<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 八千代医療センター 消化器外科
 
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   新井田 達雄
   福永 正氣
准教授:
   中村 努
   片桐 聡
講師:
   太田 正穂
   鬼澤 俊輔
   平井 栄一
助教:
   濱野 美枝
   石井 雅之
   石多 猛志
   毛利 俊彦
■ 概要
東京女子医科大学八千代医療センター消化器外科
1.消化器内科、内視鏡科、放射線科、麻酔科、病理医との協力体制のもとに、消化器疾患を中心に、外科全般の疾患も含めて診断から治療まですべて行っております。
2.内科、放射線科、内視鏡科、化学療法グループ、免疫療法グループ(紹介可能)の専門医による協力体制のもとに集学的治療(手術、抗がん剤、免疫治療等)を行っております。
3.手術に関しては、標準術式の選択(縮小、拡大手術を含む)はもちろんのこと、近年、低侵襲性外科治療Minimally Invasive Surgery (MIS)という概念から内視鏡をもちいた鏡視下手術も行っております。
4.非切除例、再発例に対しても積極的に化学療法、免疫療法、緩和医療を含めて幅広く治療を行っております。
5.経皮内視鏡的胃瘻造設術(PEG/ペグ)や経皮経食道胃管挿入術(PTEG/ピーテグ)や狭窄部拡張やステント挿入留置などの内視鏡治療も行っております。
6.セコンド オピニオンにも対応いたします。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 0 0 0 0 1  0 0 0 0  4 7  0 3  0 1
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. OKANO Yusuke, KURAMOCHI Hidekazu*, NAKAJIMA Go, KATAGIRI Satoshi, YAMAMOTO Masakazu:  Elevated levels of mRNAs encoding dihydropyrimidine dehydrogenase and thymidylate synthase are associated with improved survival of patients with hepatocellular carcinoma treated with S-1.  Oncology letters  14 (1) :930-936 , 2017.7
2. 片桐 聡, 山下信吾, 米田五大, 五十嵐悠一, 大森亜紀子, 加藤孝章, 根本 慧, 小寺由人, 有泉俊一, 江川裕人, 新井田達雄, 徳重克年, 山本雅一:  3cm未満肝細胞癌に対する肝切除VS経皮的焼灼療法の検証.  Journal of Microwave Surgery  35 (2) :1-6 , 2017
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎KOTERA Yoshihito, EGAWA Hiroto, ARIIZUMI Shunichi, OMORI Akiko, YAMASHITA Shingo, TAKAHASHI Yutaka, NEMOTO Satoshi, KATAGIRI Satoshi, YAMAMOTO Msakazu: Modified venous patch method for venous reconstruction in Liver Transplantation using right robe.  Joint Congress of The 6th Biennial Congress of the Asian-Pacific Hepato-Pancreato-Biliary Association(6th A-PHPBA) & The 29th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery(29th JSHBPS),  Yokohama,  2017/06
2. ◎TAKAHASHI Yutaka, KATAGURI Satoshi, ARIIZUMI Shunichi, KOTERA Yoshihito, OMORI Akiko, YAMASHITA Shingo, NEMOTO Satoshi, HIGUCHI Ryota, EGAWA Hiroto, YAMAMOTO Msakazu: A case report: a second-stage right hepatectomy with bile duct ligation performed on a patient with hepatocellular carcinoma with advanced bile duct tumor thrombus.  Joint Congress of The 6th Biennial Congress of the Asian-Pacific Hepato-Pancreato-Biliary Association(6th A-PHPBA) & The 29th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery(29th JSHBPS),  YOKOHAMA,  2017/06
3. ◎YAGAWA Yohsuke, HIGUCHI Ryita, YAZAWA Takehisa, UEMURA Shuichiro, TAKESHITA Nobuhiro, OTA Takehiro, ARAIDA Tatsuo, YAMAMOTO Msakazu: Management of intrahepatic stones following diversion surgery for congenital choledochal cyst.  Joint Congress of The 6th Biennial Congress of the Asian-Pacific Hepato-Pancreato-Biliary Association(6th A-PHPBA) & The 29th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery(29th JSHBPS),  Yokohama,  2017/06
4. ◎毛利俊彦, 谷口清章, 今西 啓, 堀部文倫, 石多猛志, 平井栄一, 濱野美枝, 片桐 聡: 3cm超の潰瘍を伴うGISTに対して当院で施行したClosed LECSの1例.  第30回日本内視鏡外科学会総会,  京都,  2017/12
5. ◎片桐 聡, 有泉俊一, 小寺由人, 樋口亮太, 大森亜紀子, 山下信吾, 加藤孝章, 谷澤武久, 植村修一郎, 鬼澤俊輔, 濱野美枝, 江川裕人, 新井田達雄, 山本雅一: (ワークショップ19 安全正確な系統的肝癌手術)Glisson一括処理による肝切除は安全正確な検討的肝癌手術である.  第79回日本臨床外科学会総会,  東京,  2017/11
6. ◎有泉俊一, 小寺由人, 山下信吾, 大森亜紀子, 根本 慧, 片桐 聡, 江川裕人, 山本雅一: (パネルディスカッション18 合併症ゼロを目指した手術(肝))合併症や死亡率ゼロの系統的肝切除(高難度肝臓手術)には出血制御と胆汁漏対策が重要である.  第79回日本臨床外科学会総会,  東京,  2017/11
7. ◎片桐 聡, 有泉俊一, 山本雅一: (ワークショップ22 高度進行肝細胞癌の病態と治療(消化器病学会・肝臓学会・消化器外科学会))門脈リ腫瘍栓合併高度進行肝細胞癌に対し外科治療を主軸とした集学的治療.  第59回日本消化器病学会大会・第21回日本肝臓学会大会・第15回日本消化器外科学会大会 (JDDW2017),  福岡,  2017/10
8. ◎倉持英和, 中島豪, 新井田達雄, 山本雅一: 抗EGFR抗体薬で治療された進行大腸癌症例におけるAmphiregulin, Epiregulinの発現量と腫瘍局在部位との関連性の検討.  第15回日本臨床腫瘍学会学術集会,  神戸,  2017/07
9. ◎工藤健司, 成宮孝祐, 矢川陽介, 前田新介, 太田正穂, 山田卓司, 谷口清章, 大木岳志, 大杉治司, 山本雅一: 食道癌後縦隔再建術後の残食道円柱上皮化の経時変化とリスク因子.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢,  2017/07
10. ◎片桐聡, 有泉俊一, 高橋豊, 小寺由人, 大森亜紀子, 山下信吾, 根本慧, 江川裕人, 新井田達雄: 安心・安全な上腹部正中切開法によるドナー右肝切除術.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢,  2017/07
全件表示(15件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者