<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 八千代医療センター 病理診断科
 
概要 当該年度の研究費受入状況 教授・准教授・講師・助教の公的役職
教授・准教授・講師・助教の学会・研究会の役員 当該年度の主催学会・研究会 社会における活動
学術雑誌 著書 学会発表


教授:
   廣島 健三
准教授:
   増永 敦子
講師:
   大出 貴士
■ 概要
研究
多施設共同研究で、肺癌症例のレントゲン所見と石綿曝露量との関係を調べ、広範な胸膜プラークが存在する症例は、高濃度の石綿曝露を受けていることを報告しした。労災補償は2012年より、石綿健康被害救済は2014年より広範な胸膜プラークが認定基準のひとつになり、この所見があれば石綿曝露により発症した肺癌として認定されるようになった。東南アジアでは中皮腫の報告が稀だが、中国の浙江省で石綿手紡績に従事した女性に腹膜中皮腫が多発していることを報告した。胸膜中皮腫は早期には胸水のみ認められ、腫瘤がはっきりしないことが多く、診断が難しく、予後は不良である。中皮腫の病理診断にp16の欠失が重要であることを報告し、胸水に出現する細胞でp16の欠失およびBAP1の消失を検討することにより、胸水細胞診で中皮腫の確定診断が可能であることを明らかにした。また,胸腺腫発生機序に対して、免疫組織学的および分子生物学的に検討している。肺神経内分泌癌の発生機序について、免疫組織学的および分子生物学的に検討している。
社会との連携
中央環境審議会(環境省),石綿確定診断委員会(厚生労働省)にて石綿関連疾患の認定の審査を行った.
病理診断
病理診断は日本病理学会病理専門医6名(常勤3名、非常勤3名)が,細胞診診断は日本臨床細胞学会細胞診専門医3名(常勤3名)および日本臨床細胞学会細胞検査士(常勤5名)が診断にあたっている.2016年の病理診断件数は5,313件で,うち迅速組織診断は226件,細胞診断件数は4,339件である.病理解剖件数は12件である.当センターは2010年に日本病理学会病理専門医研修登録施設,2011年に日本病理学会病理専門医研修認定施設,日本臨床細胞学会認定施設,2012年に日本臨床細胞学会教育研修施設として認定された.2017年度は,「病理専門医プログラム」により専門研修プログラムに準拠した専門医研修を始める.
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 教授・准教授・講師・助教の公的役職
1.  廣島健三 :中央環境審議会委員(環境省), 石綿確定診断委員会委員(厚生労働省), 千葉労働局労災協力医(厚生労働省)
ページの先頭へ
■ 教授・准教授・講師・助教の学会・研究会の役員
1.  廣島健三 :日本病理学会/学術評議員・病理専門医・研修指導医・病理専門医研修指導責任者・病理アドバイザー・刊行委員, 日本臨床細胞学会/評議員・細胞診専門医・教育研修指導医・編集委員会査読委員・コントロールサーベイ問題作成委員・細胞検査士資格認定試験出題委員, 日本肺癌学会/評議員・細胞診判定基準改訂委員会委員・ガイドライン検討委員会胸膜中皮腫小委員会委員・病理小委員会委員, 石綿・中皮腫研究会/代表幹事, 中皮腫細胞診研究会/副代表幹事, 日本肺癌学会関東支部会/幹事・病理アドバイザー・第177回日本肺癌学会関東支部会会長, 日本Pulmonary Pathology Society幹事, 千葉県臨床細胞学会理事, International Editorial Board of Tumori Journal
2.  増永敦子 :日本病理学会/学術評議員・病理専門医・研修指導医・リクルート委員, 日本臨床細胞学会/細胞診専門医, 日本肺癌学会関東支部会/幹事・病理アドバイザー
3.  大出貴士 :日本病理学会/学術評議員・病理専門医・研修指導医, 日本臨床細胞学会/細胞診専門医
ページの先頭へ
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  第177回日本肺癌学会関東支部会  (会長 : 廣島健三 )  ,新宿  2017/07
2.  第24回石綿・中皮腫研究会  (代表幹事 : 廣島健三 )  ,大阪  2017/10
3.  石綿・中皮腫研究会 コンパニオンミーティング  (オーガナイザー : 廣島健三 )  ,新宿  2017/04
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  廣島健三 中央環境審議会環境保健部会石綿健康被害判定小委員会に出席し,石綿救済制度に貢献した.
2.  廣島健三 石綿確定診断委員に出席し,石綿曝露による労災補償に貢献した.
3.  廣島健三 千葉労働局労災協力医(厚生労働省)として石綿曝露による労災補償に貢献した.
4.  廣島健三 環境再生保全機構主催 中皮腫細胞診実習研修会(第12回(大阪医大), 第13回(神戸大学), 第14回(福岡大学))の講師を務め,中皮腫の細胞診断の普及に貢献した.
