<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 微生物学免疫学
 
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   八木 淳二
准教授:
   柳沢 直子
講師:
   大坂 利文
助教:
   加藤 秀人
   芦野 滋
   大森 深雪
■ 概要
微生物学免疫学教室ホームページ
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 1  0 0 0 0  1 6  0 1  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Kazuichi Isaka*, Yuya Kimura, Masahiro Matsuura, Toshifumi Osaka, Satoshi Tsuneda:  First full-scale nitritation-anammox plant using gel entrapment technology for ammonia plant effluent.  Biochemical Engineering Journal  122 :115-122 , 2017.6
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎TAKEYAMA Kiyoshi, ASHINO Shigeru, ORIMO Kesuke, YAGI Junji, TAMAOKI Jun: Theracurmin®, a highly absorptive nanoparticle curcumin, reduces Th2 inflammatory responses and airway mucus production in ovalbumin-induced murine model of asthma.  American Thoracic Society 2017 International Conference,  Washington, DC, USA,  2017/05
2. Nishimura Ayako, Ikeguchi Ryotaro, Kobayashi Masaki, Yoshizawa HIroshi, Ijima Mutsumi, Shimizu Yuko, Saigusa Hidoto, KItagawa Kazuo: Sarcoid myopathy with only dysphasia and dysarthria in 84 year woman.  第 9 回筋炎ワークショップ,  東京,  2017/10
3. 池口亮太郎, 清水優子, 阿部香代子, 丸山隆志, 新田雅之, 阿部光一郎, 川俣貴一, 北川一夫: Tumefactive demyelinating lesionと脳腫瘍との鑑別におけるMRSの有用性.  第29回日本神経免疫学会学術集会,  札幌,  2017/10
4. 池口亮太郎, 西村絢子, 吉弘仁, 鈴木美紀, 小林正樹, 堀場恵, 吉澤浩志 , 飯嶋睦, 清水優子, 三枝英人, 北川一夫: 嚥下障害・構音障害のみを呈し診断に時間を要した筋サルコイドーシスの84歳女性例.  第45回日本臨床免疫学会総会,  東京,  2017/09
5. ◎浦瀬香子, 岡田みどり, 八木淳二, 三浦美奈子, 那須実千代, 齋藤加代子: 東京女子医科大学人間関係教育における「看護の医療対話実習」10年間の総括.  第49回日本医学教育学会大会,  札幌, 日本,  2017/08
6. ◎柳沢直子, 清水京子, 春田郁子, 徳重克年, 八木淳二: (ワークショップ1 自己免疫性膵炎の病因・病態解明の最前線)細菌構成分子とアレルギーが自己免疫性膵炎の発症に及ぼす影響.  第48回日本膵臓学会大会,  京都,  2017/07
7. ◎森美穂乃,大坂利文,常田聡: 乳幼児期の腸内細菌叢の撹乱が腸管炎症制御におよぼす影響解析.  第21回腸内細菌学会,  兵庫県神戸市,  2017/06
8. 菊池脩太, ◎大坂利文, 常田聡: 乳幼児期の腸内細菌叢攪乱が食物アレルギー感受性に与える影響解析.  第21回腸内細菌学会,  兵庫県神戸市,  2017/06
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者