<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度 | 2018年度 次 >>>
 第二病理学
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   小田 秀明
准教授:
   種田 積子
助教:
   宇都 健太
   廣瀬 織江
   山内 茜
   吉澤 佐恵子
■ 概要
教室の内容
東京女子医科大学
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 3  0 0 0 0  1 1  0 1  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Sato Keisuke, Makabe Shiho, Iwabuchi Yuko, Kojima Kaori, Sato Masayo, Kataoka Hiroshi, Moriyama Takahito, Taneda Sekiko, Tsuchiya Ken, Nitta Kosaku, Mochizuki Toshio:  Successful treatment with steroid and cyclosporine A in a patient with immunoglobulin A-proliferative glomerulonephritis with monoclonal immunoglobulin deposits.  Nephrology (Carlton, Vic.)  :online , 2018.3
2. Inoue-Yamauchi Akane*, Itagaki Hiroko, Oda Hideaki:  Eicosapentaenoic acid attenuates obesity-related hepatocellular carcinogenesis.  Carcinogenesis  :1-8 , 2017.10
3. Inoue-Yamauchi Akane, Jeng Paul S, Kim Kwanghee, Chen Hui-Chen, Han Song, Ganesan Yogesh Tengarai, Ishizawa Kota, Jebiwott Sylvia, Dong Yiyu, Pietanza Maria C, Hellmann Matthew D, Kris Mark G, Hsieh James J, Cheng Emily H:  Targeting the differential addiction to anti-apoptotic BCL-2 family for cancer therapy.  Nature communications  8 :16078 , 2017.7
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Sawada Anri, Hattori Motoshi, Tanabe Kazunari, Koike Junki, Nagashima Yoji, Nitta Kosaku, Kawanishi Kunio, Taneda Sekiko, Okumi Masayoshi, Omoto Kazuya, Shimizu Tomokazu, Ishida Hideki, Honda Kazuho, Fuchinoue Shohei: Monoclonal IgG Deposits on Tubular Basement Membrane in Renal Allograft: Is This Significant for Chronic Allograft Injury?.  ASN Kidney Week 2017,  New Orieans, USA,  2017/11
2. ◎金室俊子, 清水絢子, 村上佳織, 橋本哲也, 白石彩, 高橋伸治, 長谷川嗣業, 野並裕司, 村松文章, 富所貴美子, 板垣裕子, 廣井敦子, 山本智子, 澤田達男, 長嶋洋治: 肺腸型腺癌の一例.  第56回日本臨床細胞学会秋期大会,  福岡,  2017/11
3. ◎吉澤佐恵子, 宇都健太, 小田秀明: アデニン誘発慢性腎不全モデルラットを用いた、末期腎不全における心病変の組織学的検討.  第106回日本病理学会総会,  東京,  2017/04
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者