<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 消化器内科
 
概要 当該年度の研究費受入状況 社会における活動
学術雑誌 著書 学会発表


教授:
   徳重 克年
   橋本 悦子
准教授:
   清水 京子
   谷合 麻紀子
   鳥居 信之
助教:
   小木曽 智美
   高山 敬子
   赤尾 潤一
   味原 隆大
   天野 覚美
   五十嵐 悠一
   伊藤 亜由美
   今村 亜也子
   潮 靖子
   大塚 奈央

   大森 鉄平
   貝瀬 智子
   柏木 宏幸
   桂 英之
   加藤 博士
   金田 浩幸
   児玉 和久
   小西 洋之
   塩賀 太郎
   篠崎 幸子

   城 里穂
   鈴木 大輔
   鈴木 智彦
   高崎 朋子
   高橋 麻依
   田原 純子
   千嶋 さやか
   長尾 健太
   成冨 琢磨
   野登 はるか

   橋本 果奈
   久田 生子
   福屋 裕嗣
   星野 容子
   松本 亮
   水野 謙治
   宮方 千春
   森下 慶一
   門前 正憲
   山本 浩隆

   米澤 麻利亜
■ 概要
消化器内科講座概要
食道、胃、小腸、大腸、そして肝臓、胆嚢、膵臓までの病気の内科診療を担当しており、消化器病に関する病気の予防、診断、治療などの内科診療とともに、病気の成因や病態の解明のための基礎的な研究から、新しい診断法や治療法の開発などの臨床研究まではばひろく取り組んでいます。

研究
消化器内科学、上部・下部消化管疾患、肝臓病、膵臓病、胆道疾患などの病態解明と新しい診断法や治療法の確立。消化器癌の化学療法、病態栄養学、疫学研究等。肝炎ウイルス、がんの遺伝子分析など臨床に直結した診断や治療成績の向上につながる高い成果をあげています。エコーをはじめとする画像診断学、消化器内視鏡学、消化器病理学に力をいれています。

