<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 物理学
 
概要 当該年度の研究費受入状況


准教授:
   木下 順二
助教:
   辻野 賢治
   松本 みどり
   山口 俊夫
■ 概要
研究概要
1. 量子力学では観測するまで状態が決まらないのに、片方を測定すると他方も状態が決まるという、「もつれた状態」が存在する。もつれた状態にある光子の偏光測定を行う。
2. 連続波光源により生成させた光の量子もつれ合い状態を用いた、量子計量学の検証実験を行う。
3. 量子計量学、量子通信、生体分子発光検出等に用いる、“光子検出器”の高性能化に取り組む。
4. 氷が互いに衝突する際にどのような分子的な機構によって帯電が起こるかについて分子動力学シミュレーションにより調べる。
5. 選択必修科目において、ピア・インストラクションにおける学生の行動を分析する。
6. 医・理系レポートの教育評価支援ソフトの研究を行う。
7. 医療系の物理としてふさわしいカリキュラム「人体の物理学」を開発する。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 0  0 0 0 0  0 0  0 0  0 0
ページの先頭へ