(最終更新日:2017-11-27 18:39:44)
  ミヤタ マリコ   Miyata Mariko
  宮田 麻理子
   所属   医学部 医学科  第一生理学
   職種   教授・講座主任
■ 著書
1. 部分執筆  一次体性感覚野の変容過程「Clinical Neuroscience」 2017/02
2. 全体執筆  大脳皮質―視床投射の動的機構「ブレインサイエンスレビュー2005」 2005
3. 部分執筆  言霊社会とサイエンス「井沢元彦の未来講座」 2002
4. 全体執筆  Corticotropin-Releasing Factor (CRF) induces persistent depression of parallel fiber to Purkinje cell synaptic transmission., Slow synaptic responses and modulation 2000/04
5. 部分執筆  Endogenous corticotropin-releasing factor (CRF) is required for induction cerebellar long-term depression., Frontiers of Mechanisms of Memory and Dementia 2000/04
6. 部分執筆  Corticotropin-releasing factor (CRF) and its role in the central nervous system., Regulatory and their Cognate Receptor 1999
7. 全体執筆  小脳の長期抑圧 (LTD)「実験医学「Bioscience 用語ライブラリー:脳神経」」 1997
8. 部分執筆  神経系の入出力関係「電子情報通信術語ハンドブック」 1997
■ 学術雑誌
1. 原著  Afferent fiber remodeling in the somatosensory thalamus of mice as a neural basis of somatotopic reorganization in the brain and ectopic mechanical hypersensitivity after peripheral sensory nerve injury 2017/03
2. 原著  The Metabotropic Glutamate Receptor Subtype 1 Mediates Experience-Dependent Maintenance of Mature Synaptic Connectivity in the Visual Thalamus 2016/09
3. その他  Changing times, Chenging Gender Roles, Who Do We Want Female Researcher to be. 「女前の研究者になるために」 2015/09
4. 原著  Effectively Axonal-supercharged Interpositional Jump-Graft with an Artificial Nerve Conduit for Rat Facial Nerve Paralysis 2015/06
5. 原著  Electrophysiological and functional evaluations of regenerated facial-nerve defect with a tube containing dental pulp cells in rats 2014/11
6. 原著  Adipocyte-derived and dedifferentiated fat cells promoting facial nerve regeneration in a rat model. 2014/10
7. 原著  Unilateral multiple facial-nerve branch reconstruction using "end-to-side loop graft" supercharged by hypoglossal nerve 2014/10
8. 原著  Synaptic targeting of mGluR1 by carboxyl-terminal domain is crucial for cerebellar function 2014/02
9. 原著  Vascularized versus non-vascularized island-median nerve grafts in the facial nerve regeneration and functional recovery of rats for facial nerve reconstruction study 2014/02
10. 原著  Large-scale somatotopic refinement via functional synapse elimination in the sensory thalamus of developing mice. 2014/01
