<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 生物学
 
概要 当該年度の研究費受入状況 学会発表


准教授:
   松下 晋
講師:
   石井 泰雄
助教:
   浦瀬 香子
   野田 泰一
■ 概要
2015年度 生物学教室 概要
教 育
1年次のセグメント1の基幹科目「細胞の成り立ち」(細胞の構造と機能の基礎)の講義を担当しました。
実習では、セグメント1ではラットの解剖、体細胞分裂の観察を担当しました。また、セグメント2では、、「組織の成り立ち」の実習に参加し学生を指導しました。
テュートリアルでは、課題作成やテュータを担当し、またテュートリアル委員として活動する人もいます。授業時間外にも、全員がリソースパースンとして学生たちの学習支援を親身に行なっています。
入学前に生物の学習が充分でなかった学生たちの学習を支援する授業を行っています。
学生の人間形成と成長を促す人間関係教育の多数の実習に参加しています。

研 究
発生生物学  鳥類胚の発生過程において、消化管となる内胚葉の部域化の機構を分子レベルで調べています。
動物分類学  動物命名法のほか、おもに海産クマムシ類の分類を手がけています。 
生物学史   我が国に実験動物学が導入された大正中期から昭和初期の動物学者たちの動向を調べています。
医学教育   医療従事者の個人特性評価法の検討
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 0  0 0 0 0  3 0  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎浦瀬香子, 岡田みどり, 八木淳二, 三浦美奈子, 那須実千代, 齋藤加代子: 東京女子医科大学人間関係教育における「看護の医療対話実習」10年間の総括.  第49回日本医学教育学会大会,  札幌, 日本,  2017/08
2. Ishii Yasuo: 心外膜・冠動脈前駆細胞の心臓への移動と突起形成.  日仏生物学会 第186回例会,  東京, 日本,  2017/06
3. Yasuo Ishii, Hirosato Konishi: VEGF-A misexpression in the epicardium of the avian heart results in connective tissue hyperplasia and ectopic vascular development.  50th Annual Meeting of the Japanese Society of Developmental Biologysts,  Tokyo, Japan,  2017/05
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者