<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度 | 2018年度 次 >>>
 感染症科
概要 Keywords 当該年度の研究費受入状況
教授・准教授・講師・助手の公的役職 教授・准教授・講師・助手の学会・研究会の役員 学術雑誌
著書 学会発表


教授:
   菊池 賢
准教授:
   吉田 敦
講師:
   平井 由児
助教:
   相野田 祐介
   井口 成一
   板倉 泰朋
■ 概要
感染症科の概要
臨床
感染症科は、主に院内における感染症コンサルテーション、および院内感染対策に従事します。
感染症コンサルテーションは年間約2500件受けており、その他血液培養陽性例への連絡や必要に応じた介入なども行います。またその他の培養についても細菌検査室と連携を取りながら、必要に応じた診療支援等を行います。
抗菌薬については、届け出制の薬剤(カルバペネム系抗菌薬・抗MRSA薬)や許可制(リネゾリド、ダプトマイシン・バクトロバン軟膏)の管理等も行っています。
抗MRSA薬やアミノグリコシド系抗菌薬など血中濃度の管理が必要な薬剤については、薬剤部と密に連絡を取り合い、TDM設計や管理等を薬剤部に依頼しています。
また、血液内科外来にてHIV感染症に診療も行っています(HIV診療は水・金・土のみ)。

研究
血液培養の多施設研究やHIV感染症における多施設研究に参加しています。
また、私立大学協議会主導の多施設研究調査にも参加しています。
他、臨床研究を中心とした研究や、臨床微生物・臨床薬理学的な研究も行っており、国際学会を含む学会発表・論文発表も行っています。

教育
毎月初期研修医を2名ずつ指導しています。適宜ローテートの後期研修医も受け入れています(要相談)。
また、学生に対しては4年生の感染症学の講義のほか、学生実習にて感染症学の指導も行っています。

