(最終更新日:2017-06-05 10:55:38)
  ツジムラ タカコ   
  辻村 貴子
   所属   医学部 医学科  日本語学
   職種   講師
■ 著書
1. 部分執筆  犯罪被害者の急性期心理ケアプログラムの構築に関する研究「厚生労働科学研究費補助金 障害者対策総合研究事業 精神障害分野 大規模災害や犯罪被害者等による精神疾患の実態把握と対応ガイドラインの作成・評価に関する研究 総括・分担研究報告書」 2013/03
2. 部分執筆  自己との対話(2)「人間関係教育と行動科学テキストブック第2版」 2015/04
3. 部分執筆  対話のTPO実習「人間関係教育と行動科学テキストブック第2版」 2015/04
4. 全体執筆  奉仕学習「人間関係教育と行動科学テキストブック第2版」 2015/04
5. 部分執筆  自己との対話(2)「人間関係教育と行動科学テキストブック」 2014/04
6. 部分執筆  対話のTPO実習「人間関係教育と行動科学テキストブック」 2014/04
7. 部分執筆  奉仕学習「人間関係教育と行動科学テキストブック」 2014/04
8. 部分執筆  犯罪被害者の急性期心理ケアプログラムの構築に関する研究「厚生労働科学研究費補助金 障害者対策総合研究事業(精神障害分野) 大規模災害や犯罪被害者等による精神疾患の実態把握と対応ガイドラインの作成・評価に関する研究 平成23年度~平成25年度 総合研究報告書」 2014/03
9. 部分執筆  犯罪被害者の急性期心理ケアプログラムの構築に関する研究「厚生労働科学研究費補助金 障害者対策総合研究事業(精神障害分野) 大規模災害や犯罪被害者等による精神疾患の実態把握と対応ガイドラインの作成・評価に関する研究 平成25年度 総括・分担研究報告書」 2014/03
10. 部分執筆  医療機関に対する行政処分とシステムエラーに対する対応「厚生労働科学研究費補助金 地域医療基盤開発推進研究事業 診療関連死の中立的原因分析と再発防止に関する研究 平成24年度 総合研究報告書」 2013/03
全件表示(21件)
■ 学術雑誌
1. 原著  The use of human samples obtained during medicolegal autopsies in research: An introduction to current conditions and initiatives in Japan. 2017/04
2. その他  現代医療とライフスタイル-医療における≪人≫の多様性の保護のあり方- 2017
3. 原著  司法解剖に由来する法医鑑定試料の管理・取扱いをめぐる問題 2017
4. 原著  歯科医療において求められる説明義務-近年の民事歯科裁判例を基に- 2017
5. その他  交通事故被害者遺族への対応-司法解剖との関係において 2015/06
6. 原著  Organ retention and communication of research use following medicolegal autopsy: a pilot survey of university forensic medicine departments in Japan. 2014/07
7. 原著  救急医と遺族の関わり-救急科専門医への全国調査より- 2013/09
8. 原著  死後画像診断に対する救急医・法医の認識の違い-全国的な質問紙調査より- 2013/04
9. 症例報告  Sudden death after sustained restraint following self-administration on the designer drug α-pyrrolidinovalerophenone. 2013
10. 原著  東日本大震災の発生に伴う遺体・埋火葬の取り扱い-司法・行政措置を中心に- 2012/12
全件表示(38件)
■ 学会発表
1. 医学英語論文を用いた表現技術講義の実践 (口頭発表,一般) 2017/02
2. 司法解剖に伴う採取試料の管理・廃棄等に関する検討 (口頭発表,一般) 2016/12/03
3. 現代医療とライフ・スタイル-医療における≪人≫の多様性の保護のあり方 (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)) 2016/06/04
4. 歯科医療 (口頭発表,一般) 2016/06/04
5. 家族への司法解剖を経験した遺族に対する法医学者対応と精神健康状態 (ポスター,一般) 2014/11
6. Investigation the awareness of forensic pathologists conducting medico-legal autopsies and the actual support to bereaved families. (ポスター,一般) 2014/06
7. Perceived effect on the bereaved of the attitude of the personnel handling judicial autopsies. (ポスター,一般) 2014/06
8. 検視及び司法解剖時の遺族への対応の現状と心理的影響-遺族へのアンケート調査の結果から- (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(指名)) 2014/05/18
9. 遺族への説明 (公募シンポジウム 突然に亡くなられた方とその家族への対応) (口頭発表,シンポジウム・ワークショップ・パネル(公募)) 2013/12
10. 救急医の遺族対応への問題意識-救急科専門医への全国調査より- (口頭発表,一般) 2013/10
全件表示(46件)
■ 研究課題・受託研究・科研費
1. 2005/04~2007/03  医療関連死の調査分析に係る研究 競争的資金等の外部資金による研究 
2. 2006/04~2007/03  死体検案業務の質の確保・向上に関する研究 競争的資金等の外部資金による研究 
3. 2007/04~2009/03  争訟化行動段階評価を巡る実証的研究-医療不信風土における死因究明を素材に 日本学術振興会 DC特別研究員奨励費 
4. 2008/04~2010/03  診療行為に関連した死亡の調査分析に従事する者の育成及び資質向上のための手法に関する研究 競争的資金等の外部資金による研究 
5. 2010/04~2012/03  死因究明に係る諸問題の発展的研究-法学・医学双方向的アプローチ 日本学術振興会 PD特別研究員奨励費 
6. 2011/04~2012/09  精神・神経疾患克服のための研究資源の確保を目指したブレインバンクの整備に関する研究 競争的資金等の外部資金による研究 
7. 2012/04~2013/03  診療関連死の中立的原因分析と再発防止に関する研究 競争的資金等の外部資金による研究 
8. 2012/04~  大規模災害や犯罪被害者による精神科疾患の実態把握と介入手法の開発に関する研究 競争的資金等の外部資金による研究 
9. 2012/04~  法医解剖に由来する人体試料コントロールに関する法学・医学双方向的研究 研究活動スタート支援 
■ 学歴
1. 2006/04~2010/03 九州大学 医学系研究科 博士(医学)
■ 職歴
1. 2007/04~2010/03 日本学術振興会 日本学術振興会特別研究員 DC1 (九州大学)
2. 2010/04~2011/11 日本学術振興会 日本学術振興会特別研究員 PD (東京大学)
3. 2011/12~2013/04 東京大学大学院医学系研究科 法医学・医事法学講座 助教