<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 東医療センター 眼科
 
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   須藤 史子
准教授:
   三村 達哉
講師:
   亀井 裕子
助教:
   五嶋 摩理
   小栗 真美
   近藤 亜紀
   吉田 麻衣子
■ 概要
第一線病院としての一般眼科に加え、眼感染症や慢性疾患を中心とした専門外来を設けている。
第一線病院としての一般眼科に加え、眼感染症や慢性疾患を中心とした専門外来を設け、 各々がその特徴を生かした治療を行っている。手術は白内障、角膜、網膜、硝子体、 涙道、緑内障について積極的に行っている他に、眼瞼手術など眼形成にも実績をあげており、不正乱視眼への特殊レンズ処方(オルソケラトロジー)など最先端医療も行っている。地域に根ざした総合的、専門的診療を目指し、取り組んでいる。特殊外来としては、ブドウ膜外来、斜視弱視外来、網膜硝子体外来、眼形成外来、緑内障外来、電気生理外来などがある。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 4 0 1 0 0 0  0 0 0 0  3 4  0 0  0 3
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 小栗 真美, 太刀川 貴子, 亀井 裕子, 三村 達哉, 松原 正男:  外転神経麻痺が初発症状であった胆管癌の脳転移の1例.  臨床眼科  71 (4) :515-521 , 2017.4
総説及び解説
1. 須藤史子:  【糖尿病網膜症】白内障手術と糖尿病網膜症.  Diabetes Frontier  28 (3) :314-318 , 2017.6
2. 須藤史子:  新しい検査機器の読み方 光学式眼軸長測定装置ARGOS.  IOL&RS  31 (2) :300-304 , 2017.6
3. 須藤史子:  【付加機能つき眼内レンズ】わかりやすい臨床講座 多焦点眼内レンズ処方のコツ.  日本の眼科  88 (6) :700-705 , 2017.6
その他
1. 三村達哉:  【花粉や黄砂に対する洗眼と防御の役割】 洗眼とアレルゲン除去.  アレルギーの臨床  37 (6) :539-543 , 2017.6
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎安里晶, 丸子一郎, 丸子一朗, 荒川久弥, 長谷川泰司, 古泉英貴, 飯田知弘: 光干渉断層血管撮影で検出された非滲出性脈絡膜新生血管の蛍光眼底造影所見.  第71回臨床眼科学会,  東京,  2017/10
2. ◎須藤史子, 奥村恵美子, 蛭田恵理, 小林千紘: 新しいBarrett式と従来のSRK/T式、Haigis式との術後成績比較.  第71回臨床眼科学会,  東京,  2017/10
3. ◎三村達哉, 亀井裕子, 吉田麻衣子, 近藤亜紀, 飯田倫子, 小栗真美, 須藤史子: アレルギー性結膜炎患者における真菌特異的IgG.  第51回日本眼炎症学会,  大阪,  2017/07
4. ◎小栗真美, 三村達哉, 亀井裕子, 近藤亜紀, 吉田麻衣子, 飯田倫子, 須藤史子: イヌ特異的IgGとアレルギー性結膜炎重症度との関係.  第51回日本眼炎症学会,  大阪,  2017/07
5. 小林千尋, 島村恵美子, 蛭田恵理, 河野泰三, 須藤史子: 光学式眼軸長測定装置ALADDINとIOLMaster500の比較.  第32回JSCRS[学術総会,  福岡,  2017/06
6. 三村達哉、亀井裕子、吉田麻衣子、近藤亜紀、小栗真美、深山杏里,飯田倫子、須藤史子: 加齢黄斑変性における抗VEGF 硝子体注射後の前房水中VEGF 関連分子の変動.  第201回日本眼科学会総会,  東京、東京国際フォーラム,  2017/04
7. 山崎健一朗 、木本龍太 、柴田優子、米山潤子 、稲垣美穂、林孝彦、三村達哉: 核の融解した過熟白内障に対するフェムトセカンドレーザー白内障手術の有効性の検討.  第201回日本眼科学会総会,  東京、東京国際フォーラム,  2017/04
8. 亀井裕子: 角膜ヘルペス/アカントアメーバ―角膜炎.  第11回角結膜疾患診療ナビ学術講演会,  東京ソラシティカンファレンスセンター,  2017/11
9. 須藤史子: 多焦点IOLの患者選択と術後管理.  第2回川の手眼科カンファレンス,  東京,  2017/11
10. 須藤史子: 白内障手術~プレミアム眼内レンズはこう使う、こう活かす~.  第6回城北眼科フォーラム,  東京野村コンファレンスプラザ,  2017/10
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者