<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 消化器内視鏡科
 
概要 当該年度の研究費受入状況 学会発表


教授:
   中村 真一
講師:
   岸野 真衣子
■ 概要
消化器内視科
食道、胃、小腸、大腸、そして肝臓、胆嚢、膵臓までの病気の内科診療を担当しており、消化器病に関する病気の予防、診断、治療などの内科診療とともに、病気の成因や病態の解明のための基礎的な研究から、新しい診断法や治療法の開発などの臨床研究まではばひろく取り組んでいます。

研究
消化器内科学、上部・下部消化管疾患、肝臓病、膵臓病、胆道疾患などの病態解明と新しい診断法や治療法の確立。消化器癌の化学療法、病態栄養学、疫学研究等。肝炎ウイルス、がんの遺伝子分析など臨床に直結した診断や治療成績の向上につながる高い成果をあげています。エコーをはじめとする画像診断学、消化器内視鏡学、消化器病理学に力をいれています。

消化器病センター
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 0  0 0 0 0  0 6  0 1  0 1
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎OMORI Teppei, ITO Ayumi, YONEZAWA Maria, MURASUGI Shun, KANBAYASHI Harutaka, HARA Toshifumi, KASHIWAGI Hiroyuki, NAKAMURA Shinichi, TOKUSHIGE Katsutoshi: Innovation Used Improve the Correlation between fecal Occult Blood Test and Endoscopy as an Alternnative for Monitoring of Ulcerative Colitis.  The 5th Annual Meeting of Asian Organization for Crohn's & Colitis (AOCC2017),  Korea,  2017/06
2. ◎伊藤亜由美, 中村真一, 徳重克年, 大森鉄平, 米澤麻利亜: Rectal sparingを有する難治性潰瘍性大腸炎について.  第93回日本消化器内視鏡学会総会,  大阪,  2017/05
3. ◎赤尾潤一, 高山敬子, 木下普紀子, 岡野奈央, 長尾健太, 徳重克年, 中村真一, 樋口亮太, 山本雅一, 塩賀太郎, 宮澤志朗, 鈴木大輔, 小松達司: 悪性胆道狭窄の診断におけるTrefleの有用性.  第93回日本消化器内視鏡学会総会,  大阪,  2017/05
4. ◎村杉瞬, 神林敬悟, 原敏文, 柏木宏幸, 伊藤亜由美, 大森鉄平, 米澤麻利亜, 中村真一, 徳重克年: 原発性硬化性胆管炎を合併した大腸炎の検討.  第93回日本消化器内視鏡学会総会,  大阪,  2017/05
5. ◎米澤麻利亜, 飯塚文瑛, 村杉瞬, 神林玄隆, 柏木宏幸, 原敏文, 伊藤亜由美, 大森鉄平, 中村真一, 徳重克年: 潰瘍性大腸炎関連大腸癌の危険因子の検討.  第93回日本消化器内視鏡学会総会,  大阪,  2017/05
6. ◎神林玄隆, 大森鉄平, 飯塚文瑛, 村杉瞬, 柏木宏幸, 原敏文, 伊藤亜由美, 米澤麻利亜, 中村真一, 徳重克年: 当院におけるパテンシーカプセルのCoating膜遺残の現状.  第103回日本消化器病学会学術集会,  東京,  2017/04
7. ◎大森鉄平, 中村真一, 徳重克年: クローン病におけるパテンシーカプセルの現状.  第103回日本消化器病学会学術集会,  東京,  2017/04
8. ◎小林亜也子, 岸野真衣子, 久礼里江, 日向有紀子, 山本浩隆, 山本果奈, 中村真一, 徳重克年: アスピリン喘息患者に発症した好酸球性十二指腸炎の1例.  日本消化器病学会関東支部第344回例会,  東京,  2017/05
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者