<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 消化器内科
 
概要 当該年度の研究費受入状況 社会における活動
学会発表


教授:
   徳重 克年
   橋本 悦子
准教授:
   清水 京子
   鳥居 信之
   谷合 麻紀子
助教:
   小木曽 智美
   高山 敬子
   赤尾 潤一
   味原 隆大
   天野 覚美
   五十嵐 悠一
   伊藤 亜由美
   今村 亜也子
   潮 靖子
   大塚 奈央

   大森 鉄平
   貝瀬 智子
   柏木 宏幸
   桂 英之
   加藤 博士
   金田 浩幸
   児玉 和久
   小西 洋之
   塩賀 太郎
   篠崎 幸子

   城 里穂
   鈴木 大輔
   鈴木 智彦
   高崎 朋子
   高橋 麻依
   田原 純子
   千嶋 さやか
   長尾 健太
   成冨 琢磨
   野登 はるか

   橋本 果奈
   久田 生子
   福屋 裕嗣
   星野 容子
   松本 亮
   水野 謙治
   宮方 千春
   森下 慶一
   門前 正憲
   山本 浩隆

   米澤 麻利亜
■ 概要
消化器内科講座概要
食道、胃、小腸、大腸、そして肝臓、胆嚢、膵臓までの病気の内科診療を担当しており、消化器病に関する病気の予防、診断、治療などの内科診療とともに、病気の成因や病態の解明のための基礎的な研究から、新しい診断法や治療法の開発などの臨床研究まではばひろく取り組んでいます。

研究
消化器内科学、上部・下部消化管疾患、肝臓病、膵臓病、胆道疾患などの病態解明と新しい診断法や治療法の確立。消化器癌の化学療法、病態栄養学、疫学研究等。肝炎ウイルス、がんの遺伝子分析など臨床に直結した診断や治療成績の向上につながる高い成果をあげています。エコーをはじめとする画像診断学、消化器内視鏡学、消化器病理学に力をいれています。

消化器病センター
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 社会における活動
1.  岸野真衣子,原田直彦 第3回女性内視鏡医のキャリアサポートを目指した教育研修体制確立に関する研究会 (セッション1 女性内視鏡医のニーズとキャリアサポート体制を考える)座長
2.  岩切勝彦,橋本悦子 第20回日本高齢消化器病学会総会 (Young Investigator session2)司会
3.  橋本悦子 第33回吉岡弥生記念講演会(第356回東京女子医科大学学会例会) (平成28年度(第55回)吉岡弥生研究奨励賞受賞者研究発表)座長
4.  橋本悦子 第53回日本肝臓学会総会 (男女共同参画委員会特別企画 女性活躍推進法施行を受けてⅡ)閉会の辞
5.  橋本悦子 第7回肥満と消化器疾患研究会 (スポンサードセミナー2 NAFLD/NASHの現状と課題)座長
6.  橋本悦子,池嶋健一 第103回日本消化器病学会学術集会 (シンポジウム6:NAFLD・NASH病態生理の最新知見と治療戦略)司会
7.  橋本悦子,竹井謙之 第53回日本肝臓学会総会 (パネルディスカッション2 NASH発症の分子機構と治療戦略)司会
8.  清水京子 第103回日本消化器病学会学術集会 (一般演題(ポスター) 膵炎1)座長
9.  清水京子,内田一茂 第48回日本膵臓学会大会 (ワークショップ1 自己免疫性膵炎の病因・病態解明の最前線)司会
10.  西原利治,徳重克年,中島 淳 第53回日本肝臓学会総会 (ワークショップ8 生活習慣病と肝疾患)司会
全件表示(13件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 0  0 0 0 0  24 12  5 0  6 3
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎HASHIMOTO Etsuko: (Symposium2 Current Advances in Nonalcoholic Fatty Liver Disease)Hepatocellular Carcinoma in Nalcoholic Fatty Liver Disease.  The Liver Week 2017,  Korea,  2017/06
2. ◎ITO Ayumi, IIZUKA Bunei, OMORI Teppei, MATSUO Natsuki, MJRASUGI Shun, KANBAYASHI Harutaka, HARA Toshifumi, KASHIWAGI Hiroyuki, YONEZAWA Maria, ITABASHI Michio, TOKUSHIGE Katsutoshi: Selective Granulocyte and Monovyte Apheresis is Effective and Safe in Geriatric Patients with Ulcerative Colitis.  The 5th Annual Meeting of Asian Organization for Crohn's & Colitis (AOCC2017),  Korea,  2017/06
3. ◎ITO Ayumi, OMORI Teppei: Factors Associated with abnormal Childbieth in pregnant Women with Ulcerative Colitis.  The 5th Annual Meeting of Asian Organization for Crohn's & Colitis (AOCC2017),  Korea,  2017/06
4. ◎OMORI Teppei, ITO Ayumi, YONEZAWA Maria, MURASUGI Shun, KANBAYASHI Harutaka, HARA Toshifumi, KASHIWAGI Hiroyuki, NAKAMURA Shinichi, TOKUSHIGE Katsutoshi: Innovation Used Improve the Correlation between fecal Occult Blood Test and Endoscopy as an Alternnative for Monitoring of Ulcerative Colitis.  The 5th Annual Meeting of Asian Organization for Crohn's & Colitis (AOCC2017),  Korea,  2017/06
5. ◎TOKUSHIGE Katsutoshi: (Post Graduate Course2)Manegement of chronic viral hepatitis and NASH.  Joint Congress of The 6th Biennial Congress of the Asian-Pacific Hepato-Pancreato-Biliary Association(6th A-PHPBA) & The 29th Meeting of Japanese Society of Hepato-Biliary-Pancreatic Surgery(29th JSHBPS),  Yokohama,  2017/06
6. ◎中尾紗由美, 板橋道朗, 谷公孝, 松尾夏来, 小川真平, 岡本高宏, 飯塚文瑛, 徳重克年: 炎症性腸疾患センターにおける潰瘍性大腸炎外科治療成績の変遷.  第72回日本消化器外科学会総会,  金沢,  2017/07
7. ◎橋本悦子: (Meet the professor 消化管・肝胆膵疾患を何歳まで診断・治療すべきか?)ウイルス肝炎治療.  第20回日本高齢消化器病学会総会,  東京,  2017/07
8. ◎児玉和久: ウイルス性肝炎治療の現況と新たな展開.  第20回日本高齢消化器病学会総会,  東京,  2017/07
9. ◎米澤麻利亜, 村杉瞬, 神林玄隆, 伊藤亜由美, 大森鉄平, 橋本悦子, 徳重克年: 当院における高齢発症潰瘍性大腸炎患者の検討.  第20回日本高齢消化器病学会総会,  東京,  2017/07
10. ◎奥野奈央, 清水京子, 木下普紀子, 赤尾潤一, 出雲渉, 長尾健太, 田原純子, 高山敬子, 徳重克年, 山本雅一, 古川徹: 膵癌リスクファクターを有する膵管内乳頭粘液腫瘍(IPMN)に関する検討.  第48回日本膵臓学会大会,  京都,  2017/07
全件表示(50件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者