その他
多数の書籍や学術雑誌の執筆を行っています。(業績を参照)
また、サンフォード感染症ガイドも毎年翻訳に携わっています。
ページの先頭へ
■ Keywords
レンサ球菌 ブドウ球菌 病原性 分子疫学 薬剤耐性 感染性心内膜炎 深在性真菌症 感染症診断
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
1.  公益法人日本心像血圧研究振興会附属榊原記念病院臨床研究助成  (研究課題番号:H-15-2017)
 研究課題:感染性心内膜炎由来と口腔常在菌叢由来のviridans group streptococciの比較ゲノム解析  (研究分担者:菊池 賢)
 研究補助金:400,000円  (分担)
ページの先頭へ
■ 特許
1.  菊池 賢 鵜澤 豊 戸塚恭一: 「VanA型及びVanB型バンコマイシン耐性腸球菌」検出用培地及びその使用方法  ―37324285  (2005/10/21登録)
2.  菊池 賢 鵜澤 豊 戸塚恭一: 「VanA型及びVanB型バンコマイシン耐性腸球菌」検出用培地及びその使用方法(米国特許)  ―2458101  (2008/04/29登録)
ページの先頭へ
■ 教授・准教授・講師・助教の公的役職
1.  菊池 賢 :American Society for Microbiology Online Mentor
2.  菊池 賢 :Microbial Drug Resistance Editor
3.  菊池 賢 :日本医真菌学会編集委員
4.  菊池 賢 :日本化学療法学会評議員
5.  菊池 賢 :日本感染症学会東日本理事
6.  菊池 賢 :日本感染症学会評議員
7.  菊池 賢 :日本細菌学会 Microbiology Immunoology副編集長
8.  菊池 賢 :日本細菌学会 用語委員
9.  菊池 賢 :日本臨床微生物学会 診療報酬委員会委員長
10.  菊池 賢 :日本臨床微生物学会評議員
全件表示(11件)
ページの先頭へ
■ 教授・准教授・講師・助教の学会・研究会の役員
1.  菊池 賢 :America Society for Microbiology Online mentor
2.  菊池 賢 :Microbial Drug Resistance Editor
3.  菊池 賢 :レンサ球菌研究会 世話人
4.  菊池 賢 :日本医真菌学会・編集委員
5.  菊池 賢 :日本化学療法学会・評議員
6.  菊池 賢 :日本感染症学会・評議員
7.  菊池 賢 :日本感染症学会東日本地方会・理事
8.  菊池 賢 :日本細菌学会 Microbiology and Immunology 副編集長
9.  菊池 賢 :日本細菌学会・用語委員
10.  菊池 賢 :日本臨床微生物学会・診療報酬委員会・委員長
全件表示(12件)
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 3 1 2 2 2 3  0 1 0 0  0 8  0 1  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Iguchi Shigekazu, Mizushima Ryo, Kamada Keisuke, Itakura Yasutomo, Yoshida Atsushi, Uzawa Yutaka, Arai Yuko, Takaoka Miyako, Sato Sumie, Goto Aeko, Karasawa Toshiko, Tsuruoka Naoki, Totsuka Daisuke, Ono Erika, Nonaka Manabu, Makimura Koichi, Kikuchi Ken:  The Second Candida auris Isolate from Aural Discharge in Japan.  Japanese journal of infectious diseases  71 (2) :174-175 , 2018.3
2. Junko Tomida, Yuji Morita, Keigo Shibayama, Ken Kikuchi, Tomohiro Sawa, Takaaki Akaike, Yoshiaki Kawamura:  Diversity and microevolution of CRISPR loci in Helicobacter cinaedi.  PLoS ONE  12 (10) :e0186241 , 2017.10
3. Tohya Mari, Arai Sakura, Tomida Junko, Watanabe Takayasu, Kawamura Yoshiaki, Katsumi Masanori, Ushimizu Mariko, Ishida-Kuroki Kasumi, Yoshizumi Mina, Uzawa Yutaka, Iguchi Shigekazu, Yoshida Atsushi, Kikuchi Ken, Sekizaki Tsutomu:  Defining the taxonomic status of Streptococcus suis serotype 33: the proposal for Streptococcus ruminantium sp. nov.  International journal of systematic and evolutionary microbiology  67 (9) :3660-3665 , 2017.9
総説及び解説
1. 髙見浩樹, 井口成一:  臨床推論とキシドローム.  Intensivist  9 (3) :535-555 , 2017.7
2. 水野慶子, 井口成一:  向精神薬中毒—抗不安薬,抗精神病薬,抗うつ薬.  Intensivist  9 (3) :669-690 , 2017.7
3. 井口成一, 菊池賢*:  アムホテリシンBリポソーム製剤の適正使用(Antifungal Stewardship)と使い分け(Antifungal Heterogeneity)の考え方ー患者救命を見据えたリスク&ベネフィットを踏まえて.  感染と抗菌薬  20 (Suppl.1) :94-100 , 2017.5
症例報告
1. Iguchi Shigekazu, Yamaguchi Naotaka, Takami Hiroki, Komatsu Takayuki, Ookubo Hirokazu, Sekii Hajime, Inoue Kenji, Okazaki Shinya, Okai Iwao, Maruyama Sonomi, Nomura Tomohisa, Sugita Manabu:  Higher efficacy of direct hemoperfusion using coated activated-charcoal column for disopyramide poisoning: A case report.  Medicine  96 (49) :e8755 , 2017.12
2. Hikone Mayu, Sakamoto Naoya, Ota Masayuki, Washino Takuya, Kobayashi Ken-Ichiro, Iwabuchi Sentaro, Kazama Haruko, Kounosu Akiko, Negishi Kumiko, Ainoda Yusuke, Iguchi Shigekazu, Yoshida Atsushi, Kikuchi Ken, Ohnishi Kenji:  The first case report of infective endocarditis caused by Gemella taiwanensis.  Journal of infection and chemotherapy : official journal of the Japan Society of Chemotherapy  23 (8) :567-571 , 2017.8
その他
1. 菊池 賢:  東京都新宿区で急増する梅毒の発生動向調査開始.  Infection Control  26 (10) :1090-1090 , 2017.10
2. 菊池 賢:  豪バナナ産地で「パナマ病」確認.  Infection Control  26 (10) :1090-1090 , 2017.10
ページの先頭へ
■ 著書
1. 菊池賢、橋本正良 監修 菊池 賢、井口成一、吉田 敦 監訳:  日本語版サンフォード感染症治療ガイド2017.  日本語版サンフォード感染症治療ガイド2017  1-391.  ライフサイエンス出版,  東京, 2017.7
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. Naoto Matsuda, Mari Matsuda, Yuki Uehara, Ayako Nakamura, Hiromi Igari, Ken Kikuchi: Difference in beta lactamase inhibitor activity measured by the MALDI-TOF hydrolysis assay against ESBL-proucing Escherichia coli .  The 27th European Congress of Clinical Microbiology and Infectious Diseases,  Vienna, Austria,  2017/04
2. 井口成一◎, 吉田敦, 磯村彰吾, 鵜澤豊, 水島遼, 山崎健二, 菊池賢: 入院約1か月後に院内で発症したC. neoformans菌血症.  第61回日本医真菌学会総会,  金沢,  2017/10
3. 菊池 賢: 感染性心内膜炎の遺伝子診断.  第65回日本心臓病学会,  大阪市,  2017/09
4. 菊池規子, 庄田守男, 谷野紗恵, 鈴木敦, 芹澤直紀, 志賀剛, 齋藤聡, 山崎健二, 菊池賢, 篠原明仁, 田中淳司, 萩原誠久: Mycobacterium chelonaeにより繰り返すペースメーカー感染の加療中に血小板減少症を併発した1例.  第65回日本心臓病学会,  大阪市,  2017/09
5. 服部元史, 金子岩和, ◎相馬泉, 峰島三千男: 血液浄化療法でサイトカインは除去できるか?~各種modarityにおけるクリアランス/除去率の比較~.  第28回日本急性血液浄化学会学術集会,  さいたま市,  2017/09
6. 菊池 賢: 深在性真菌症への新しい戦略.  第9回J感染制御ネットワークフォーラム,  宮城県仙台市,  2017/08
7. 菊池 賢: 在宅医療新時代の感染症対策.  第10回日本在宅薬学会,  横浜市,  2017/07
8. 菊池 賢: これからのAMR制御におけるキノロン耐性の意義.  第6回臨床微生物チュートリアル,  東京,  2017/07
9. ◎三好梓, 武山廉, 花輪智秀, 原裕子, 溝渕莉恵, 多賀谷悦子, 近藤光子, 菊池賢, 坂井修二, 玉置淳: 肺病変を呈した肝蛭症の1例.  第224回日本呼吸器学会関東地方会,  東京,  2017/05
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者