<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 日本語学
 
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌


講師:
   辻村 貴子
■ 概要
専任教員1名と非常勤講師1名で、医学部縦断カリキュラム「基本的・医学的表現技術」、選択科目「文章表現」「スピーチコミュニケーション」を展開し、医学部学生としての基礎的表現力の涵養を目指している。
医学部人間関係教育委員会委員として、S4学生の「自己との対話」、「奉仕学習」その他、複数の実習講義に参画・運営し、医学部学生のコミュニケーション力の涵養にも携わっている。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 2 1 1 1 1 0  0 0 0 0  0 0  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Takako Tsujimura-Ito, Yusuke Inoue, Kaori Muto, Ken-ichi Yoshida:  The use of human samples obtained during medicolegal autopsies in research: An introduction to current conditions and initiatives in Japan.  Medicine, Science and the Law  DOI:10.1177/0025802417704107 :1-9 , 2017.4
2. 辻村(伊藤)貴子:  歯科医療において求められる説明義務-近年の民事歯科裁判例を基に-.  賠償科学  46 :inpress , 2017
3. 辻村(伊藤)貴子:  司法解剖に由来する法医鑑定試料の管理・取扱いをめぐる問題.  犯罪学雑誌  83 (3) :inpress , 2017
その他
1. 池田典昭, 村山淳子, 山口斉昭, 辻村(伊藤)貴子, 植草桂子:  現代医療とライフスタイル-医療における≪人≫の多様性の保護のあり方-.  賠償科学  46 :inpress , 2017
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者