<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度 | 2018年度 次 >>>
 八千代医療センター 化学療法科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


准教授:
   倉持 英和
■ 概要
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 1 0 1 0  0 0 0 0  2 0  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. OKANO Yusuke, KURAMOCHI Hidekazu*, NAKAJIMA Go, KATAGIRI Satoshi, YAMAMOTO Masakazu:  Elevated levels of mRNAs encoding dihydropyrimidine dehydrogenase and thymidylate synthase are associated with improved survival of patients with hepatocellular carcinoma treated with S-1.  Oncology letters  14 (1) :930-936 , 2017.7
症例報告
1. 片桐 聡, 倉持英和, 向山美々, 濱野美枝, 石多猛志, 毛利俊彦, 今西 啓, 平井栄一, 鬼澤俊輔, 太田正穂, 中村 努, 有泉俊一, 古川徹, 中野雅行, 新井田達雄, 山本雅一:  術前化学療法が奏効し根治切除が可能となった肝内転移・リンパ節転移陽性細胆管細胞癌の1症例.  Liver Cancer  23 (43) :11-15 , 2017.11
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎倉持英和, 中 島豪, 林 和彦, 山本雅一, 片桐 聡, 新井田達雄: (International Session6 Colon and Rectum-Biomarker-)抗EGFR抗体薬マーカーとしてのAmphiregulin発現と大腸癌腫瘍局在部位との関連性の検討.  第55回日本癌治療学会学術集会,  横浜,  2017/10
2. ◎倉持英和, 中島豪, 新井田達雄, 山本雅一: 抗EGFR抗体薬で治療された進行大腸癌症例におけるAmphiregulin, Epiregulinの発現量と腫瘍局在部位との関連性の検討.  第15回日本臨床腫瘍学会学術集会,  神戸,  2017/07
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者