<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 看護学部基礎看護学
 
概要 当該年度の研究費受入状況 当該年度の主催学会・研究会
学会発表


教授:
   守屋 治代
准教授:
   菊池 昭江
   見城 道子
講師:
   加藤 京里
助教:
   小宮山 陽子
   北條 由佳
■ 概要
1.看護における「安楽」の概念の明確化
「安全」・「安楽」・「自立」は看護の基本概念である。その中でも看護実践者が考える「安楽」の概念を探求する。
2.ナイチンゲール看護思想を基盤とした看護人間学の構築
ナイチンゲール看護思想のもつ宗教観・自然観・科学観を読解しつつ、看護人間学の構築を図る。
3.看護師の職務上の自律性
新人看護師から高度な看護を実践する専門職業人に至るまでの職業経歴において、専門職としての自律性がどのように形成され変容していくのかを探索している。
4.臨床実践におけるナイチンゲールの「三重の関心」の可能性
複雑さを増す臨床実践において即時の判断を求められる看護師の経験をナイチンゲールの「三重の関心」の視点で分析し、「三重の関心」の現代における可能性を検討する
5.看護師の実践とIPW(Interprofessional Work)
看護師の実践をIPW(多職種連携実践)の観点を踏まえて検討し、保健医療福祉連携実践に向けたIPE(Interprofessional Education)を模索する
6.看護技術の効果の検証
臨床でよく実施される看護技術であっても、心身に働きかける機序や効果はまだ明確になっていないものが多くある。健康な成人を対象とした実験研究や、臨床における介入研究を通して、主に温罨法の効果を検証している。
7.看護師(看護学生)が見いだしていく看護
看護師は看護という仕事を通して、人間的な成長を続けていくと考える。一人ひとりの看護師が自分の経験を意味づけすること、自分なりの看護を見いだしていくことに関心がある。
8.生命と死の把握に関する歴史的検討
医療技術が急速に進展した現代における生命や死の把握を再考するために、人間の生と死に関わる諸概念を歴史的な視点から検討する。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  文科科研費 研究活動スタート支援  (研究課題番号:16H07224)
 研究課題:入院患者に対する温かくて気持ちいい看護の効果―効果モデルとケア評価表の開発―  (研究代表者:加藤京里)
 研究補助金:500,000円  (代表)
ページの先頭へ
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  東京女子医科大学看護学会第13回学術集会    2017/10
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 0  0 0 0 0  1 3  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎細野恵子, 菱沼典子, 縄秀志, 加藤木真史, 吉良いずみ, 田中美智子, 丸山朱美, 加藤京里, 矢野理香, 平澤ちよみ, 塚越みどり: 排便パターン分類フローチャート改訂版の妥当性に関する検討.  日本看護技術学会第16回学術集会,  日本赤十字看護大学(東京都渋谷区),  2017/10
2. 加藤木真史, 加藤京里, 吉良いずみ, 久賀久美子, 田中美智子, 塚越みどり, 縄秀志, 菱沼典子, 細野恵子, 丸山朱美, 矢野理香: 使ってみませんか?排便パターン分類フローチャートー2週間のデータに基づき排便状況をアセスメントする―.  日本看護技術学会第16回学術集会,  日本赤十字看護大学(東京都渋谷区),  2017/10
3. ◎加藤京里: 温かくて気持ちいい看護技術の効果ー看護師へのアンケート調査―.  一般社団法人日本看護研究学会第43回学術集会,  日本福祉大学東海キャンパス(愛知県東海市),  2017/08
4. 小宮山陽子: 「統合性」概念の歴史的検討-現代の生と死の再考に向けて-.  日本科学史学会第64回年会,  香川大学(香川県高松市),  2017/08
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者