<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 法医学
 
概要 Keywords 当該年度の研究費受入状況
学術雑誌 学会発表


教授:
   木林 和彦
講師:
   島田 亮
   多木 崇
助教:
   中尾 賢一朗
   多々良 有紀
   町田 光世
■ 概要
東京女子医科大学医学部法医学講座
東京女子医科大学医学部法医学講座
ページの先頭へ
■ Keywords
脳神経外傷、薬物分析、DNA多型解析
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  科学研究費補助金基盤研究(B)  (研究課題番号:26285019)
 研究課題:危険運転の適性な制御を目指してー刑事裁判の多様化の視点から  (研究分担者:木林和彦)
 研究補助金:250,000円  (分担)
2.  科学研究費補助金基盤研究(C)  (研究課題番号:16K09220)
 研究課題:脳損傷による老化関連ベータガラクトシダーゼ発現の研究  (研究代表者:島田 亮)
 研究補助金:1,700,000円  (代表)
3.  科学研究費補助金若手研究(B)  (研究課題番号:16K19302)
 研究課題:唾液特異的miRNAマーカーの探索  (研究代表者:多木 崇)
 研究補助金:500,000円  (代表)
4.  科学研究費補助金若手研究(B)  (研究課題番号:17K18134)
 研究課題:口演暴露した骨は薬物分析に有用か?;分析試料としての検証  (研究代表者:中尾賢一朗)
 研究補助金:2,500,000円  (代表)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 3 3 0  0 0 0 0  0 0  4 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Shimada R*, Ezaki J, Kibayashi K:  Dose-dependent mortality involving convulsions due to subarachnoid Urografin® injection in rats.  Legal Medicine  29 :29-33 , 2017.11
2. Machida Mitsuyo*, Taki Takashi, Kibayashi Kazuhiko:  Screening for single nucleotide polymorphisms in highly degraded DNA by using the amplified fragment length polymorphism technique.  Forensic Science International: Genetics  31 :5-11 , 2017.8
3. Nakao Ken-ichiro*, Tatara Yuki, Kibayashi Kazuhiko:  Quantification of Methamphetamine in Mouse Thighbones Buried in Soil.  Journal of forensic sciences  :Epub ahead of print , 2017.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Machida Mitsuyo, Kibayashi Kazuhiko: Screening for SNPs in highly degraded DNA by using amplified fragment length polymorphism.  21ST Triennial Meeting of the International Association of Forensic Sciences,  Toronto, Ontario, Canada,  2017/08
2. ◎Nakao Ken-ichiro, Kibayashi Kazuhiko: Amphetamine or cocaine from mouse femurs buried in soil.  21ST Triennial Meeting of the International Association of Forensic Sciences,  Toronto, Ontario, Canada,  2017/08
3. ◎Taki Takashi, Kibayashi Kazuhiko: A comparative analysis of miRNA expression in human whole saliva and human saliva-derived exosomes.  21ST Triennial Meeting of the International Association of Forensic Sciences,  Toronto, Ontario, Canada,  2017/08
4. ◎Kibayashi Kazuhiko, Shimada Ryo, MIsato Shibuya: Expression of senescence markers after traumatic brain injury in a mouse model of controlled cortical impact.  The 35th Annual Symposium of the National Neurotruma Society (NEUROTRAUMA 2017),  Snowbird, Utah, USA,  2017/07
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者