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 5 2 0 6 3 8  0 2 0 0  4 12  3 2  1 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Kinoshita Y, Hida T, Hamasaki M, Matsumoto S, Sato A, Tsujimura T, Kawahara K, Hiroshima K, Oda Y, Nabeshima K.:  A combination of MTAP and BAP1 immunohistochemistry in pleural effusion cytology for the diagnosis of mesothelioma.  Cancer  * :* , 2017.10
2. Yamauchi S, Zhong B, Kawamura K, Yang S, Kubo S, Shingyoji M, Sekine I, Tada Y, Tatsumi K, Shimada H, Hiroshima K, Tagawa M.:  Cytotoxicity of replication-competent adenoviruses powered by an exogenous regulatory region is not linearly correlated with the viral infectivity/gene expression or with the E1A-activating ability but is associated with the p53 genotypes.  BMC cancer  17 (1) :622 , 2017.9
3. Alberto. M. Marchevsky, Nolwenn LeStang, Kenzo Hiroshima, Giuseppe Pelosi, Richard Attanoos, Andrew Churg, Lucien Chirieac, Sanja Dacic, Aliya Husain, Andras Khoor, Sonja Klebe, Silvie Lantuejoul, Victor Roggli, Jean-Michel Vignaud, Birgit Weynand, Jennifer Sauter, M.D.16, Douglas Henderson
Kazuki Nabeshima, Francoise Galateau-Salle:  The differential diagnosis between pleural sarcomatoid mesothelioma and spindle cell/pleomorphic (sarcomatoid) carcinomas of the lung. Evidence-Based guidelines from the International Mesothelioma Panel and the MESOPATH National Reference Center.  Human pathology  67 :160-168 , 2017.9
4. Masunaga A*, Omatsu M, Kunimura T, Uematsu S, Kamio Y, Kitami A, Miyagi Y, Hiroshima K, Suzuki T.:  Expression of PTEN and its pseudogene PTENP1, and promoter methylation of PTEN in non-tumourous thymus and thymic tumours.  Journal of clinical pathology  70 (8) :690-696 , 2017.8
5. Kengo Shimazu, Yuji Tada, Takao Morinaga, Masato Shingyoji, Ikuo Sekine, Hideaki Shimada, Kenzo Hiroshima, Takao Namiki, Koichiro Tatsumi, Masatoshi Tagawa:  Metformin produces growth inhibitory effects in combination with nutlin-3a on malignant mesothelioma through a cross-talk between mTOR and p53 pathways.  BMC cancer  17 :309 , 2017.5
6. Nguyen Canh H, Harada K, Ouchi H, Sato Y, Tsuneyama K, Kage M, Nakano M, Yoshizawa K, Takahashi A, Abe M, Kang JH, Koike K, Inui A, Fujisawa T, Takaki A, Arinaga-Hino T, Torimura T, Suzuki Y, Fujiwara K, Zeniya M, Ohira H, Tanaka A, Takikawa H:  Acute presentation of autoimmune hepatitis: a multicenter study with detailed histological evaluation in large cohort of patients.  Journal of clinical pathology  * :* , 2017.4
総説及び解説
1. 廣島健三*:  中皮腫診断の新たな局面.  肺癌  57 (4) :259-271 , 2017.8
2. Kenzo Hiroshima*, Mari Mino-Kenudson:  Update on large cell neuroendocrine carcinoma.  Translational Lung Cancer Research  6 (5) :530-539 , 2017.6
3. 中野雅行*, 谷一郎:  細胆管細胞癌再考 -コンセプト癌ー.  肝胆膵  74 (5) :717-723 , 2017.5
4. 廣島健三, 多田裕司:  悪性中皮腫UPDATE はじめに.  医学のあゆみ  261 (2) :127 , 2017.4
5. 廣島健三:  悪性中皮腫UPDATE 中皮腫の病理診断のupdate.  医学のあゆみ  261 (2) :150-156 , 2017.4
6. 廣島健三:  病理診断に直結した組織学 漿膜.  病理と臨床  35 (臨時増刊) :172-178 , 2017.4
症例報告
1. Oide T*, Mitsuishi T:  Pigmented Macule - A Skin Manifestation of Invasive Breast Cancer.  The New England journal of medicine  377 :1777 , 2017.11 Link
2. Oide T*, Hiroshima K, Shibuya K, Nakatani Y.:  Primary Pulmonary Meningioma Presenting as a Coin Lesion.  Internal Medicine  56 :2073-2074 , 2017.8 Link
3. Hasegawa M, Sakai F, Okabayashi A, Sato A, Yokohori N, Katsura H, Asano C, Kamata T, Koh E, Sekine Y, Hiroshima K, Ogura T, Takemura T.:  Intravenous Immunoglobulin Monotherapy for Granulomatous Lymphocytic Interstitial Lung Disease in Common Variable Immunodeficiency.  Internal Medicine  * :* , 2017.7 Link
