<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度
 薬剤部
 
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


■ 概要
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 0 0 0 1 1 1  0 2 0 0  2 0  0 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Nakaminami Hidemasa, Tanuma Kentaro, Enomoto Kiichi, Yoshimura Yukihiko, Onuki Tomoyo, Nihonyanagi Shin, Hamada Yukihiro, Noguchi Norihisa:  Evaluation of In Vitro Antiamoebic Activity of Antimicrobial Agents Against Clinical Acanthamoeba Isolates.  Journal of ocular pharmacology and therapeutics : the official journal of the Association for Ocular Pharmacology and Therapeutics  33 (8) :629-634 , 2017.10
2. Hirai Toshinori, Hamada Yukihiro, Geka Yujiro, Kuwana Shiori, Hirai Koji, Ishibashi Mari, Fukaya Yutaka, Kimura Toshimi:  A retrospective study on the risk factors for bleeding events in warfarin therapy, focusing on renal function.  European journal of clinical pharmacology  AUG (9) :1-2 , 2017.8
ページの先頭へ
■ 著書
1. 高橋結花:  薬の飲み過ぎ?コントロール不良?”過剰なアドヒアランス”の考え方と対応!
ベンゾジアゼピン受容体アゴニスト.  薬局  3230-3233.  南山堂,  東京, 2017.9
2. 高橋結花, 木村利美:  薬剤の適応外使用.  小児外科  353-356.  東京医学社,  東京, 2017.4
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎川辺桂太郎, 高山敬子, 渡邉直美, 松尾あゆみ, 岩出宗代, 石丸睦美, 石橋麻衣, 高橋真利子, 深谷寛, 木村利美, 板橋道朗: 当院における緩和ケアチーム定期病棟ラウンドの成果.  第22回日本緩和医療学会学術大会,  横浜,  2017/06
2. 浜田 幸宏, 木村 利美: 多職種によるSSI予防対策 薬学的視点から考える整形外科領域の抗菌薬療法.  第40回日本骨・関節感染症学会,  東京,  2017/06
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者