<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度 | 2018年度 次 >>>
 臨床検査科
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   佐藤 麻子
助教:
   菅野 宙子
■ 概要
臨床検査科
医学の急速な進歩により、病院での日常診療も大きく変貌している。診断医学も治療医学も格段に進歩し、適切な治療のためには正確な診断が必要で、また診断においては病歴と診察所見に加え、相補的かつさらなる客観的情報を提供する臨床検査が重要である。この臨床検査は発展の一途をたどり、病気の診断だけでなく、治療の効果判定、さらに予防医学の領域においても中心的役割を果たしている。現代医療は臨床検査なくしては成立せず、検査は医療の根幹をなすといわれる。
臨床検査科として、以下の点について重点を置いている。(1)臨床検査の実践において必要な概念、理論、技術を俯瞰できる。(2)今後の臨床検査の医師に必要とされる知識、検査技術の基礎となる医学知識などを理解する。(3)臨床現場における医療チームとしての医師・臨床検査技師の育成をする。
現在、中央検査部として、また糖尿病内科などと連携し、臨床研究も複数進行中である。
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 1 0 0 1  0 2 0 0  2 1  0 1  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. 大當京子、 菅野宙子、 横村守、 坂口和也、 石田恵梨、 中村裕美、 細羽恵美子、 友田雅己、 内潟安子、 三浦ひとみ、 佐藤麻子:  コバスb101の基本的性能評価をふまえたPOCT対応機器の現状と有用性.  臨床病理  65 (8) :853-859 , 2017.8
2. MATSUNAGA S, TANAKA S, FUJIHARA K, HORIKAWA C, IIMURO S, KITAOKA M, SATO Asako, NAKAMURA J, HANEDA M, SHIMANO H, AKANUMA Y, OHASHI Y, SONE H:  Association between all-cause mortality and severity of depressive symptoms in patients with type 2 diabetes: Analysis from the Japan Diabetes Complications Study (JDCS).  Journal of Psychosomatic Research  99 :34-39 , 2017.8
ページの先頭へ
■ 著書
1. 佐藤麻子:  3高齢者における経口糖尿病薬の使い方
2-インスリン抵抗性改善薬
チアゾリジン薬.  高齢者における糖尿病治療薬の使い方
新たなカテゴリー別目標値への適切な対応のために  78-81.  フジメディカル出版,  日本, 2017.6
2. 佐藤麻子:  食後高血糖.  成人病と生活習慣病
特集 糖尿病の治療と合併症の最近の話題  439-443.  東京医学社,  日本, 2017.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Asako Sato, Sachiko Otake, Yasuko Uchigata.: Prevalence and clinical background of atrial fibrillation in Japanese type 2 diabetes.  27th European Meeting on Hypertension and Cardiovascular Protection,  milano, Italy,  2017/06
2. 菅野宙子、佐藤麻子、細羽恵美子 、馬場園哲也: レムナントリポ蛋白コレステロール・small dense LDLと臨床背景の比較検討.  第64回日本臨床検査医学会年次学術集会,  京都,  2017/11
3. ◎細羽恵美子, 友田雅己, 三浦ひとみ, 清水京子, 佐藤麻子: 膵疾患の診断に用いられる検査項目「リパーゼ」の試薬性能評価(続報).  第64回日本臨床検査医学会学術集会,  京都,  2017/11
4. 菅野宙子、佐藤麻子、内潟安子: レムナントリポ蛋白コレステロール・small dense LDLと糖尿病の関連についての検討.  第60回日本糖尿病学会年次学術集会,  名古屋,  2017/05
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者