消化器病センター
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  HASHIMOTO Etsuko The 2nd Myongji International Liver Sympojium NAFLD/NASH in Asian-Pacific regions as compared with that in Western countries
2.  岸野真衣子 第3回消化器疾患–診断と治療の最前縁 (SessionⅠ)胃がん予防時代の現況報告–ピロリ撲滅対策、内視鏡検診について–
3.  岸野真衣子,原田直彦 第3回女性内視鏡医のキャリアサポートを目指した教育研修体制確立に関する研究会 (セッション1 女性内視鏡医のニーズとキャリアサポート体制を考える)座長
4.  岩切勝彦,橋本悦子 第20回日本高齢消化器病学会総会 (Young Investigator session2)司会
5.  橋本悦子 HCV Expert seminar 座長
6.  橋本悦子 Meet the International Specialist 座長
7.  橋本悦子 第24回肝臓の耳よりな症例を検討する会 座長
8.  橋本悦子 第2回肝臓と肥満を考える会 (特別講演)糖尿病と脂肪肝の診断と治療
9.  橋本悦子 第33回吉岡弥生記念講演会(第356回東京女子医科大学学会例会) (平成28年度(第55回)吉岡弥生研究奨励賞受賞者研究発表)座長
10.  橋本悦子 第53回日本肝臓学会総会 (男女共同参画委員会特別企画 女性活躍推進法施行を受けてⅡ)閉会の辞
全件表示(40件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 6 0 8 1 0 0  0 1 0 0  44 18  12 3  9 4
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 塩賀太郎, 高山敬子, 田原純子, 長尾健太, 清水京子, 徳重克年:  重症急性膵炎に対する経鼻胃管チューブ下早中期経腸栄養療法の有用性.  膵臓  32 (5) :806-811 , 2017.10
2. KOGISO Tomomi, EGAWA Hiroto*, TERAMUKAI Satoshi, TANIAI Makiko, HASHIMOTO Etsuko, TOKUSHIGE Katsutoshi, SAKISAKA Shotaro, SAKABAYASHI Satomi, YAMAMOTO Msakazu, UMESHITA Koji, UEMOTO Shinji:  Risk factors for recurrence of primary biliary cholangitis after liver transplantation in female patients: A Japanese multicenter retrospective study.  Hepatology Communications  1 (5) :394-405 , 2017.7
3. 片桐 聡, 山下信吾, 米田五大, 五十嵐悠一, 大森亜紀子, 加藤孝章, 根本 慧, 小寺由人, 有泉俊一, 江川裕人, 新井田達雄, 徳重克年, 山本雅一:  3cm未満肝細胞癌に対する肝切除VS経皮的焼灼療法の検証.  Journal of Microwave Surgery  35 (2) :1-6 , 2017
総説及び解説
1. 中村真一:  指導施設における女性内視鏡医のキャリアサポート体制に関するアンケート調査結果.  Gastroenterological Endoscopy  59 (11) :2640-2646 , 2017.11
2. 鳥居信之:  (特集 門脈圧亢進症治療の進歩)胃静脈に対するB-RTO(balloon-occluded retrograde transvenous obliteration)の適応と実際.  消化器・肝臓内科  2 (5) :558-561 , 2017.11
3. 岸野真衣子, 久礼里江, 日向有紀子, 小林亜也子, 山本浩隆, 山本果奈, 中村真一, 徳重克年:  (特集 アルコールと消化器疾患)アルコールと消化管出血.  消化器・肝臓内科  2 (2) :198-203 , 2017.8
4. 徳重克年:  (特集 ガイドラインには書いていない「肝炎・肝がん診療の最近の問題点」)NASHと脂肪肝の鑑別.  肝臓クリニカルアップデート  3 (1) :47-52 , 2017.5
5. 小木曽智美:  (特集 消化器内科医が知っておくべき肝臓移植)肝移植後の抗ウイルス治療.  消化器・肝臓内科  1 (5) :558-568 , 2017.5
6. 橋本悦子, 谷合麻紀子:  (特集 NAFLD/NASHの病因・病態・治療)NAFLD/NASHの病態・診断.  日本医事新報  (4849) :34-42 , 2017.4
症例報告
1. 日向有紀子, 岸野真衣子, 山本浩隆, 久礼里江, 小林亜也子, 山本果奈, 中村真一, 徳重克年:  蛋白漏出性胃腸症の2例.  消化と吸収  39 (2) :137-144 , 2017.5
その他
1. 徳重克年:  非ウイルス性肝癌の現状と治療戦略.  CLINICIAN  64 (8・9) :834-839 , 2017.9
2. 山本浩隆:  (図説「胃と腸」所見用語集2017)稜線状発赤.  胃と腸  52 (5) :575 , 2017.5
3. 小林亜也子, 中村真一:  (図説「胃と腸」所見用語集2017)たこいぼ状隆起.  胃と腸  52 (5) :576 , 2017.5
4. 久礼里江, 中村真一:  (図説「胃と腸」所見用語集2017)ロサンゼルス分類.  胃と腸  52 (5) :708-709 , 2017.5
5. 日向有紀子, 中村真一:  (図説「胃と腸」所見用語集2017)食道裂孔ヘルニア.  胃と腸  52 (5) :717 , 2017.5
ページの先頭へ
■ 著書
1. 山本国子, 徳重克年:  9.NAFLD・NASH.  肝疾患マニュアル–ガイドラインを理解し、応用する  73-78.  南江堂,  東京, 2017.6
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎ITO Ayumi, OMORI Teppei, TOKUSHIGE Katsutoshi: Clinical characteristic of rectal-sparing ulcerative colitis.  25th United European Gasrtoenterology Week (25th UEG Week),  Barcelona, Spain,  2017/10
