<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 東医療センター 泌尿器科
 
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   近藤 恒徳
准教授:
   中澤 速和
講師:
   伊藤 文夫
助教:
   剣木 崇文
   橘 秀和
   土岐 大介
   水谷 一夫
■ 概要
当泌尿器科は東京女子医科大学泌尿器科の主要教育施設の一つであり,教室の理念は患者中心の医療,世界標準の医療の提供、全人的に患者に対応できる泌尿器科専門医の育成である。城東地区の中核病院として泌尿器疾患全般の地域医療に貢献するとともに,大学附属病院として高い専門性をいかした治療を行っている。また女性医師による女性泌尿器疾患の診療は実績があり充実している。2010年3月に骨盤底機能再建診療部を立ち上げ、排尿機能障害、骨盤内臓器脱などに積極的に診断、治療を行っている。最近の年間手術件数は400~450件であり、現スタッフの専門分野を生かし腎尿路悪性腫瘍、前立腺疾患、女性泌尿器疾患の手術件数の多いこと、また腹腔鏡手術、経尿道的内視鏡手術の多いことが特徴である。そのほか血液浄化室の管理を腎臓内科と共同で行い,腎不全の治療,透析の外科的合併症の治療を行っている。
おもな研究領域:腎尿路悪性腫瘍とくに腎癌に対する臨床的研究を中心に行っている。腎癌、腎腫瘍に対する診断、治療:低侵襲手術として腹腔鏡下手術、腎機能温存手術の検討。進行性腎癌に対する集学的治療。尿路上皮腫瘍に対する癌化学療法。など。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 1 1 0 5 2  0 0 0 0  16 44  0 2  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. ISHIHARA Hiroki, KONDO Tsunenori*, YOSHIDA Kazuhiko, OMAE Kenji, TAKAGI Toshio, IIZUKA Junpei, TANABE Kazunari:  Effect of systemic inflammation on survival in patients with metastatic renal cell carcinoma receiving second-line molecular-targeted therapy.  Clinical genitourinary cancer  15 (4) :495-501 , 2017.10
2. ISHIHARA Hiroki, KONDO Tsunenori*, YOSHIDA Kazuhiko, OMAE Kenji, TAKAGI Toshio, IIZUKA Junpei, TANABE Kazunari:  Evaluation of preoperative aspartate transaminase/alanine transaminase ratio as an independent predictive biomarker in patients with metastatic renal cell carcinoma undergoing cytoreductive nephrectomy: A propensity score matching study.  Clinical genitourinary cancer  15 (5) :598-604 , 2017.10
3. ISHIHARA Hiroki, KONDO Tsunenori*, YOSHIDA Kazuhiko, OMAE Kenji, TAKAGI Toshio, IIZUKA Junpei, TANABE Kazunari:  Preoperative controlling nutritional status (CONUT) score as a novel predictive biomarker of survival in patients with localized urothelial carcinoma of the upper urinary tract treated with radical nephroureterectomy.  Urologic oncology  35 (9) :539.e9-539.e16 , 2017.9
4. OMAE Kenji, FUKUMA Shingo, IKENOUE Tatsuyoshi, KONDO Tsunenori, TAKAGI Toshio, ISHIHARA Hiroki, TANABE Kazunari*, FUKUHARA Shunichi:  Effect of ABO blood type on the outcomes of patients with metastatic renal cell carcinoma treated with first-line tyrosine kinase inhibitors.  Urologic oncology  35 (9) :540.e7-540.e12 , 2017.9
5. ISHIHARA Hiroki, KONDO Tsunenori*, YOSHIDA Kazuhiko, OMAE Kenji, TAKAGI Toshio, IIZUKA Junpei, TANABE Kazunari:  Time to progression after first-line tyrosine kinase inhibitor predicts survival in patients with metastatic renal cell carcinoma receiving second-line molecular-targeted therapy.  Urologic oncology  35 (9) :542.e1-542.e9 , 2017.9
