<<< 前 2015年度 2016年度 2017年度 | 2018年度 次 >>>
 薬剤部
概要 当該年度の研究費受入状況 学術雑誌
著書 学会発表


■ 概要
ページの先頭へ
■ 当該年度の研究費受入状況
ページの先頭へ
■ 当該年度研究業績数一覧表
学術雑誌 著書 学会発表 その他
発表
和文英文 和文英文 国内国際
筆 頭Corresponding
Author
共 著筆 頭Corresponding
Author
共 著 筆 頭共 著筆 頭共 著 演 者共 演演 者共 演 演 者共 演
 1 0 1 1 1 2  0 13 0 0  11 7  2 0  0 0
ページの先頭へ
■ 学術雑誌
原著
1. Nakaminami Hidemasa, Tanuma Kentaro, Enomoto Kiichi, Yoshimura Yukihiko, Onuki Tomoyo, Nihonyanagi Shin, Hamada Yukihiro, Noguchi Norihisa:  Evaluation of In Vitro Antiamoebic Activity of Antimicrobial Agents Against Clinical Acanthamoeba Isolates.  Journal of ocular pharmacology and therapeutics : the official journal of the Association for Ocular Pharmacology and Therapeutics  33 (8) :629-634 , 2017.10
2. Hirai Toshinori, Hamada Yukihiro, Geka Yujiro, Kuwana Shiori, Hirai Koji, Ishibashi Mari, Fukaya Yutaka, Kimura Toshimi:  A retrospective study on the risk factors for bleeding events in warfarin therapy, focusing on renal function.  European journal of clinical pharmacology  AUG (9) :1-2 , 2017.8
3. Ryota Okuma, Yukihiro Hamada, Harue Kohara, Takeshi Hirayama, Yusuke Kumamoto and Masakazu Kuroyama:  Relation of %T>MIC of piperacillin to the clinical outcome in the treatment of Gram-negative bacterial infections.  The Japanese Journal of Antibiotics  70 (4) :187-200 , 2017.8
総説及び解説
1. 高橋麻利子, 高橋結花, 木村利美:  医薬品の適応外使用管理への取り組み.  医薬ジャーナル  53 (4) :137-141 , 2017.4
その他
1. 浜田幸宏,小林 昌宏, 尾田 一貴, 山本 武人, 猪川 和朗, 辻 泰弘:  TDMに関連した臨床研究の進め方とポイント.  TDM研究  35 (1) :1-12 , 2018.3
ページの先頭へ
■ 著書
1. 浜田幸宏:  【感染症クイックリファレンス】薬剤 グリコペプチド.  検査と技術  388-390.  (株)医学書院,  東京, 2018.3
2. 浜田幸宏:  【感染症クイックリファレンス】薬剤 オキサゾリジノン.  検査と技術  391.  (株)医学書院,  東京, 2018.3
3. 浜田幸宏:  【感染症クイックリファレンス】薬剤 環状リポペプチド系.  検査と技術  393.  (株)医学書院,  東京, 2018.3
4. 浜田幸宏:  【感染症クイックリファレンス】薬剤 ポリエン系.  検査と技術  406-407.  (株)医学書院,  東京, 2018.3
5. 浜田幸宏:  【感染症クイックリファレンス】薬剤 キャンディン系.  検査と技術  415.  (株)医学書院,  東京, 2018.3
6. 浜田幸宏:  AMR対策につながる抗菌薬の使い方実践ガイド.  月刊薬事  1-242.  じほう,  東京, 2018.1
7. 浜田幸宏:  感染症クイックリファレンス.  検査と技術  388-415.  医学書院,  東京, 2018.1
8. 浜田幸宏、平井潤:  その他の抗ウイルス薬.  Pocket Drug 2018  735-741.  医学書院,  東京, 2018.1
9. 浜田 幸宏, 木村 利美:  【プロバイオティクス 小児領域を中心とした基礎と実践のポイント】 薬学的管理を実践する上でのポイント! プロバイオティクス製剤の小児用量の考え方.  薬局  3458-3462.  (株)南山堂,  東京, 2017.10
10. 浜田幸宏:  基本が身につく・考え方がわかる エキスパートが教える薬物動態】 (第4章)薬効別にみた薬物動態と臨床でのポイント 抗真菌薬.  薬事  2972-2983.  じほう,  東京, 2017.10
全件表示(13件)
ページの先頭へ
■ 学会発表
1. ◎Maruyama Takumi, Hamada Yukihiro, Geka Yujiro, Yamazaki Satoshi, Fukaya Yutaka, Hayashi Kazuhiko, Kimura Toshimi: Mechanism-based pharmacokinetics and pharmacodynamics neutropenia model for irinotecan hydrochloride considering UGT1A1 genotyping.  15th International Association of Therapeutic Drug Monitoring and Clinical Toxicology,  Kyoto, Japan,  2017/09
2. ◎Masahiro Moriya, Yukihiro Hmada, Mutsumi Ishimaru, Toshimi Kimura: Prediction of cyclosporine A blood concentration with voriconazole using Simcyp Simulator : Case report.  Congress Secretariat of IATDMCT 2017,  Kyoto,  2017/09
3. ◎鶴田敏久, 金子裕貴, 上原敦子, 永田智: CTCAEグレードに従った日常診療録記載のすすめ.  日本臨牀試験学会第9回学術集会,  仙台,  2018/02
4. ◎浜田幸宏, 木村利美: 抗微生物薬に関する臨床現場でのPharmacometricsの応用と課題.  第38回日本臨床薬理学会総会,  横浜,  2017/12
5. ◎外賀裕次郎, 浜田幸宏, 渕之上昌平, 木村利美: 腎移植患者におけるエベロリムスの母集団薬物動態解析.  第38回 日本臨床薬理学会学術総会,  横浜,  2017/12
6. 高橋結花: 薬物依存専門家からの問題呈示~高齢者への適切な処方とは~.  第30回日本総合病院精神医学会,  富山,  2017/11
7. 柏瀬しのぶ, 大平優, 石丸睦美, 只見智恵子, 塚川麻利子, 深谷寛, 伊東俊雅, 小林恵美子, 浜田幸宏, 木村利美: 東京女子医科大病院レジデント教育におけるがん医療薬学研究会の役割.  第27回日本医療薬学会年会,  千葉県千葉市,  2017/11
8. ◎桑名史織, 中西秀彦, 浜田幸宏, 内山温, 木村利美: 低体温療法施行中のゲンタマイシン投与量の再考: トラフ血中濃度が高値であった4症例.  第44回日本小児臨床薬理学会学術集会,  静岡県静岡市,  2017/10
9. ◎柏瀬しのぶ, 高岡まり絵, 桑名史織, 外賀真佑美, 澁谷陽子, 浜田幸宏, 木村利美: Simcyp Simulatorを用いたゾルピデムの小児薬用量の検討.  第44回日本小児臨床薬理学会学術集会,  静岡県静岡市,  2017/10
10. ◎浜田幸宏: TDM研究の論文化 査読者の視点.  第34回日本TDM学会・学術大会,  京都,  2017/09
全件表示(20件)
ページの先頭へ
  :Corresponding Author
 :筆頭者
◎:発表者