<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度 | 2018年度 次 >>>
 東医療センター
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   内潟 安子
■ 概要
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 21 0 0 3  0 2 0 0  0 1  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 内潟安子:  新しいインスリンポンプ:インスリンパッチポンプ-日本製インスリンパッチポンプが登場.  Diabetes Journal:糖尿病と代謝  46 (1) :46-49 , 2018.3
2. 内潟安子:  全ての患者は、自分の中に自分自身の医者を持っている -アルバート・シュバイツァー-.  臨牀と研究  95 (3) :5-6 , 2018.3
3. 内潟安子:  「食べる」ということ.  糖尿病の最新治療ー Current Diabetology  9 (2) :88-89 , 2018.2
4. Ogata M, Iwasaki N, Ide R, Takizawa M, Tanaka M, Tetsuo T, Sato A, Uchigata Y:  Role of vitamin D in energy and bone metabolism in postmenopausal women with type 2 diabetes mellitus: A 6-month follow-up evaluation.  Journal of Diabetes Investigation  9 (1) :211-222 , 2018.1
5. 内潟安子:  編集委員が選ぶ My Best Article.  糖尿病診療マスター  15 (12) :1019-1019 , 2017.12
6. 柳沢慶香, 神原美沙, 田中紗代子, 鈴木智子, 佐藤麻子, 内潟安子:  妊娠前カウンセリングを受けた糖尿病女性の.  東京女子医科大学雑誌  87 (Suppl2) :182-186 , 2017.11
7. 高池浩子, 三浦順之助, 樋口亮太, 山本雅一, 内潟安子:  膵管内乳頭粘液性腫瘍(IPMN)術後の糖代謝の経過についての検討.  東京女子医科大学雑誌  87 (Suppl2) :192-197 , 2017.11
8. 廣田尚紀, 中神朋子, 大屋純子, 砂金知里, 栗田守敏, 田中祐希, 長谷川夕希子, 伊藤新, 廿楽麗香, 吉田直史, 内潟安子:  肥満合併2型糖尿病患者へのSGLT2阻害薬の追加治療に関する短期効果.  東京女子医科大学雑誌  87 (Suppl2) :239-245 , 2017.11
9. 五月女浩子, 三浦順之助, 保科早里, 内潟安子:  持続糖濃度測定装置(CGMS)を用いた1型糖尿病患者における重症無自覚低血糖のリスクの検討.  東京女子医科大学雑誌  87 (Suppl2) :254-260 , 2017.11
10. 滝澤美保, 岩﨑直子, 尾形真規子, 井出理沙, 富岡光枝, 内潟安子:  DPP-4阻害薬併用の臨床的有用性を評価したMODY3の2例.  東京女子医科大学雑誌  87 (Suppl2) :E269-E276 , 2017.11
全件表示(19件)
総説及び解説
1. 内潟安子:  正しく指示する食事指導・食事療法 小児・思春期糖尿病.  小児科  58 (12) :1473-1481 , 2017.11
2. 尾形真規子, 井出理沙, 富岡光枝, 滝澤美保, 岩﨑直子, 内潟安子:  糖尿病の合併症としての骨粗鬆症.  東京女子医科大学雑誌  87 (Suppl2) :142-153 , 2017.11
3. 内潟安子:  インスリン自己免疫症候群との出会い・若い糖尿病患者さんとの出会い.  東京女子医科大学雑誌  87 (4) :8995-8995 , 2017.8
4. 三浦順之助, 内潟安子:  糖尿病の日本人特異性~日本的糖尿病学の確率へ~日本人1型糖尿病の特異性ー臨床像の違いからみえる背景因子ー.  月刊糖尿病  9 (6) :30-40 , 2017.6
5. 柳澤慶香, 内潟安子:  1 型糖尿病の妊婦,劇症1 型糖尿病とは.  内科  119 (1) :77-79 , 2017
ページの先頭へ
■ 著書
1. 内潟安子, 柳澤慶香:  §10-31妊娠糖尿病.  1336専門家による私の治療2017-2018年版  783-784.  日本医事新報社,  東京, 日本, 2017.7
2. 内潟安子:  セミナーⅠ病態に応じたインスリンによる治療 発言3シックデイと低血糖からみた糖尿病とそれへの対応とは.  病状・病態に応じたシームレスな管理・治療 -病型と合併症併発に応じた適切な対応-(糖尿病UP・DATE賢島セミナー2016)  40-49.  メディカル・ジャーナル社,  東京, 2017.6
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎田中伸枝, 馬場園哲也, 入村泉, 花井豪, 渕之上昌平, 田邉一成, 内潟安子: 腎移植を施行された1型および2型糖尿病患者における腎および生命予後の比較.  第62回日本透析医学会学術集会・総会,  横浜,日本,  2017/06
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者