(最終更新日:2017-08-28 14:17:17)
  ヤマグチ ジユンイチ   YAMAGUCHI JUNICHI
  山口 淳一
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  循環器内科
   職種   講師
■ 著書
1. 部分執筆  冠動脈疾患患者における左室機能と高血圧治療予後「血圧」 2016/12
2. 部分執筆  血管内皮前駆細胞とSDF「血管再生治療ー現状から未来を展望するー」 2012/01
3. 部分執筆  10-3末梢動脈閉塞症・総論〜10-7大動脈炎症候群「循環器疾患ビジュアルブック」 2010
4. 部分執筆  心嚢穿刺「循環器研修ノート」 2010
5. 部分執筆  静脈路の確保「循環器研修ノート」 2010
■ 学術雑誌
1. 原著  Pilot Cohort Study Assessing the Efficacy of Endovascular Revascularization in the Restoration of Peripheral Sensory Disturbance in Patients With Critical Limb Ischemia. 2017/07 Link
2. 原著  Relationship between instantaneous wave-free ratio and fractional flow reserve in patients receiving hemodialysis. 2017/07
3. 原著  Clinical outcome and its predictors in hemodialysis patients with critical limb ischemia undergoing endovascular therapy. 2017/06
4. 原著  Lesion characteristics of coronary arteries associated with a mismatch between angiographic severity of stenosis and fractional flow reserve. 2017/04 Link
5. 原著  Low-density lipoprotein cholesterol targeting with pitavastatin + ezetimibe for patients with acute coronary syndrome and dyslipidaemia: the HIJ-PROPER study, a prospective, open-label, randomized trial. 2017/04
6. 原著  Rationale, design features, and baseline characteristics: The Heart Institute of Japan-PRoper level of lipid lOwering with Pitavastatin and Ezetimibe in acute coRonary syndrome (HIJ-PROPER). 2017/03 Link
7. 原著  Intimal disruption affects drug-eluting cobalt-chromium stent expansion: A randomized trial comparing scoring and conventional balloon predilation. 2016/10 Link
8. 原著  Randomized pilot trial comparing tolvaptan with furosemide on renal and neurohumoral effects in acute heart failure. 2016/09 Link
9. 原著  Efficacy of 24-Hour Blood Pressure Monitoring in Evaluating Response to Percutaneous Transluminal Renal Angioplasty. 2016/08
10. 原著  Impact of left ventricular ejection function on blood pressure-lowering therapy in hypertensive patients with coronary artery disease. 2016/05 Link
全件表示(46件)
■ 学会発表
1. Predictors for long-term cardiovascular death after rotational atherectomy in patients with regular hemodialysis - from J2T multicenter registry - (ポスター,一般) 2017/08/29
2. Sex-related differences in coronary risk factors of major adverse cardiovascular events in acute coronary syndrome with contemporary dyslipidaemia management: a sub-analysis of data from the HIJ-PROPER (ポスター,一般) 2017/08/29
3. The impact of serum sitosterol level on clinical outcomes in acute coronary syndrome patients with dyslipidemia: a subanalysis of HIJ PROPER (ポスター,一般) 2017/08/27
4. Prediction of 3-year mortality after rotational atherectomy in severely calcified coronary artery (ポスター,一般) 2017/08/26
5. The impact of high-sensitive C-reactive protein value and renal function on clinical outcomes in patients with acute coronary syndrome under aggressive lipid lowering therapy: a sub-analysis of HIJ PR (ポスター,一般) 2017/08/26
6. 第一選択ガイドワイヤーの位置づけ (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)) 2017/07/20
7. 総大腿動脈病変に対する高圧バルーン拡張の臨床成績 (ポスター,一般) 2017/07/08
8. エベロリムス溶出性ステント市販後調査5年の臨床成績 (口頭発表) 2017/07/07
9. 心房細動合併PCI患者におけるPARIS scoreの有用性:多施設共同registryから (口頭発表,一般) 2017/07/07
10. 薬剤溶出性ステント留置後の透析患者における抗血小板剤2剤併用下でのPARISスコアの予後予測因子としての有用性についての検証 (口頭発表,一般) 2017/07/07
全件表示(181件)
■ 社会における活動
1. 2011/10 (座長)/第39回日本心血管インターベンション治療学会 関東甲信越地方会
2. 2012/03 (インタビュー)PCI患者におけるATIS予防の重要性について
3. 2012/06 (コメンテーター)糖尿病を合併したAthero ThrombosIS治療について考える
4. 2012/09 (コメンテーター)CTO X-pert Forum
5. 2012/11 (パネリスト)今日のPCI専門医に求められる術後の管理(VI-Today 7巻3号掲載)
6. 2012/11 (座長)ELCAを用いた冠動脈インターベンション/オルメサルタンによる冠動脈動脈硬化への影響/Daiichi-Sankyo循環器セミナー
7. 2012/12 (座長)第8回丸の内心不全カンファレンス
8. 2013/03 (コメンテーター)第2回TEAM Live Cource
9. 2013/03 (座長)Kidney/Renal Circulation/CKD 3/第77回日本循環器学会学術集会
10. 2015/10 (座長)ライブデモンストレーション/第47回日本心血管インターベンション治療学会 関東甲信越地方会
全件表示(33件)
■ 講師・講演
1. 2012/04 心疾患と脂質を考える/YJC(横浜循環器カンファレンス)(横浜市)
2. 2012/05 ショックを呈した高齢者大動脈弁狭窄症患者に対して急性期BAVを施行した1例/第9回KICK Meeting
3. 2013/01 心臓領域からみたATIS治療/MEET THE EXPERTS 2013 Winter(東京都)
4. 2016/03 ハイリスク患者におけるPCI後の抗血栓療法/CV Forum in YAMAGUCHI(山口市)
5. 2016/05 ハイリスク患者における資質低下療法を再考する/第11回県南高脂血症・糖尿病カンファレンス(栃木市)
6. 2016/07 ACSに対するカテーテル治療における課題/第36回心筋梗塞研究会(東京都港区)
7. 2017/01 ハイリスクPCI患者における抗血栓療法/Optimal PCI & Medical Treatment Conference(東京都港区)
8. 2017/01 虚血性心疾患の病態と治療について/アステラス製薬株式会社社内勉強会(東京都新宿区)
9. 2017/02 PCI後の抗血栓療法を再考する/第28回しぶや医療連携フォーラム(東京都渋谷区)
10. 2017/03 ハイリスクPCI患者における抗血栓療法/沼田利根救急医療懇談会 循環器疾患研究会(群馬県沼田市)
全件表示(13件)
■ 学歴
1. 1987/04~1993/03 千葉大学 医学部 学士(医学)
2. 2000/07
(学位取得)
東京女子医科大学 博士(医学)