<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 薬理学
 
概要 当該年度の研究費受入状況 著書
学会発表


教授:
   丸 義朗
准教授:
   平塚 佐千枝
講師:
   塚原 富士子
助教:
   家口 勝昭
   瀧田 守親
   出口 敦子
   富田 毅
■ 概要
脳下垂体や甲状腺を中心とする内分泌薬理学の歴史をもつ。
2002年4月から(1)癌/白血病と(2)血管新生における分子生物学の研究歴をもつ丸義朗教授がくわわり、多くの研究領域を含有するこの2つの大きなテーマを掲げた。(1)では標的治療を意識した癌/白血病細胞の増殖制御、ゲノム不安定性とDNA修復の分子生物学、細胞周期、(2)では血管内皮細胞増殖因子、活性酸素産生分子群、炎症関連分子、熱ショック蛋白、フリーラジカルなどの研究をそれぞれ進める。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  基盤研究(C)  (研究課題番号:15K06842)
 研究課題:転移前肝微小環境形成による転移促進の分子機序  (研究代表者:出口敦子)
 研究補助金:1,200,000円  (代表)
2.  挑戦的萌芽研究  (研究課題番号:16K15417)
 研究課題:病は気からを科学する-交感神経と転移  (研究代表者:家口勝昭)
 研究補助金:1,300,000円  (代表)
3.  基盤研究(C)  (研究課題番号:26440063)
 研究課題:炎症反応制御因子mTOC(セラストラマイシン結合タンパク質)の生理機能解析  (研究代表者:富田毅)
 研究補助金:1,500,000円  (代表)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 0  0 3 0 1  0 2  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 著書
1. 瀧田守親:  骨転移ニッチによるがんの骨転移と骨病変.  東京女子医科大学雑誌  81-88.  東京女子医科大学学会,  東京、日本, 2017.8 Link
2. 家口勝昭, 丸義朗:  第1回Eph/ephrin研究会.  血液内科  473-476.  科学評論社,  日本, 2017.4
3. 塚原富士子, 丸義朗:  ステロイドの作用機序.  小児科診療  407-412.  診療と治療社,  東京, 2017.4
4. Tsukahara Fujiko, Maru Yoshiro:  Imatinib: Basic Results.  Chemotherapy for Leukemia Novel Drugs and Treatment  11-31.  Springer,  Singapore, 2017.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎新井田素子, 塚原富士子, 須藤則広, 山本智子, 澤田誠, 丸義朗, 渡部和彦, 柴田亮行: ミクログリアにおけるALS関連変異SOD1蛋白の除去機構の解明.  第12回臨床ストレス応答学会大会,  東京,  2017/11
2. ◎新井田(川口)素子, 塚原富士子, 須藤則広, 山本智子, 澤田誠, 丸義朗, 柴田亮行: ミクログリアにおけるALS関連変異SOD1蛋白の分解機構.  第106回日本病理学会総会,  東京,  2017/04
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者