<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 第一病理学
 
概要 当該年度の研究費受入状況 当該年度の主催学会・研究会
学術雑誌 著書 学会発表


教授:
   柴田 亮行
   澤田 達男
   渡部 和彦
講師:
   新井田 素子
助教:
   加藤 陽一郎
   増井 憲太
■ 概要
病理学第一講座概要
本講座は人体病理学を重視する立場をとり、実在するヒトの疾患を実験動物や培養細胞で再現し、病態解明と治療戦略に役立つ情報を得ることを最大の活動目標とする。具体的には、DNA、RNA、蛋白、脂質などの機能分子の動向に注目し、形態学的ならびに定量的手法を駆使して、分子病理学的解析を行う。主な研究テーマを以下に列挙する。

 ①筋萎縮性側索硬化症における酸化ストレス、興奮性神経毒性および炎症の関与
 ②脳梗塞ペナンブラにおけるニューロン保護療法開発に向けた基礎的研究
 ③頸動脈アテローム硬化症の分子メカニズム
 ④木村病に関与するサイトカインの特定
 ⑤甲状腺癌の浸潤転移メカニズム
 ⑥脳腫瘍進展における微小循環の関与
 ⑦福山型先天性筋ジストロフィー原因遺伝子産物の性質
 ⑧成体脳におけるニューロン新生メカニズム
 ⑨福山型先天性筋ジストロフィーにおけるニューロンとグリアの挙動
 ⑩大腸癌の直接浸潤、リンパ管侵襲および静脈侵襲に関する免疫組織化学的検証

                                                     文責 教授・講座主任 柴田亮行
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金) 基盤研究(C)平成27年度~平成29年度  (研究課題番号:15K06763)
 研究課題:組換えウイルスを用いた筋委縮性側索硬化症病変の発症進展機序の解明  (研究代表者:渡部和彦)
 研究補助金:4,000,000円  (代表)
2.  科学研究費助成事業(学術研究助成基金助成金) 若手研究(B)平成29年度~平成30年度  (研究課題番号:17K15672)
 研究課題:悪性脳腫瘍における微量元素代謝の新規制御機序とその意義  (研究代表者:増井憲太)
 研究補助金:3,200,000円  (代表)
ページの先頭へ
■ 当該年度の主催学会・研究会
1.  第12回臨床ストレス応答学会大会  (大会長 : 柴田亮行 )  ,東京  2017/11
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 0 1 1 0 0  0 3 0 0  12 17  3 0  3 2
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Kawaguchi-Niida Motoko*, Shibata Noriyuki, Furuta Yasuhide*:  Smad4 is essential for directional progression from committed neural progenitor cells through neuronal differentiation in the postnatal mouse brain.  Molecular and cellular neurosciences  29 (83) :55-64 , 2017.6
総説及び解説
1. 増井憲太, 小森隆司:  ▷トピックス:分子生物学的手法が求められる病理診断(2)◁ 脳腫瘍.  臨床薬理  65 (9 別冊) :1000-1009 , 2017.9
症例報告
1. 橋本哲也, 金室俊子, 野並裕司, 藍原康雄, 川俣貴一, 山本智子, 澤田達男, 長嶋洋治:  腰髄に転移した atypical teratoid / rhabdoid tumor の髄液細胞診の1例.  日本臨床細胞学会雑誌  56 (6) :303-307 , 2017.11
ページの先頭へ
■ 著書
1. 武笠晃丈, 増井憲太, 小森隆司:  6 びまん性正中膠腫,H3 K27M 変異.  脳腫瘍臨床病理カラーアトラス 第4版  38-39.  医学書院,  東京, 2017.10
2. 川合謙介, 増井憲太, 小森隆司:  22 胚芽異形成性神経上皮腫瘍.  脳腫瘍臨床病理カラーアトラス 第4版  73-74.  医学書院,  東京, 2017.10
3. 増井憲太, 小森隆司:  5 小児の浸潤性神経膠腫.  腫瘍病理 鑑別診断アトラス 脳腫瘍  84-91.  文光堂,  東京, 2017.6
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Shibata Noriyuki, Niida-Kawaguchi Motoko, Kato Yoichiro, Noguchi Noriko, Kakita Akiyoshi, Watabe Kazuhiko: Soluble iron accumulation makes microglia to overproduce and release glutamate via aconitase 1, TACE and glutaminase C in ALS spinal cords.  XXIII World Congress of Neurology,  Kyoto, Japan,  2017/09
2. ◎Watabe Kazuhiko, Kato Yoichiro, Murata Makiko, Sakuma Miho, Niida-Kawaguchi Motoko, Kakita Akiyoshi, Shibata Noriyuki: Heat shock response suppresses adenovirus-induced TDP-43 aggregate formation in cultured neuronal cells.  XXXIII World Congress of Neurology,  Kyoto, Japan,  2017/09
3. ◎Muramatsu Fumiaki, Nonami Yuji, Kanamuro Toshiko, Hiroi Atsuko, Yamamoto Tomoko, Nagashima Yoji, Sawada Tatsuo, Shibata Noriyuki: A case of MALT lymphoma of the thymus.  16th Japan-Korea Joint Meeting for Diagnostic Cytopathology,  Gyeongju-si, Korea,  2017/09
4. ◎原地美緒, 増井憲太, 柴田亮行: 2つのmTOR複合体によるヒストンメチル化の協調的制御.  第35回染色体ワークショップ 第16回核ダイナミクス研究会 合同研究会2017,  西尾,  2017/12
5. ◎原地美緒, 増井憲太, 柴田亮行: 悪性脳腫瘍の新規エピジェネティクス制御機構.  2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017),  神戸,  2017/12
6. ◎増井憲太, 原地美緒, 柴田亮行, ミシェルポール: mTORC2とがん代謝:中心炭素代謝から微量元素代謝へ.  2017年度生命科学系学会合同年次大会(ConBio2017),  神戸,  2017/12
7. ◎増井憲太, 原地美緒, Paul S.Mischel, 柴田亮行: 組織内のエピジェネティクス不均一性と膠芽腫の病態.  第35回日本脳腫瘍学会学術集会,  高松,  2017/11
8. ◎金室俊子, 清水絢子, 村上佳織, 橋本哲也, 白石彩, 高橋伸治, 長谷川嗣業, 野並裕司, 村松文章, 富所貴美子, 板垣裕子, 廣井敦子, 山本智子, 澤田達男, 長嶋洋治: 肺腸型腺癌の一例.  第56回日本臨床細胞学会秋期大会,  福岡,  2017/11
9. ◎塩川希望, 小川命子, 植竹都, 石黒弘美, 三田尚子, 平林陽介, 鈴木正敏, 小林ひとみ, 吉田光希, 山川真梨奈, 宇野美恵子, 野嵜史, 鈴木高祐, 澤田達男: 乳腺類粒細胞腫の一例.  第56回日本臨床細胞学会秋期大会,  福岡,  2017/11
10. ◎金澤卓也, 小川命子, 中田裕人, 平林陽介, 鈴木正敏, 小林ひとみ, 金子あゆみ, 恒田直人, 石川里奈, 内田士朗, 鈴木高祐, 澤田達男, 笹島ゆう子: 子宮頸部類内膜型上皮内腺癌が疑われた一例.  第56回日本臨床細胞学会秋期大会,  福岡,  2017/11
全件表示(37件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者