<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度 | 2018年度 次 >>>
 解剖学・発生生物学
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
学会発表


教授:
   江崎 太一
講師:
   森川 俊一
   北原 秀治
助教:
   清水 一彦
   宮本(菊田) 幸子
   森島 正恵
■ 概要
解剖学・発生生物学講座の教育・研究モットー
<教育モットー>

「生体のもつ形態の美しさ、精巧さ、多様性を発見することの醍醐味を伝えること」
実習を中心とする経験学習を基本とする。
形態学的研究法・観察技法にも重点を置き、細胞や組織の構築を三次元的に理解させる。
医学教育では従来の「細胞・組織学」および「人体発生」を主に担当し、光学顕微鏡、並びに電子顕微鏡レベルの豊富な組織試料を使用するのみでなく、免疫染色法、光学顕微鏡用組織標本作製法、走査型・透過型電子顕微鏡による組織標本の観察、及び標本作製法の実技指導も実習に組み込まれ、教育を行っています。大学院教育レベルでは、同一組織切片上で複数のマーカー同士の局在を同時に観察するための多重免疫染色法やコンピュータを併用した画像解析法などの形態学の基礎的技術の習得や、細胞・組織培養法、実験動物の維持・手術法など広範なアプローチを用いた自由な研究を目指しています。またこれらとお並行して、In situ hybridization (ISH) 法を用いて組織内での標的遺伝子の局在を確認したり、RT-PCR 法、Southern 法、Northern 法などを用いた分子生物学的分野での研究指導も行っています。


<研究モットー>

「研究を自由にとことん楽しむこと」

流行にとらわれない独創性のある研究を目指しながら
生命現象の現場を正確に捕らえ、個体レベルで解明する
客観的形態解析・測定(定量化)による実証的形態学
全ての臨床医学、基礎医学の領域での基盤・架橋となる形態学
自由で開かれた研究室作りと積極的交流
これまで学んだ研究スタイルの継承的発展と後進育成
研究は道楽であり、自分で楽しむもの!
異常を学んで正常を知る
美は真なり、真は美なり (Keits)

研究戦略
 1)腫瘍モデルによる正常細胞の機能解析;
    ←「腫瘍は正常のミラーイメージである」(Rosai & Levine)

 2)動物実験モデルの確立とその応用
    ・動物疾患モデル(創傷治癒、炎症、腫瘍、代謝異常、遺伝子改変動物ほか)
 
 3)確実な研究手法・技能:(正しい理論とその実践)
    ・実験動物の維持・扱い方・注射法・手術法
    ・標本作製法
    ・多重免疫染色法(酵素抗体法、蛍光抗体法)
    ・三次元レベルでの形態観察(3Dイメージング法)
    ・超微形態観察(透過型電子顕微鏡 TEM 、走査型電子顕微鏡 SEM)
    ・分子生物学的技法
 