全件表示(46件)
■ 学会発表
1. Dysgranular area in somatosensory cortex of mice represents nociceptive information (ポスター,一般) 2017/11/14
2. Developmental regulation of microglial function in the somatosensory thalamus. (ポスター,一般) 2017/08/25
3. Mechanism of remodeling in the topographic thalamic circuit. (口頭発表,一般) 2017/08/25
4. 大脳体性感覚野dysgranular領域は傍内側毛帯経路を介して痛覚の体部位情報を表現する (ポスター,一般) 2017/07/22
5. マウスのヒゲ感覚経路における発達期および神経損傷によるミクログリア制御 (ポスター,一般) 2017/07/21
6. 発生期FOXG1因子量の増減変化による抑制回路の形成と自閉症様表現の発症機構 (口頭発表,一般) 2017/07/21
7. Microglial function is regulated by development and peripheral nerve injury in the whisker-related somatosensory pathway (ポスター,一般) 2017/06/30
8. Gene-dosage dependent inhibitory circuit assembly and social behavior tuning by FoxG1, a transcription factor associated with ASD (ポスター,一般) 2017/06/25
9. Cortical activity regulates refinement of afferent lemniscal synapses in the somatosensory thalamus (ポスター,一般) 2017/03/29
10. Regulation of MeCP2 protein expression in the mouse dLGN during development (ポスター,一般) 2017/03/29
全件表示(106件)
■ 主要学科目
細胞の情報伝達 生体システムと制御 脳神経系I,IV, 呼吸器生理、循環生理
■ 教員審査
1. 2008/03 学位審査 大学院講義
2. 2008/07 実習・演習等担当
■ 資格・免許
1. 1985/08 普通自動車免許取得
2. 1991/05 医師免許
■ 社会における活動
1. 1998~ 日中女性科学者会議 メンバー
2. 2007 日本学術振興会 海外学振審査委員
3. 2007~2008 日本学術振興会 特別研究員審査会専門委員および国際事業委員会審査委員
4. 2009~2010 日本学術振興会 科学研究費審査会専門員 審査委員等
5. 2013 男女共同参画学協会連絡会・大規模アンケート解析WGメンバー
6. 2013~ 文科省 大学設置・学校法人審議会大学設置分科会 専門委員
7. 2016/08~ AMED 評価委員
■ 教育上の能力
●作成した教科書、教材
1. 2000 生理学実習 (心電図)
2. 2008 生理学実習書(心筋のイオンチャネル)
3. 2009~2010 Block 1-4 体液の恒常性 テュートリアル課題
4. 2009~2010 Bock1-4 刺激と生体反応 テュートリアル課題
5. 2010 機能系大学院 実習書
6. 2011~ Segment 2 生体システムと制御機構 テュートリアル課題
7. 2011~ Segment 2 体液の恒常性 テュートリアル課題
8. 2011 BMC実習書
9. 2025 機能系大学院実習 実習書
●その他教育活動上特記すべき事項
1. 2009~ CBT問題作成
■ 職務上の実績
●その他職務上特記すべき事項
1. 2008/04/01~ 統合医科学研究所 兼任スタッフ教授
2. 2008/09/01~ Block 4 教育委員
3. 2009~ 東京女子医科大学・早稲田大学連携協議会・施設運営部会委員
4. 2010/04/01~ テュートリアル課題調整委員会
5. 2010/04/01~ 東京女子医科大学図書館 副館長
6. 2011/04/01~ Segment 2 教育委員会 副委員長
7. 2011/04/01~ 動物実験倫理委員会
8. 2012/04/01~ Segment 6 教育委員会(準備委員会)
9. 2013/04 学生委員会 委員
10. 2014~ 中山恒明研究奨励金 選考委員会委員
全件表示(19件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 1996~1996  小脳長期抑圧における登上線維由来CRFの役割 奨励研究(A) 
2. 1997~1998  小脳シナプス可塑性におけるプルキンエ細胞樹状突起スパインのCa^<2+> 奨励研究(A) 
