<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 東医療センター 骨盤底機能再建診療部
 
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   巴 ひかる
■ 概要
特徴
腹圧性尿失禁、過活動膀胱、骨盤臓器脱、間質性膀胱炎などを始めとする下部尿路疾患に対し、最先端の診療と治療を行っています。
男性の下部尿路疾患である前立腺肥大症、前立腺癌、前立腺癌術後尿失禁に対しても、最適な薬物療法や手術療法を行っています。
優れた医療技術
腹圧性尿失禁に対する中部尿道スリング手術であるTVT手術、TOT手術。
骨盤臓器脱(膀胱瘤、子宮脱、直腸瘤、膣断端脱など)に対するメッシュを利用した骨盤底形成術であるTVM手術および腹腔鏡下仙骨膣固定術。
間質性膀胱炎に対する診断と、麻酔下膀胱水圧拡張術、経尿道的潰瘍凝固術。
前立腺癌術後の男性腹圧性尿失禁に対する人工尿道括約筋植え込み術。
神経因性膀胱に対するウロダイナミック・スタディーを用いた診断と治療。
など、排尿機能を中心としたQOL疾患に対して、日本はもちろん世界的にも最高の治療を提供しています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 2 0 0 0  0 0 0 1  4 1  2 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 山下かおり, 巴ひかる:  尿道疾患(尿道憩室、尿道カルンクル、尿道脱).  泌尿器外科  30 (臨時増刊) :741-743 , 2017.5
その他
1. 巴ひかる:  女性の尿失禁~診断と治療~.  東京都医師会雑誌  70 (6) :27-31 , 2017.7
ページの先頭へ
■ 著書
1. TOMOE Hikaru:  surgery for urinary incontinence in women.  INCONTINENCE 6th Edition 2017  1741-1854.  ICS,  England, 2017
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎TOMOE Hikaru: Overactive Bladder/RESOLVED STRESS AND URGE INCONTINENCE IN WOMEN WITH MUI AFTER MID-URETHRAL SLING SURGERY BASED ON VARIABLE POSITIONING URODYNAMIC EVALUATION.  International Continence Society 2017,  Florence Italy,  2017/09
2. ◎TOMOE Hikaru: Salvage treatment for failed SUI surgery.  The 12th Pan-Pacific Continemce Society Meeting,  Seoul Korea,  2017/09
3. ◎巴ひかる: 尿失禁の今日的治療-これだけは見逃さない!-.  第19回日本女性骨盤底医学会,  福井県,  2017/07
4. ◎巴ひかる: 卒後教育プログラム(ビデオ講習)47  女性泌尿器科診療のアップデート.  第105回日本泌尿器科学会総会,  鹿児島,  2017/04
5. ◎巴ひかる: 【24】 女性泌尿器科診療のアップデート.  第105回日本泌尿器科学会総会,  鹿児島,  2017/04
6. ◎巴ひかる: 腹圧性尿失禁治療の最近のトピックス 〜ICI 2016 女性の尿失禁手術からの報告〜.  第105回日本泌尿器科学会総会,  鹿児島,  2017/04
7. ◎水谷一夫, 伊藤文夫, 小針悠希, 剣木崇文, 巴ひかる, 合谷信行, 中澤速和: 肉腫様変化を伴った透析腎癌症例の検討.  第105回日本泌尿器科学会総会,  鹿児島,  2017/04
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者