4. Oide T, Kadosono O, Matsushima J, Wu D, Nagashima H, Saigusa H, Masunaga A, Nakatani Y, Hiroshima K.:  Thyroid-like low-grade nasopharyngeal papillary adenocarcinoma with squamous differentiation: A novel histological finding.  Human pathology  * :* , 2017.6
5. Masunaga A, Oide T, Kamata T, Kou E, Sekine Y, Hiroshima K.:  GLUT-1 expression of pulmonary mixed squamous cell and glandular papilloma may be associated with high SUVmax on fluorodeoxyglucose-positron emission tomography.  Pathology International  67 (7) :373-374 , 2017.6
6. Oide T*, Hiroshima K, Takahashi Y, Fugo K, Yamatoji M, Kasamatsu A, Endo-Sakamoto Y, Shiiba M, Uzawa K, Tanzawa H, Nagao T, Nakatani Y.:  Mucoepidermoid carcinoma with extensive spindled morphology and melanocytic marker expression.  Human pathology  67 :181-186 , 2017.4
7. Hasegawa M*, Sakai F, Okabayashi A, Katsura H, Kamata T, Koh E, Sekine Y, Takemura T, Nakatani Y, Hiroshima K.:  Rosai-Dorfman Disease of the Lung Overlapping with IgG4-related Disease: The Difficulty in Its Differential Diagnosis.  Internal Medicine  56 (8) :937-941 , 2017.4 Link
ページの先頭へ
■ 著書
1. 廣島健三:  異型腺腫様過形成とは,どのような病変ですか?.  肺癌診療Q&A(第3版)  *.  中外医学社,  東京, 2017.9
2. 廣島健三:  微少浸潤性腺癌とは,どのような病変ですか?.  肺癌診療Q&A(第3版)  *.  中外医学社,  東京, 2017.9
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Kenzo Hiroshima, Di Wu, Toshikazu Yusa, Daisuke Ozaki, Eitetsu Koh, Yasuo Sekine, Reiji Haba, Kota
Washimi, Kazuki Nabeshima, Tohru Tsujimura: Scientific Highlights - FISH Analysis of p16 and BAP1 Immunohistochemistry for the Diagnosis of Mesothelioma.  IASLC 18th World Conference on Lung Cancer,  Yokohama,  2017/10
2. ◎Kenzo Hiroshima, Di Wu, Toshikazu Yusa, Daisuke Ozaki, Eitetsu Koh, Yasuo Sekine, Reiji Haba, Kota
Washimi, Kazuki Nabeshima, Tohru Tsujimura: FISH Analysis of p16 and BAP1 Immunohistochemistry for the Diagnosis of Mesothelioma.  IASLC 18th World Conference on Lung Cancer,  Yokohama,  2017/10
3. ◎Kenzo Hiroshima, Di Wu, Zhibin Gao, Kazuki Nabeshima , Tohru Tsujimura: Analysis of p16 deletion and loss of BAP1 in peritoneal mesotheliomas in Japan and in China.  Pulmonary Pathology Society 2017 Meeting,  Chicago, U.S.A.,  2017/06
4. ◎Seki R, Kawai T, Kiguchi H, Takeda T, Murakami T, Aoe K, Okabe K, Homma K, Tokunaga O, Tsukamoto Y, Sunada K, Hiroshima K: Malignant mesothelioma with heterologous elements.  Pulmonary Pathology Society 2017 Meeting,  Chicago, U.S.A.,  2017/06
5. ◎Masatoshi Tagawa, Thao Th Thanh Nguyen, Takao Morinaga, Boya Zhong, Michiko Hanazono, Shuji Kubo, Masato Shingyoji, Yuji Tada, Koichiro Tatsumi, Hideaki Shimada, Kenzo Hiroshima: An inhibitor for the MDM2-p53 Interaction Produces Synergistic Cytotoxicity with Oncolytic Adenoviruses on Mesothelioma with Wild-type p53 Genotype.  American Society of Gene & Cell Therapy 2017 Annual Meeting,  Washington, DC, USA,  2017/05
6. ◎多田裕司, 田川雅敏, 新行内雅斗, 由佐俊和, 巽浩一郎, 島田英昭, 廣島健三: 10年の経過で胸郭の縮小をきたし、病理学的に中皮腫との鑑別が困難であった びまん性胸膜肥厚の1例.  第24回石綿・中皮腫研究会,  大阪,  2017/10
7. ◎田川雅敏, 多田裕司, 新行内雅斗, 由佐俊和, 巽浩一郎, 島田英昭, 廣島健三: ミッドカインはメソセリンと診断的価値の異なる新たな中皮腫の予後マーカー候補である.  第24回石綿・中皮腫研究会,  大阪,  2017/10
8. ◎廣島健三: 新しいTNM分類(第8版)について.  第24回石綿・中皮腫研究会,  大阪,  2017/10
9. ◎廣島健三: 悪性中皮腫について-胸膜中皮腫を主体に-.  第12回 中皮腫細胞診セミナー,  広島,  2017/09
10. ◎齋藤直, 原田拓弥, 西村紘一, 瀬戸口誠, 乾政志, 増永敦子, 大出貴士, 廣島健三: Thyroid-like follicular carcinoma of the kidneyの一例.  第82回日本泌尿器科学会東部総会,  東京,  2017/09
全件表示(22件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者