<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 英語
 
概要 当該年度の研究費受入状況 著書


准教授:
   鈴木 光代
講師:
   遠藤 美香
■ 概要
縦断カリキュラムにおける一年次の英語基礎学力達成プログラムの構築と実践
専任教員2名、その他、非常勤講師として日本人講師3名、外国人講師7名がおり、目下MD2011という新しいカリキュラムで、国際コミュニケーションという名のもとに英語の授業が展開されています。これは、縦断教育科目の一つであり、6年間を通して、コミュニケーションに必要な英語の四技能を教育するとともに、将来医療人として国際的に活躍できる人材を育成することを目標としています。その中で一年次では、一クラス10名程度の小クラスで、英語の基礎力として、聞くこと・話すこと・読むこと・書くことの4技能を継続して学習させるとともに、英語の文化的背景を理解すること、少人数クラスのインタラクティブな授業形式で、自分の考えを英語で発信していくことの大切さを自覚させます。また、自学自習できるようにe-learning学習の習慣化し、あらゆる機会を使って英語によるコミュニケーション能力の向上を目指します。
2年次以降の医学英語プログラムの構築と実施
2年次で始まる医学英語では、まず医学関係の語彙学習の基本を修養と、e-learningを使っての継続的学習による語彙力増強を目指します。授業では、語彙学習の達成度をチェックするとともに、英語ネイティブスピーカーのドクターによる講義で医学英語学習への動機づけをします。また、学年が進むにつれ、難易度を段階的に踏みつつ医学論文の読解、症例報告の書き方・プレゼンテーション、そして英語による医療面接などを、授業に取り入れて、4年次終了時には、英語でコミュニケーションが自由にできる国際的な医療人としての基盤ができていることを目標とします。
担当教科以外の教育活動
交換留学生として海外へ行く学生や、国外医療研修を希望する学生のための教育支援を行います。また、人間関係教育や準備教育など、教科外の教育活動を通して、他者とのふれあい、協働、思いやりなどコミュニケーションに大切なことを学ばせることで学生の成長に貢献します。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 0  0 1 0 0  0 0  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 著書
1. 亀岡 淳一, 鈴木 光代:  9. 悪性リンパ腫.  総合医学英語テキストStep 2  115-127.  メジカルビュー社,  東京, 2017.10
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者