 4)組織内での細胞間相互作用の実証法と開発
    ・細胞培養法
    ・モノクロナール抗体の作製
解剖学・発生生物学HP
解剖学発生生物学
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 0 0 6  0 0 0 0  1 4  2 2  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Pereira Ethel R, Kedrin Dmitriy, Seano Giorgio, Gautier Olivia, Meijer Eelco F J, Jones Dennis, Chin Shan-Min, Kitahara Shuji, Bouta Echoe M, Chang Jonathan, Beech Elizabeth, Jeong Han-Sin, Carroll Michael C, Taghian Alphonse G, Padera Timothy P:  Lymph node metastases can invade local blood vessels, exit the node, and colonize distant organs in mice.  Scie  359 (6382) :1403-1407 , 2018.3
2. Nakanishi Hidehiko, Morikawa Shunichi, Kitahara Shuji, Yoshii Asuka, Uchiyama Atsushi, Kusuda Satoshi, Ezaki Taichi:  Morphological characterization of pulmonary microvascular disease in bronchopulmonary dysplasia caused by hyperoxia in newborn mice.  Medical molecular morphology  in press :--- , 2018.1
3. Suzuki Yasuhiro, Kitahara Shuji, Suematsu Takuya, Oshima Masanobu, Sato Yasufumi:  Requisite role of vasohibin-2 in spontaneous gastric cancer formation and accumulation of cancer-associated fibroblasts.  Cancer science  Sep (27) :1-10 , 2017.9
4. Hosono J, Morikawa S, Ezaki T, Kawamata T, Okada Y:  Pericyte promote abnormal tumor angiogenesis in a rat RG2 glioma model.  Brain Tumor Pathol.  34 (3) :120-129 , 2017.7
5. HAMADA Mariko, IWATA Takanori*, KATO Yuka, WASHIO Kaoru, MORIKAWA Shunichi, SAKURAI Hiroyuki, YAMATO Masayuki, OAKNO Teruo*, UCHIGATA YASUKO:  Xenogeneic transplantation of human adipose-derived stem cell sheets accelerate angiogenesis and the healing of skin wounds in a Zucker Diabetic Fatty rat model of obese diabetes.  Regenerative Therapy  6 :65-73 , 2017.6
6. Mayoko Tsuji, Masae Morishima, Kazuhiko Shimizu, Shunichi Morikawa, Mikael Heglind,
Sven Enerbäck, Ezaki Taichi, TAMAOKI Jun*:  Foxc2 influences alveolar epithelial cell differentiation during lung development.  Development, Growth & Differentation  69 (6) :501-514 , 2017.5
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. 北原秀治、松居彩、Dan Duda、江崎太一: 抗VEGFR2療法はどのように胃癌における腫瘍内微小環境を変化させるか.  CVMW2017,  大阪,  2017/12
2. Shuji Kitahara: Novel strategies and approaches for immunotherapy in gastrointestinal tumors.  The 1st IASGO/Luzhou PostGraduate Course,  Luzhou, China,  2017/11
3. ◎Masae Morishima, Mayoko Tsuji, Mitsuko Kondo, Kazuhiko Shimizu, Shunichi Morikawa, Mikael Heglind, Sven Enerbäck, Tsutomu Kume, Jun Tamaoki, Taichi Ezaki: Lung development in Foxc2 knockout mice.  The 8th TAKAO International Symposium on Molecular Mechanism of Cardiopulmonary Desease,  Shimane, Japan,  2017/10
4. ◎Kazuhiko Shimizu, Ezaki Taichi: Podoplanin positive cells recruit inflammatory cells by expressing chemokines during wound healing in mice.  26th World Congress of Lymphology,  Barcelona (Spain),  2017/09
5. ◎早川るり子、森川俊一、蒋池かおり、北原秀治、清水一彦、森島正恵、藤枝弘樹、江﨑太一: MNU誘導性視細胞変性モデルマウスにおける血管系の解析—脈絡膜毛細血管板の変化について.  第123回日本解剖学会総会・全国学術集会,  東京,  2018/03
6. 北原秀治: 腫瘍血管正常化を介した腫瘍微小環境のリプログラミングを目指して.  第123会日本解剖学会総会,  東京,  2018/03
7. 北原秀治、Dan Duda: 抗VEGFR2療法はどのように胃癌における腫瘍内微小環境を変化させるか.  第1回稲門医学会学術集会,  登場,  2018/01
8. 森島正恵、辻真世子、清水一彦、森川俊一、Mikael Heglind、Sven Enerback、久米努、玉置淳、江崎太一: Foxc2欠失マウスの肺上皮分化における遺伝子発現の動態.  第57回日本先天異常学会学術集会,  東京,  2017/08
9. ◎辻真世子, 森島正恵, 清水一彦, 近藤光子, 別役智子, 久米努, 玉置淳, 江崎太一: 肺発生におけるFoxc2遺伝子の役割.  第57回日本呼吸器学会学術講演会.,  東京,  2017/04
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者