<<< 前 2013年度 2014年度 2015年度 | 2016年度 | 2017年度 次 >>>
 総合研究所研究部
 
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


准教授:
   竹宮 孝子
   田邊 賢司
助教:
   清水 悟
■ 概要
講座概要
総研独自の研究は、研究総括推進部門の 竹宮孝子准教授、清水悟 准講師、田邊賢司 テニュアトラック准教授の選任教員がそれぞれのテーマーで研究を進めております。
また、時限の研究部門として『腎臓形態形成・組織再生研究部門(土谷部門長)』、『心臓血管発生分化制御部門(富田部門長)』の2部門が設置されています。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 2 1  0 0 0 0  0 1  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Henmi Yuji, Oe Natsuko, Kono Nozomu, Taguchi Tomohiko, Takei Kohji, Tanabe Kenji:  Phosphatidic acid induces EHD3-containing membrane tubulation and is required for receptor recycling.  Experimental cell research  342 (1) :1-10 , 2016.3
2. Henmi Yuji, Morikawa Yoshiaki, Oe Natsuko, Ikeda Narumi, Fujita Akikazu, Takei Kohji, Minogue Shane, Tanabe Kenji:  PtdIns4KIIα generates endosomal PtdIns(4)P and is required for receptor sorting at early endosomes.  Molecular biology of the cell  27 (6) :990-1001 , 2016.3
3. horie michiko, kin yoshiharu, Kamo Toshiko, shimizu satoru, Osawa Makiko:  Association between PTSD and Depression during Prolonged Exposure Therapy for Intimate-Partner Violence and a Single Incident of Interpersonal Violence of Female Victims.  東京女子医科大学雑誌  85 (3) :102-113 , 2015
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎高橋伸子, 清水悟, 池田真理子, 秋澤叔香, 石谷健, 山口直人, 松井英雄: ヒトパピローマウィルス(HPV)ワクチンの接種率向上を目指した全国実績調査と接種率に関する因子の検討.  第67回日本産科婦人科学会,  神奈川県横浜市,  2015/04
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者