  Bone Morphogenetic Protein-2の動脈硬化抑制作用の解析 奨励研究(A) 
2. 2002/04~2004/03  ウイルスベクターを用いた骨形成因子による増殖性血管疾患治療のための基礎研究 基盤研究(C) 
3. 2009/04~2012/03  CSPG2遺伝子の胎生期心臓血管形成における役割 基盤研究(C) (キーワード:心血管発生、分化、バーシカン)
4. 2015/04~2018/03  心電図同期高速スィッチング方式二重エネルギー冠動脈CTによるプラークの性状評価 基盤研究(C) (キーワード:CT)
5. 2014/05~2019/03  時間栄養学を視点とした機能性食品成分の探索と応用研究 基盤研究S 
■ 取得特許
1. 2001/04/17 Sugar-chain synthetase and process for producing the same(5854042)
■ 所属学会
1. 日本不整脈心電学会
2. 日本高血圧学会
3. 日本時間生物学会
4. 日本循環器学会
5. 日本心血管内分泌代謝学会
6. ∟ 評議員
7. 日本内科学会
8. 日本老年医学会
■ その他
2015年、東京大学医科学研究所生物遺伝資源バンクに研究用リソースとしてDnm3osKOマウスの委託を行った。