(最終更新日:2017-12-16 18:41:57)
  イトウ ヒロシ   
  伊東 大
   所属   医学部 医学科(東京女子医科大学病院)  形成外科
   職種   講師
■ 学術雑誌
1. 原著  R-100 IMPROVES PULMONARY FUNCTION AND SYSTEMIC FLUID BALANCE IN SHEEP WITH COMBINED SMOKE-INHALATION INJURY AND PSEUDOMONAS AERUGINOSA SEPSIS 2017/12
2. 総説  皮弁の再考 ーVenous flapー 2016/07
3. 症例報告  Intraosseous hemangioma of the zygomatic bone 2015/12
4. 原著  Our Strategy for Fingertip Amputation 2015/09
5. 症例報告  The First Case of Benign Solitary Schwannoma Arising in the Rectus Abdominis Muscle 2015/09
6. 原著  冷却スプレーの引火による重症熱傷の1例 2015/06
7. 総説  【陰圧閉鎖療法の理論と実際】
創面に対する陰圧の効果(理論)と至適陰圧 2015/01
8. 症例報告  20 年前の腹部皮弁を turn-over flap として利用し治癒した肘頭難治性熱傷瘢痕潰瘍 2014/10
9. 原著  Healing efficacy of Sea buckthorn (Hippophae rhamnoides L.) seed oil in an ovine model 2014/09
10. 原著  Human mesenchymal stem cells reduce the severity of acute lung injury in a sheep model of bacterial pneumonia 2014/06
全件表示(38件)
■ 学会発表
1. Monitoring intraparenchymatous venous pressure in transferred tissue improves the salvage rate after microvascular complications. (口頭発表,一般) 2017/06/15
2. 皮弁再建を行わなかった広範囲足底皮膚欠損例の長期経過 (口頭発表,一般) 2017/04/12
3. 当院における耳介熱傷に対する治療の標準化 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2017/02/11
4. 手指熱傷後瘢痕拘縮に対する治療戦略 (口頭発表,一般) 2016/06/03
5. 皮弁移植術を用いた指尖部再建法の検討 (ポスター,一般) 2016/04/13
6. 高齢者熱傷患者における入院日数の適性かの問題点(シンポジウム 熱傷患者の入院日数の適正化:現状の問題点とその解決策は?) (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2016/02/20
7. 遊離空腸および腸骨移植による上顎洞再建を施行し涙道再建し得た1例 (口頭発表,一般) 2016/02/13
8. 眼窩骨折における吸収プレートの適応:吸収性プレート(PLLA/PGA)による再建を行った眼窩骨折症例の検討 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2015/11/13
9. 乳房インプラントおよびヒアルロン酸注入による両側乳腺葉状腫瘍切除後再建症例の経過について (口頭発表,一般) 2015/09/03
10. 小児エプロン熱傷の受傷機転と臨床像 第3報 (口頭発表,一般) 2015/06/18
全件表示(40件)
■ 学歴
1. 1986/04~1994/03 琉球大学 医学部
2. 1995/04 東京女子医科大学 医学部 医学博士