2. ◎ITO Ayumi, OMORI Teppei, TOKUSHIGE Katsutoshi: Relationship between clinical course of ulcerative colotis(UC) during pregnancy and outcomes of pregnancy: a retrospective evalution study.  25th United European Gasrtoenterology Week (25th UEG Week),  Barcelona, Spain,  2017/10
3. ◎MURASUGI Shun, ITO Ayumi, KAMBAYASHI Harutaka, YONEZAWA Maria, OMORI Teppei, TOKUSHIGE Katsutoshi: Study of ulcerative colitis complicated by primary sclerosing cholangitis.  25th United European Gasrtoenterology Week (25th UEG Week),  Barcelona, Spain,  2017/10
4. ◎IKARASHI Yuichi, TANIAI Makiko, KOBAYASHI Mutsuki, YAMAMOTO Kuniko, KODAMA Kazuhisa, KOGISO Tomomi, TORII Nobuyuki, HASHIMOTO Etsuko, TOKUSHIGE Katsutoshi: The characteristic feature of Japanese ptients with alcoholic liver disease from the view of complicated obesty or sarcopenia.  The Liver Meeting 2017,  Washington,  2017/10
5. ◎KAWAGUCHI Takumi, TOKUSHIGE Katsutoshi, HYOGO Hideyuki, AKITA Hiroshi, NAKAJIMA Tomoaki, ONO Masafumi, KAWABAKA Miwa, SAWADA Koji, IMAJO Kento, HONDA Koichi, TAKAHASHI Hirokazu, MORI Kohjiroh, TANAKA Saiyu, SEKO Yuya, NOZAKI Yuichi, KAMADA Yoshihiro, FUJII Hideki, KAWAGUCHI Atsushi, TAKEHARA Tetsuo, YANASE Mikio, SUMIDA Yoshio, EGUCHI Yuichiro, SEIKE Masataka, YONEDA Masato, SUZUKI Yasuaki, SAIBARA Toshiji, KARINO Yoshiyasu, CHAYAMA Kazuaki, HASHIMOTO Etsuko, Jacob George, TORIMURA Takuji: A Novel Prognostic Algorithm for Patients with NAFLD-related Hepatocellular Carcinoma: A Nationwide Data-mining Analysis by Japan Study Group df NAFLD.  The Liver Meeting 2017,  Washington,  2017/10
6. ◎KOGISO Tomomi, KOBAUASHI Mutsuki, YAMAMOTO Kuniko, IKARASHI Yuichi, KODAMA Kazuhisa, TANIAI Makiko, TORII Nobuyuki, HASHIMOTO Etsuko, TOKUSHIGE Katsutoshi: Analysis of biomarkaers predictive of fibrosis progression patients with fontan associated liver.  The Liver Meeting 2017,  Washington,  2017/10
7. ◎TANIAI Makiko, HASHIMOTO Etsuko, KOBAYASHI Mutsuki, YAMAMOTO Kuniko, IKARASHI Yuichi, KODAMA Kazuhisa, KOGISO Tomomi, TORII Nobuyuki, TOKUSHIGE Katsutoshi: Immunohistochemical detection of markers for hepatic adenoma in steatohepatitic hepatocellular carcinoma.  The Liver Meeting 2017,  Washington,  2017/10
8. ◎EGAWA Hiroto, YAMASHINA Sachi, KOGISO Tomomi, NEMOTO Satoshi, YAMASHITA Shingo, OMORI Akiko, KOTERA Yoshihito, YAMAMOTO Msakazu: Effect of conversion to long acting tacrolimus on renal function in long-term-followed patients after liver transplantation.  18th Congress og the European Society for Organ Transplantation,  Barcelona, Spain,  2017/09
9. ◎HASHIMOTO Etsuko: (Symposium2 Current Advances in Nonalcoholic Fatty Liver Disease)Hepatocellular Carcinoma in Nalcoholic Fatty Liver Disease.  The Liver Week 2017,  Korea,  2017/06
10. ◎ITO Ayumi, IIZUKA Bunei, OMORI Teppei, MATSUO Natsuki, MJRASUGI Shun, KANBAYASHI Harutaka, HARA Toshifumi, KASHIWAGI Hiroyuki, YONEZAWA Maria, ITABASHI Michio, TOKUSHIGE Katsutoshi: Selective Granulocyte and Monovyte Apheresis is Effective and Safe in Geriatric Patients with Ulcerative Colitis.  The 5th Annual Meeting of Asian Organization for Crohn's & Colitis (AOCC2017),  Korea,  2017/06
全件表示(90件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者