<<< 前 2014年度 2015年度 2016年度 | 2017年度 次 >>>
 総合研究所研究部
 
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌


准教授:
   竹宮 孝子
   田邊 賢司
助教:
   清水 悟
■ 概要
講座概要
総研独自の研究は、研究総括推進部門の 竹宮孝子准教授、清水悟 准講師、田邊賢司 テニュアトラック准教授の選任教員がそれぞれのテーマーで研究を進めております。
また、時限の研究部門として『腎臓形態形成・組織再生研究部門(土谷部門長)』、『心臓血管発生分化制御部門(富田部門長)』の2部門が設置されています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 2 1 1 3  0 1 0 0  0 0  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 菊野晃, 加藤博之, 小谷典弘, 坂本輝彦, 清水悟, 大塚洋子, 山田理恵子, 成高義彦, 藤林眞理子, 渡辺伸一郎, 村越隆之:  大腸腫瘍における腫瘍組織テロメラーゼ活性に関する検討.  東京女子医科大学雑誌  86 (4) :152-159 , 2016.8
2. Yoshida Akane, Shigekuni Mikiko, Tanabe Kenji, Fujita Akikazu:  Nanoscale analysis reveals agonist-sensitive and heterogeneous pools of phosphatidylinositol 4-phosphate in the plasma membrane.  Biochimica et biophysica acta  1858 (6) :1298-1305 , 2016.6
3. SUGAWARA Hiroko*, SAKAMOTO Kaoru, HARADA Tsuyoto, SHIMIZU Satoru, ISHIGOOKA Jun:  A retrospective study of predictive factors for effective aripiprazole augmentation of antidepressant therapy in treatment-resistant depression.  Neuropsychiatric Disease and Treatment  :1151-1156 , 2016.5
4. 井上敦子, 大下隆司, 小林清香, 岡部祥, 近本裕子, 清水悟, 西村勝治, 服部元史, 石郷岡純:  腎移植をうけた小中学生の抑うつとQOL.  総合病院精神医学  28 (2) :156-166 , 2016.4
5. Tanabe Kenji:  Image-based compound profiling reveals a dual inhibitor of tyrosine kinase and microtubule polymerization.  Scientific reports  6 :25095 , 2016.4
6. Tsutsumi Takahiro, Sugawara Hiroko, Ito Ryoko, Asano Mizuho, Shimizu Satoru, Ishigooka Jun, Nishimura Katsuji:  Identifying predictive clinical characteristics of the treatment efficacy of mirtazapine monotherapy for major depressive disorder.  Neuropsychiatric Disease and Treatment  :2533-2538 , 2016
ページの先頭へ
■ 著書
1. 奥山虎之, 山本俊至:  これならわかる!小児科診療に活かせる遺伝学的検査・診断・遺伝カウンセリングの上手な進めかた.  これならわかる!小児科診療に活かせる遺伝学的検査・診断・遺伝カウンセリングの上手な進めかた  1-217.  診断と治療社,  東京, 2016.10
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者