<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 八千代医療センター 小児集中治療科
 
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


講師:
   安川 久美
助教:
   本田 隆文
   阿部 勝宏
   平井 希
   松井 拓也
■ 概要
診療
24時間365日、年間16,149名の小児救急患者の受け皿として、小児集中治療室(PICU)を整備し、専従医による集中治療管理をおこなっている。千葉県東葛南部医療圏を中心に年間約300名の重篤小児患者を受け入れている。平成24年は、69例の人工呼吸管理をおこなった。平成24年度に、日本集中治療医学会の教育認定施設として承認された。
教育
初期研修医の小児科研修ローテーションのなかにPICU研修を取り入れている。指導医による屋根瓦体制としてPICU患者の管理に参加している。
朝・夕のカンファレンスで、治療方針、安全対策を確認
朝・夕:集中治療専門医とともに回診、治療方針の確認

後期研修(初期研修終了後の小児科研修)は、小児科専門医取得を目的とするが、小児科専門医に加え、集中治療専門医、外科系専門医からの指導を包括的に受けることの出来る研修環境を提供している。
研究
臨床に還元できる臨床研究をめざしている。重篤小児脳炎脳症の病原体の迅速診断をベッドサイドで確立している。
・急性脳症におけるヒトヘルペスウイルス6・7型感染症の迅速診断
(公表論文:山本しほ他、けいれんを伴うHHV-7感染症の臨床像、日本小児科学会雑誌:2013;117:992-995.)
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 1 1 0 1  0 0 0 0  0 3  0 1  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Hirai Nozomi, Daisuke Yoshimaru, Yoko Moriyama, Takafumi Honda, Yasukawa Kumi, Takanashi Jun-ichi:  Clinically mild infantile encephalopathy associated with excitotoxicity.  Journal of the Neurological Sciences  373 :138-141 , 2017
2. Hirai N, Yoshimaru D, Moriyama Y, Yasukawa K, Takanashi J.:  A new infectious encephalopathy syndrome, clinically mild encephalopathy associated with excitotoxicity (MEEX).  Journal of the Neurological Sciences  380 :27-30 , 2017
症例報告
1. 安部昌宏、前田泰宏、本多隆文、安川久美、武藤順子、髙梨潤一.:  脳梁膨大部病変をMR spectroscopyで経時的に観察し得た可逆性脳梁膨大部病変を有する軽症脳症(MERS)の2例.  脳と発達  49 (4) :275-278 , 2017.6
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Hara Mayumi, Yasukawa Kumi, Honda Takafumi, Hirai Nozomi, Shirato Yuri, Moriyama Yoko, Takanashi Jun-ichi: High b value DWI for the detection of bright tree appearance in AESD.  14th Asian Oceanian Congress of Child Neurology,  Fukuoka, Japan,  2017/05
2. 髙梨潤一, 森山陽子, 林北見, 白戸由理, 安川久美, 本田隆文、渡邊誠司、久保田雅也、寺嶋宙、北村太郎、藤田雄治、山中岳: 急速に脳浮腫が進行し、予後不良な経過をたどったけいれん重積型(二相性)急性脳症.  第59回日本小児神経学会学術集会,  大阪,  2017/06
3. 高瀬菜々子, 五十嵐登、種市尋宙、大塚直哉, 安川久美, 本田隆文, 林北見, 浜田洋通, 髙梨潤一: 頭部外傷によりbright tree appearanceを呈した症例の検討.  第59回日本小児神経学会学術集会,  大阪,  2017/06
4. ◎髙梨潤一: Up to date neuroimaging in leukoencephalopathy.  第59回日本小児神経学会学術集会,  大阪,  2017/06
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者