3. 1999~2000  三量体G蛋白質Gαq/α11遺伝子欠損マウスを用いた小脳シナプス可塑性の解析 奨励研究A 
4. 2001~2002  CRFの鎮痛作用の解明-ノックアウトマウスを用いた解析 基盤研究C 
5. 2001~2002  体性感覚情報の修飾機構に関わる視床間結合のシナプス特性 若手研究(B) 
6. 2001~2002  体性感覚情報の修飾変換に関わる視床間結合のシナプス可塑性の研究 特定領域 
7. 2001~2002  体性感覚情報の修飾変換をになう視床間結合の特性と可塑性 特定研究 
8. 2003~2004  大脳皮質-視床投射シナプスの可塑性と分子機構の研究 特定領域 
9. 2003~2005  大脳皮質-視床投射結合のシナプス特性と時空間制御機構の解明 若手研究A 
10. 2005~2005  皮質視床フィードバックシナプスに特異的に存在するカイニン酸受容体の生理学的意義 特定領域 統合脳 
全件表示(14件)
■ 講師・講演
1. 1998/05 女性の視点から見た日本の脳科学とその展望」(中国広州)(中国)
2. 2006/05 それでも挑戦する私の脳(岡崎市 愛知県)
3. 2008 女性の脳の可塑性と日本における医師再教育の取り組み(中国 北京)
4. 2008 知っておきたい子どもの病気(愛知県 犬山市)
5. 2010/03 もっと知りたい脳のやわらかさ(静岡 掛川市)
6. 2012 末梢神経損傷後に生じる脳内神経回路のつなぎ換え機構(東京)
7. 2012/08 末梢神経損傷後に生じる脳内神経回路のつなぎ換え機構(東京)
8. 2013 ほめて育てるこどもの脳と心(東京)
■ 委員会・協会等
1. 1998~ 北米神経科学学会 会員
2. 2004 生理学会 評議員
3. 2009/04 東京女子医科大学学会・評議員 東京女子医科大学学会・評議員
4. 2011/04/01 神経科学学会 編集委員会委員
5. 2011/04/01 神経科学学会 男女共同参画推進委員
6. 2012/04/01 生理学会 学術研究委員
7. 2013/10~ 日本神経科学学会 日本神経科学大会 プログラム委員
8. 2016/04/01 日本生理学会 理事
9. 2016/08/16 AMED 評価審査委員
■ 現在の専門分野
神経科学一般, 神経・筋肉生理学 (キーワード:神経生理学 神経科学) 
■ 受賞学術賞
1. 1999/09 成茂科学研究助成金
2. 2000 東京女子医科大学 医師会賞受賞
3. 2000/09 ブレインサイエンス財団研究助成
4. 2004 加藤記念バイオサイエンス研究振興財団  第15回研究助成
5. 2004/09 日本神経科学学会 奨励賞
6. 2009 喫煙科学研究財団 研究助成
7. 2009 武田科学振興財団 医学系研究奨励助成
8. 2010 内藤記念科学奨励金
9. 2012/09 吉岡博人記念総合医学研究奨励金
10. 2014/03 上原研究奨励金
全件表示(11件)
■ 所属学会
1. 1991/01 Society for Neuroscience
2. 1991/04~ 日本生理学会
3. 2007/04~ ∟ 評議委員
4. 2012/04~ ∟ 学術研究委員会
5. 2016/04~ ∟ 理事
6. 1994 日本神経科学学会
7. 2011/04~ ∟ 広報委員
8. 2011/04~ ∟ 男女共同参画委員
9. 2015/10~ ∟ 日本神経科学大会 プログラム委員
■ 学歴
1. 1991/04~1995/03 東京女子医科大学大学院 医学部 医学博士
■ 職歴
1. 2004/08~2008/06 総合大学院大学 助教授・准教授
2. 2004/08~2008/06 自然科学研究機構 生理学研究所 神経シグナル研究部門 助教授・准教授
3. 2014/04~2015 東京大学 医学研究科 非常勤講師
4. 2015/04 群馬大学 医学部 非常勤講師
■ その他
プレスリリース

2012年1月 vol.25, No.1 AERA 特集:2012年新世代を信じよう。日本を立て直す100人
2011年4月20日 運動上達タンパク質の働きを解明 中日新聞 朝刊
2011年4月20日 分子輸送タンパク質 神経伝達物質 学習に関与 日刊工業新聞
2000年 8月10日号 週刊文春 21世紀のペネトレイター達の素顔に迫る
1999年 理研ニュース ストレスホルモンが小脳運動学習に関与
1999年4月23日 朝日新聞 日刊 ストレスホルモンが運動学習に関与  
1999年4月23日 産経新聞 日刊 ストレスで分泌のホルモン運動の学習に不可欠
1999年4月23日 日本経済新聞 日刊 ストレスが運動に不可欠。
1999年4月23日 讀賣新聞 日刊 科学欄 ストレスホルモン小脳運動学習に関与
1999年4月23日 日本工業新聞 日刊 ストレスホルモン 小脳の運動機能に関与
1999年4月23日 化学工業日報 日刊 運動するとストレス
1999年4月23日 日刊工業新聞 日刊 ストレスホルモンの分泌 小脳運動学習に不可欠
1999年1月12日 毎日新聞 朝刊 15面 究める

他多数 2012年、2016年の報道機関で取り上げられた新聞記事等は教室HPをご覧ください。