6. FUKUDA Hironori, KONDO Tsunenori*, TAKAGI Toshio, IIZUKA Junpei, NAGASHIMA Yoji, TANABE Kazunari:  Limited benefit of targeted molecular therapy for inferior vena cava thrombus associated with renal cell carcinoma.  International Journal of Clinical Oncology  22 (4) :767-773 , 2017.8 Link
7. ISHIHARA Hiroki, KONDO Tsunenori*, TANABE Kazunari:  Evaluation of first-line sorafenib treatment for metastatic renal cell carcinoma in kidney transplant patients: A single-center experience with four cases.  Therapeutic Apheresis and Dialysis  21 (4) :414-423 , 2017.8
8. 近藤恒徳*:  上部尿路癌に対する開腹手術によるリンパ節郭清の成績とその意義.  Japanese Journal of Endourology and ESWL  30 (1) :2-8 , 2017.4
総説及び解説
1. 長嶋洋治*、山本彩、中島怜子, 森田賢, 福田洋典、高木敏男、近藤恒徳:  腎細胞癌病理分類の変遷とWHO2016の改訂点.  画像診断  37 (14) :in press , 2017.12
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎HATA Keisuke, IIZUKA Junpei, HASHIMOTO Yasunobu, KOBAYASHI Hirohito, TAKAGI Toshio, KONDO Tsunenori, TANABE Kazunari: Prostate imaging reporting and data system score before prostate biopsy can predict biochemical recurrence in patients with prostate cancer treated with radiotherapy.  The International Section of Taiwan Urological Association Conference,  Kaohsiung, TAIWAN,  2017/08
2. ◎UNAGAMI Kohei, OKUMI Masayoshi, HIRAI Toshihito, TOKI Daisuke, SHIRAKAWA Hiroki, SHIMIZU Tomokazu, OMOTO Kazuya, INUI Masashi, ISHIDA Hideki, NITTA Kosaku, TANABE Kazunari: Once-daily versus twice-daily tacrolimus in living kidney transplantation: A Multicenter,
parallel group, open-label, 5-year, randomized non-inferiority trial.  2017 American Transplant Congress,  Chicago, USA,  2017/05
3. ◎橘秀和: 単腎患者の腎腫瘍に対するロボット補助下腎部分切除術の妥当性についての検討.  第31回日本泌尿器内視鏡学会総会,  徳島,  2017/11
4. ◎長嶋洋治, 福田洋典、高木敏男, 近藤恒徳, 矢尾正祐、田邉一成: 腎細胞癌の病理:WHO2016 (臓器別シンポジウム12 : 「それぞれの癌」:診断・治療の現状と展望 -腎癌-).  第55回日本癌治療学会学術集会,  横浜市,  2017/10
5. ◎羽田圭佑, 飯塚淳平, 橋本恭伸, 小林博人, 高木敏男, 近藤恒徳, 田邉一成: 脈管浸潤(LVI)は前立腺癌術後生化学的再発の予測因子である.  第82回日本泌尿器科学会東部総会,  東京,  2017/09
6. ◎橘秀和, 高木敏男, 近藤恒徳, 田邉一成: 腎部分切除術での術式、阻血方法の違いによる急性腎障害の発症頻度の比較検討.  第82回日本泌尿器科学会東部総会,  品川,  2017/09
7. ◎近藤恒徳: 高難度への適応拡大とそのポイント.  第82回日本泌尿器科学会東部総会,  東京,  2017/09
8. ◎近藤恒徳: 本邦における転移性腎癌治療の現状.  第82回日本泌尿器科学会東部総会,  東京,  2017/09
9. ◎高山智裕, 高木敏男, 吉田一彦, 飯塚淳平, 奥見雅由, 石田英樹, 近藤恒徳, 田邉一成: 慢性腎臓病患者と非慢性腎臓病患者の腎細胞癌に対するロボット支援腹腔鏡下腎部分切除術後の腎機能の推移の比較検討.  第82回日本泌尿器科学会東部総会,  東京,  2017/09
10. ◎高木敏男, 近藤恒徳, 吉田一彦, 飯塚淳平, 小林博人, 奥見雅由, 石田英樹, 田邉一成: 経腹アプローチによるロボット支援腎部分切除術の腫瘍位置による術直後腎機能の比較検討.  第82回日本泌尿器科学会東部総会,  東京,  2017/09
全件表示(62件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者