<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 看護学部成人看護学
 
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


准教授:
   小泉 雅子
   原 三紀子
講師:
   原 美鈴
助教:
   河合 育世
   小林 礼実
   鈴木 香緒理
   那須 実千代
   三浦 美奈子
   峯川 美弥子
■ 概要
1. 組織
教員は10名で、それぞれの専門性を発揮し、教育と研究、社会活動に取り組んでいます。
2. 学部教育
成人看護学では、幅広い年代層にある成人期の対象理解と様々な健康レベルにある人の基本的な看護について教授しています。担当科目は、成人看護概論・各論Ⅰ(健康各期の看護)、各論Ⅱ(専門性の探究)、フィジカルアセスメント等です。成人看護学実習は2・3年次に配置され、教員は根拠に基づいたケアができるよう学生の実習指導に携わっています。4年次には統合のための実習や卒論等を担当しています。
成人看護学以外にも研究方法論、国際看護の講義・演習、学部科目等履修生の研究(卒論)指導や病院の看護師対象のクリニカルコーチ研修等も担当しています。
3. 大学院教育
博士課程前期では、クリティカルケア看護学とがん看護学の2分野において、論文コースとCNSコースを開講しています。この2分野では、39名の修了生を輩出し、うち27名がCNS資格を取得しています。25年度は、クリティカルケア看護分野において38単位の教育課程を申請しました。また、大学院の科目等履修生制度が新設され、社会人6名がこの制度を利用して大学院の開講科目を履修している。
大学院の共通科目として、国際コミニュケーション英語演習、フィジカルアセスメント、コンサルテーションの科目を担当し、認定看護師教育センターにおいても共通科目[相談]を担当しています。
4. 研究活動
それぞれが自らの専門性を発揮して、がん看護、クリティカルケア看護、小児から成人への移行期医療、看護教育・看護管理、難病看護、脳神経看護、食看護、整形外科看護等の領域において研究を行っている。また、国内のみならず国際学会(英国、韓国)での発表も活発に行っている。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 0 0 0 0 0  0 1 0 0  1 3  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 小林 礼実:  心臓の緊急手術を受けた患者の回復意欲の構造.  日本クリティカルケア看護学会誌  13 (3) :113-122 , 2017.10
ページの先頭へ
■ 著書
1. 草柳かほる, 原美鈴, 八幡成美, 池田真理, 石田佐地子, 荻原康子, 神貴子, 佐久間和幸, 佐藤京子, 鈴木朋子, 中野理佳, 西川瑞希, 平間佳明, 松浦志野, 藤江(宮子)あずさ, 森俊昭, 保田江美, 山口紀子, 吉田千鶴, 脇坂明:    迷ったら必見! ナースキャリア 事例でわかる看護職の働き方ガイド  1-193.  東京医学社,  東京, 日本, 2017.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎原三紀子、小長谷百絵、岡田みどり、宮前里香、竹内千鶴子、近藤真樹: 神経難病療養者のこころのケアとして「聴く」ことを考えるー安心して表出できる聴き方ー.  第22回 日本難病看護学会学術集会,  東京、日本,  2017/08
2. ◎宮前里香, 原三紀子, 小長谷百絵, 岡田みどり: 難病体験記から「聴く」ことの重要性を分析する.  第22回 日本難病看護学会学術集会,  東京、日本,  2017/08
3. 草柳かほる, 原美鈴, 山岸紀子、新良啓子、久保貴三子、長沢美智子、岡本恵子: 既卒者の強みを活かす採用-職務経歴書の活用に向けて.  第21回日本看護管理学会学術集会,  神奈川県横浜市,  2017/08
4. ◎浦瀬香子, 岡田みどり, 八木淳二, 三浦美奈子, 那須実千代, 齋藤加代子: 東京女子医科大学人間関係教育における「看護の医療対話実習」10年間の総括.  第49回日本医学教育学会大会,  札幌, 日本,  2017/08
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者